2006年12月13日

楽譜・コード譜・タブ譜の探し方

ビリー・ジョエルエリック・クラプトンU2などが立て続けに来日した。素晴らしいコンサートを聴くと、フーゴさんもおっしゃるように、「またバンドがやりたい、曲をコピーしてみたい」という気持ちがわいてくるものかもしれない。

僕もいろんなバンドのコピーをしてきたが、そんなときいつも困るのが「楽譜」だった。いまでは適当に「耳コピ」して、なんとなく雰囲気も似せて演奏できるようになった。しかし、昔はそういうことができなかったから必然的に「楽譜にある曲しかコピーできない・・」なんてことになってしまうのだった。やりたい曲の楽譜が見つからなかったりすると、とても残念だった。しかし、曲のコード進行さえわかればある程度コピーができるという人も中にはいるだろう。

というわけで今日は、ネット上で「楽譜・コード譜・タブ譜」を探す方法について。以前にも、「洋楽の歌詞の探し方」「アーティストの画像の探し方」について書いたことがあるけれど、その続き。

まずは洋楽のロック・ポップスコード譜(コード進行を書いたもの)・タブ譜(ギターの指使いを図にした楽譜)の探し方から行こう。これらをグーグルやヤフーで見つけるには「曲名(英語)+tabまたはchord」で検索すればよい。たとえば、「creep tab」または「honesty chord」のように。コード譜とタブ譜はしばしば一緒に表示されるのでどちらでも結果は同じだが、「曲名+tab」で検索した方がヒット率が高い気がする。これらのページでは英語の歌詞も表示される。グーグルの場合「日本語のページを検索」ではなく、「ウェブ全体から検索」にすることをお忘れなく。当然のことながらネット上にはタブ譜の存在しない曲もあるが、メジャーなアーティストの場合はかなりマニアックな曲(シングルB面曲など)のスコアを入手できることもある。これらはもちろん無料。

(まず、アーティスト名・作品名の英語つづりを調べる必要がある場合は「洋楽歌詞の探し方」をご参照ください)

それから次に楽譜を探して購入したい場合。グーグルなどで「creep バンドスコア」と検索すれば、バンド用の楽譜の販売サイトが見つかるはずだ。または、こちらのリンク先(楽天)での検索もどうぞ。→楽譜



邦楽・Jポップ・Jロックのコード譜やタブ譜は上の検索方法ではほとんど見つからない。しかし、かわりに便利なサイトがある。曲数は限られているけれど、お目当てのものがここで見つかるかもしれない。

無料歌詞検索+コード譜
トリプルエックスサウンド

クラシックでは、楽譜をPDFファイルでダウンロードできるサイトもある。有料サイトもあるが、実はかなり多くの曲の楽譜を無料でダウンロードできる。ピアノの先生も重宝するものだろう。

Piano1001・・・無料ダウンロードが可能なピアノ譜満載!
The Sheet Music Archive・・・英語サイトだが大量の楽譜を無料ダウンロード可!(ただし1日に2つまで)
国際モーツァルト財団・・・モーツァルトの全楽譜が無料ダウンロード可能!(英語):赤い「i」ボタンが楽譜です。
国際楽譜図書館プロジェクト・・・著作権の切れた(パブリックドメインの)楽曲の楽譜を無料ダウンロードできるサイト。画面左から作曲者名などで検索できる(英語)。作曲者名リストも便利!(これはコメント欄で知られざる佳曲のくまさんに教えていただきました。どうもありがとうございました!)

banner_04.gif b_03.gif
posted by muse at 20:11| Comment(6) | TrackBack(5) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

スティーヴィー・ワンダー来日公演!(チケット+座席)

ビリー・ジョエル来日コンサートの興奮がまだ冷めやらぬ中ですが、今度はスティーヴィー・ワンダーの来日公演(2007年)の情報が出ました〜(「bounce.com」より)。

