2009年04月20日

奇跡の美声?スーザン・ボイル(Susan Boyle)

Susan Boyle(スーザン・ボイル)というおばさん(47歳)の歌声がイギリスで話題になり、さらに日本でも話題になりつつあるようだ。

率直に言って、スーザン・ボイルの歌声は僕の心にはまったく響かなかった。YouTubeの音質が悪いからかと思って、いくつか音質のいいのを探してみたりしたけど無駄だった。声はよく出ていると思うけど、声にあまり表情を感じないし、何より、彼女が背負ってきたものの「深み」を彼女の歌声から聴きとることが僕にはできなかった。好みの問題もあると思うけど。

これは実は、全部「やらせ」なのじゃないかとまで思った。「やらせ」も有りうると思って見てみると、舞台裏の様子や、審査員や聴衆の表情の変化の撮影など、あまりにもうまくできすぎていて怪しい気もしてくる。審査員のコメントは台本通りで、サクラの観客がいるのかもしれない。47になるまでキスもしたことが無いというオバサンが悲願の大スターになるという「感動的ストーリー」にはめられているだけのようにも思えてくる。

しかし少なくとも、YouTubeなどで多くの人がこのビデオを見て彼女の歌声を称賛しているのは事実だ。彼女の歌声に酔いしれている人がたくさんいる。でも、ヤラセと言わないまでも、感動的なストーリーの演出と、聴衆・審査員のすべてが瞬時に陶酔してしまうという映像によって、多くの人が自分の耳で評価する以前に流されてしまうということもありえる(曲のイントロも重要)。だから、このストーリー・演出なしでこの歌声を聞いたとしたら(あるいは彼女の容姿がもう少し美しければ)、果たしてこれほど多くの人がスーザン・ボイルに感動できただろうか、という問いは検討する価値があると思う。

YouTube動画 スーザン・ボイル(Susan Boyle)奇跡の美声

banner_04.gif

こういうことは音楽業界ではよくあることだ。メディアの宣伝工作によってそれほどでもないものが売れるということはある(だからこそ宣伝に金をかけるのだ)。また、歌声の良さよりも、曲の歌詞や、その背景となるストーリーで持ち上げられるということもあるだろう(「嘘」「やらせ」は問題だけど、そうでなければ別にかまわない)。最近の日本での例を挙げるとすれば、「千の風になって」の秋川雅史などがその典型だろう。ボーカリストとしては(クラシック歌手としてもポップス歌手としても)あまり評価できないけれど、曲(歌詞)の素晴らしさで話題となり、話題が話題を呼び、ルックスなども手伝ってすごい歌手だという地位を確立した。

歌は歌だけで評価されるべきだという考え方はおかしいのだろう。人間性や背景の物語で人の心をとらえるものも優れているのだ。

ただ、「スーザン・ボイル、奇跡の歌声」と言われると、それはちょっと違うのではないかと馬鹿正直な僕は言いたくなる。もしかすると、僕が彼女の歌にピンと来ないのは