スティーヴィー・ワンダーの来日は3年ぶり。昨年、実に10年ぶりのニュー・アルバム『A Time 2 Love(タイム・トゥ・ラヴ)』を出したスティービーですが、こちらもまたものすごいライブを展開してくれることでしょう。日程は以下の通りです。

【STEVIE WONDER JAPAN TOUR 2007】

 2月17日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
   開場 15:00 / 開演 16:00 チケット代 11,000円
 2月18日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
   開場 14:00 / 開演 15:00 チケット代 11,000円
    問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
    チケット一般発売日:12月24日(日)10:00〜
    さいたまスーパーアリーナの座席表

 2月20日(火)愛知・名古屋市総合体育館レインボーホール
   開場 18:00 / 開演 19:00 チケット代 11,000円
    問い合わせ:サンデーフォークプロモーション
    チケット一般発売日:1月13日(土)10:00 〜
    レインボーホールの座席表

 2月24日(土)宮城・仙台グランディ21(宮城県総合体育館)
   開場 15:00 / 開演 16:00 チケット代 11,000円
    問い合わせ:キョードー東北 022-296-8888
    チケット一般発売日:2006/1月14日(日)10:00〜
    仙台グランディ21の座席配置図

 2月27日(火)、28日(水)大阪・大阪市中央体育館
   開場 18:00 / 開演 19:00 チケット代 11,000円
    問い合わせ:キョードーチケットセンター 06-6233-8888
    チケット一般発売日:2006/12/24(日) 10:00〜
    (大阪市中央体育館ページに写真はありますが座席表はありません・・)

チケットの先行予約もすでに始まっているようです!

AVEX「a-ticket」の先行予約←12/14(木)12:00〜12/19(火)22:00

チケットぴあの先行販売「プレリザーブ」

埼玉公演:12月14日(木) 6:00PM 〜 12月21日(木) 9:00AM
仙台公演:12月20日(水) 6:00PM 〜 12月26日(火) 9:00AM

e+のプレオーダー

スティービー・ワンダーの最近の映像を集めてみましたよん♪

YouTube「Stevie Wonder、Jingle Bells」←もうすぐクリスマスですが、のりのりのジングル・ベル!
スティービー・ワンダー「I just called to say I love you(心の愛)」
スティービー・ワンダー「Higher Ground@Live 8」

←ベスト盤

banner_04.gif b_03.gif
posted by muse at 21:25| Comment(14) | TrackBack(5) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

アーティスト・ポスターいろいろ

以前は部屋によくポスターを貼ってましたが、最近あんまりやってないなぁ・・・ってことで、ちょっとポスター探ししちゃいました。

セレッサというページ(一番下の馬鹿でかいバナーよりどうぞ)の「世界のシンガー」のところに、音楽関係のポスターがけっこうあります。ジョン・レノン、ビートルズ、キッス、マドンナ(ヌード・ポスターも)、クイーン、ローリング・ストーンズ、ブリトニー・スピアーズ、カート・コバーン(ニルヴァーナ)、アヴリル・ラヴィーン、ボブ・マーリィなどがそろってます。うーん、あんまり見たことの無い写真なんかもあって、見てるだけで面白いです。しかし・・レディオヘッドを「ラジオヘッド」と書くのはやめて欲しい・・・。


(二人でのけぞってますが・・)

←ローリング・ストーンズ
←よく見ると、ピンクフロイド!


このサイトには、ミュージシャン・ポスター以外にもいろいろあります。というか、実はむしろアイドル物の方が充実しているみたいです。興味のある方はアイドルDVDなんかもチェックしてみてください。

←映画も。
←女優・俳優も。
←坂本竜馬も・・・
←キリンの「ファーストキス」。動物ものも。

posted by muse at 20:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

好きじゃなかったビーチ・ボーイズ

ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)を聞きなおした。僕は実は、ビーチボーイズの音楽の雰囲気があまり好きではなかった。あまりにも軽いポップという気がして敬遠していたのだ。しかし、あらためて聞いてみたら、すんなりと気に入ってしまった(笑)。さすが、ポップスの王様。じっくりと聞いてみると、表面的な軽さよりもむしろ、繊細に組み上げられた曲の美しさが心に染み込んできた。

【輸入盤CD】Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)/ Greatest Hits(安くてお得)
The Beach Boys『The Beach Boys Greatest Hits』←試聴+ダウンロード購入!

というわけで、ビーチ・ボーイズのベスト盤のご紹介。まず、いかにも「ビーチ」ボーイズという感じの「surfin' safari」「surfin' U.S.A.」。おそらく、この辺の軽いロックンロール・イメージが僕が敬遠してきた部分なのだが、あらためて聞いてみるとコーラス・ハーモニーも気持ちよく、なかなか良い。甘いボーカルの分厚い幕が気持ちよくゆらめく「Don't worry baby」はとても気持ちのよいポップ・ソング。たまには力を抜いて、こういうストレートな歌に身を任せてみるのも悪くはない。「Fun, Fun, Fun」は、チャック・ベリー風のいかにもベーシックなロックンロールといった始まり方だが、歌メロはやや意外なめぐり方をしていて、コーラス・ワークも気持ちいい。「I get around」も複雑に入り乱れるコーラス・ハーモニーがいい。緻密に組み上げられたポップ・ソングだ。「I can hear music」は、一番好きな曲かもしれない。この曲のコーラス・ワークはあまり派手ではなく、リード・ボーカルのメロディを中心に包み込むような感じになっていて、他の曲には無い、吸い込むような魅力を感じる。そして、こちらも大好きな「Break Away」。ポップ・ソングのお手本のような一曲で、楽しい要素がちりばめられている。聞いていると僕のように大抵へこんでいる人間でもうきうきしてしまうから、ポップ・ソングの力は恐ろしい(笑)。ちなみに、「God Only Knows」は、フリッパーズ・ギターの「ドルフィン・ソング」の元ネタの一つだ。

YouTube「surfin' U.S.A.」ビデオ視聴!

YouTube「I can hear music」ビデオ視聴!

ビデオを見ていると、ブライアン・ウィルソンってやっぱりかなり独特の雰囲気を発している。不思議な人だ。

ヘッド博士の世界塔←フリッパーズ・ギターの名盤

banner_04.gif b_03.gif
posted by muse at 22:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

宮沢りえ@マルーン5

いやー、枝豆っておいしいですね。とくに京都丹波の黒豆の枝豆・・・。最高です。
京都産 黒豆の枝豆京都が生んだ夏の逸品です!(5束、枝付、約2.5kg)
えー、いま記事を書き終えたところですが、枝豆の話はとうとう再び出てきませんでした。すいません。さて、それでは今日は「マルーン5(Maroon5)」のご紹介です(笑)。宮沢りえの出ているトヨタ「ヴィッツ」のCMで使われているのを聞いて、即座に好きになりました。ジャミロクワイを思い出してしまうくらい、のりもセンスも素晴らしいバンド。これがロックなのかどうかよくわかりませんが、まぁ問題にすることももないでしょう。

Maroon 5「This Love」ビデオ視聴!

ボーカルのアダム・レヴィーン (Adam Levine) の声質、独特なくすぐり力があります。タイトなドラムとバンドが生み出すグルーヴ感も気持ちいい。ビデオはなかなかセクシーです。セックスシーンを花びらで隠すのが美しい。

Maroon 5「Sunday Morning」ビデオ視聴!

宮沢りえの出ているトヨタ「ヴィッツ」のCMでも流れていたので、ご存知の方も多いでしょう。ビデオにはカラオケ店の映像が使われてます。冒頭部分で、日本人っぽいおじいさんが「This Love」を歌ってるのがかわいい(笑)。ところどころに出てくる唇のアップ映像がセクシーで何度かドキッとします。

YouTube 「Toyota Vitz」 CM1
YouTube 「Toyota Vitz」 CM2

宮沢りえ、劇ヤセ騒動のときはびっくりしましたが、最近すごくきれいですね。サンタフェ(SantaFe)時代とは違った美しさがありますよね。

ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション1.22.03.ACOUSTIC
posted by muse at 21:03| Comment(8) | TrackBack(2) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

ABBAのエロスの秘密

物事をちょっぴりまじめに考えてみた後には、気持ちを緩めたくなるものだ。というわけで、今回は、ABBAのセクシーさについて(笑・・)。

ABBA(アバ)は、ダンサブルかつキャッチーなポップ・ミュージックで一世を風靡したスウェーデンの4人組だ。最近も劇団四季がアバのミュージカル『マンマ・ミーア!』を上演するなど、今でもアバの人気は根強い。メンバーは男性2人(ビヨルン・ウルヴァース、ベニー・アンデショーン)と女性2人(アグネタ・フォルツコッグ、フリーダ・リングスタッド)。

ABBAの音楽に対する僕のイメージは、「万人受けする健全なポップ・ミュージック」という感じだった。彼らの音楽は、聴いていてともかく楽しいし、美しい。子どもたちにも薦めたくなる。でも、最近になって気付いたのだけど、アバの曲にはかなりエロティックなものも多いのだ。僕はリアルタイムでアバの音楽を聴いていないのだけれど、超ミニスカートとか、腰振りダンスなど、当時としてはかなり過激なことをしていたのではないかという気がする。

ABBAのセクシーさを妙に増幅しているのは、アグネタとフリーダの年齢だと思う(笑)。彼女たちは、とても若くはないのだ。にも関わらず、露出度の高い衣装を着たり、腰をくねらせたり、ウィンクしてきたりする。そこには、日本の若い女性アイドルが放っているようなストレートなフェロモンとは異質の、なにやら赤紫がかった妖しい煙が漂っている気がする。・・・と思える今日の僕は少しおかしい?(笑)

YouTube ABBA「ハニー・ハニー」ビデオ
↑素晴らしくセクシーな歌。微妙なおなかとセクシーな腰つき。そして、あえぎ声・・・。

YouTube ABBA「ダンシング・クイーン (Dancing Queen)」ビデオ
↑アバの代表曲。この曲でもなかなかセクシーな歌い方が出てくる。

YouTube ABBA「Take a Chance on Me」ビデオ
↑初めて聞いた時、ものすごく興奮した曲。ビデオを見てさらに興奮。女性陣のウィンクにやられます。

ABBA『Honey Honey』←試聴+ダウンロード購入。
アバ・ゴールド〈スペシャル・エディション・ベスト・オブ〉←アバ『ゴールド』ベスト盤です。
アバ/ヒストリー←こちらはDVDの映像集。
posted by muse at 19:58| Comment(8) | TrackBack(3) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

KEANE(キーン)と美

今年も結局サマー・ソニックには参戦できなかったのだけど、もし行けたら是非見たかったのが「KEANE(キーン)」というバンドだった。最近、KEANEの新作セカンド・アルバムの「Is It Any Wonder?」という曲を街中で聞いて、むくむくと湧きあがる入道雲のように気に入ってしまったのだ。(その後、レコード屋の試聴コーナーでこの曲を再発見した時は嬉しかった。)

アルバムの邦題は『アンダー・ザ・アイアン・シー -深海-』。「ザ」ではなく「ジ」ではないのかな?とも思うが、それは別にしても、アルバム全体に美しい世界の広がる素晴らしい作品。
■送料無料■キーン(KEANE) CD■【アンダー・ザ・アイアン・シー】■6/7発売←『アンダー・ザ・アイアン・シー』(日本盤・送料無料)

なんといっても、「Is It Any Wonder?」がいい。一度聞いただけではまるキャッチ−で美しい名曲だ。戦場におもむく兵士の想いを歌った「A Bad Dream」も、哀しくも美しい、感動的な曲だ。「Crystal Ball」もキャッチ−で美しい。「The Frog Prince」はカエルの王子様のおとぎ話を元にした歌詞がおもしろく、かつ、美しい。

ともかく、「どれもこれも美しい」。まず、ボーカルのトム・チャップリンの歌声が美しい。どこかフレディ・マーキュリーのボーカルの気持ちよさに似たものを感じる。それから、メロディ。コールドプレイのメロディの気持ちよさにも通じるものがあるが、キーンの方が「美しさの種」をたくさん食べている。キーンはバンドの構成もおもしろい。ボーカル(トム・チャップリン)、ピアノ(ティム・ライス=オクスリー)、ドラム(リチャード・ヒューズ)のスリーピース。なんと、ギターレスかつベースレスなのだ!

Is It Any Wonder?←YouTube・プロモーションビデオ視聴!
Crystal Ball←YouTube・ライブ画像+アルバム音源!
A Bad Dream(ライブ)←YouTube・ライブ映像!(少し重めです)

ところで、ベース無しのバンドというのはほとんどあり得ない構成と言ってもいい。なかなかこの構成で完成されたサウンドは作れないのだ。とくに、ベース抜きは難しい。実際、KEANEのCDにもちゃんとベース音は入っている。ライブでもベース音が入っていて、ベーシストが影で(?)弾いているようでもあるが、よくわからない。(サマソニに行った方、どうでした?)ライブでもベース抜きでやってるバンドってあんまり知らないが、「and Young...」という大阪のバンドはツイン・ギター+ドラムの構成で無茶苦茶かっこいいライブをする。
posted by muse at 23:53| Comment(2) | TrackBack(5) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

22面体ジャケット@サンタナ『ロータスの伝説』

UDO MUSIC FESTIVAL 2006 出演のために来日するということで、最近話題のサンタナですが、紙ジャケットCDの発売も話題になっているようですね。とくに、「史上最大のアルバム・ジャケット」である『ロータスの伝説』の「22面体ジャケット」が目玉商品のようです。
サンタナ/ロータスの伝説(紙ジャケット仕様)←紙ジャケ。枚数が多いだけじゃなくて本当に綺麗ですね。
Lotus←試聴はこちら!

この作品はライブ盤として評価の高いものですが、日本公演(@大阪厚生年金会館)の音源なんですね。

しかし・・・「22面体ジャケット」という言葉が飛び交っていますが、正確に言うと「表裏全部で22面」あるというだけで、「22面体」ではありません・・。
(アナログ盤ジャケットの様子はこちらに詳しいです→これが『ロータスの伝説』の22面体ジャケ写真だ!
ラベル:サンタナ
posted by muse at 16:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

洋楽歌詞の探し方

洋楽の輸入盤などを買うと歌詞カードが付いてないことがよくあります。そういう時でも、英語の歌詞はわりと簡単にインターネット上で見つけられます。

検索エンジンは google でも yahoo でもいいですが、
アーティスト名(英語) 曲名(英語) lyrics
と打てば、大抵の洋楽曲の歌詞は見つかります。lyrics というのが「歌詞」という意味の英単語。たとえば、
billy joel honesty lyrics
などとするとすぐ見つかるわけです(「日本語のページを検索」では見つかりません。「ウェブ全体から検索」に設定する必要があります)。(「ビリー・ジョエル オネスティ 歌詞」などで検索しても見つかることはありますが、はずれが多いです・・・。そもそも日本では歌詞をサイトに掲載することへの規制が強いみたいですね)

ここで見つかったサイトをブックマークしておいて、何かのときにまた使うということもできますが、サイト内の検索が重かったり、見たいものが無かったりすることも多いので、僕はもっぱら上の方法で探しています。

手元にCDが無いなどでアーティスト名・曲名の英語のつづりがわからない場合は、グーグルやヤフーで「アーティスト名や曲名(日本語)」で検索すれば、英語綴りを探すことができるはずです。グループ名・曲名などの一部の英語綴りがわかっている場合は、それも併記すれば簡単に見つかるはずです。たとえば
セックス・ピストルズ sex」のように・・・。

歌詞の日本語訳ということになると、見つけるのはかなり難しくなります・・・。
アーティスト名(日本語) 曲名(日本語) 歌詞
で検索しても、見つからないことが多いです。そもそもネット上には存在しないものも多いのでしょう。

洋楽歌詞の日本語訳を集めて綺麗に整理したサイトがあれば便利なんでしょうけれど、僕はまだそういうサイトを知りません(どなたかご存知でしょうか?)。いくつかのアーティストを集めたサイトはありますが、なかなか網羅的なものは見つかりません・・。これも著作権の問題??作ってるよという方がおられたら、トラックバック・コメントいただけると嬉しいです。

まぁ・・・翻訳という作業はうまくいかないことも多いので、英語でそのまま鑑賞できるようにならないといけないのかもしれませんが・・・。

banner_04.gif b_03.gif
ラベル:洋楽 歌詞
posted by muse at 16:51| Comment(8) | TrackBack(2) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

セックスのBGM

なんだか微妙に取りとめなくなってきたこのブログですが、今日はタイトルそのまま、セックスと音楽についてでぃす!!この手の話題が苦手な方はこの記事はスルーしてくださって結構です・・・。

このあいだ、通称ラブホテルなるところに泊まったんです。まぁたまには、そういうことだってあるでしょう。で、ホテルでのいろいろについてここで詳しくは書きませんが(笑)、ホテルには有線がついていて「ビリー・ジョエル特集」なんていうのをやってました。以前にも紹介した「マイ・ライヴ」収録音源も流れていて大変に興奮したので、その日はこのチャンネルをずっと流しっぱなしにしてました。(『ブリッジ』の「ゲッティング・クローサー」がのりのりで良かったです)

で、まぁその時はそれで大満足だったんですが、あとから考えてみるとビリー・ジョエルってあまり、その・・・BGMには向いてないなぁと思うわけです。メロディをじっくり聞いちゃう音楽だと思うので、どうしても気が散ってしまいがち。物語を紡ぎあげる前段階に聞く分には、ムードが盛り上がって良いとは思うんですけど。

それではどういう音楽が物語のBGMに向いてるんだろう、というのが今日のテーマです。まず、向いている音楽にはいくつかのパターンがあると思います。
1)のりのりで、意欲ががんがん湧いてくる音楽。
2)おだやかに官能的で、意欲と感覚が泉のように湧いてくる音楽。
3)もろにエロチックで、意欲を無理矢理かきたてる音楽。


3)のタイプは僕はあまり好きではありません。
1)のタイプとしては、ローリング・ストーンズがいい感じかな?有線でもストーンズ・チャンネルがありますよね。
2)のタイプとしては、ラスト・エンペラーのテーマ曲(坂本龍一)あたりでしょうか?あの太鼓のやさしい音と、ヴァイオリンの甘美なメロディが体に気持ちよく響くでしょう・・・。
ちょっと変わったタイプとしては、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン合法ドラッグラヴレス」なんかも良いかも。
「ラストエンペラー」オリジナル・サウンドトラック←ラストエンペラー

実際に「セックスのBGM」として売り出している商品もあるようですね。「カリスマAV男優、加藤鷹がエロティックな気分にさせるクラシックの名曲集CD LOVERS CLASSIC!! 」なんていうのもありました・・・。ゆったりとしたクラシックは、男性の早漏の防止勃起力強化、女性の感度上昇にも効果的なのだとか・・・。
LOVERS Only〜恋人たちのクラシック←もうひとつ、こんなのもありました。

さて、みなさんはどんなBGMをご使用でしょうか?それとも、BGMは無しですか??・・・って、コメントしにくいっちゅうねん(笑)。
ラベル:セクシー
posted by muse at 21:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする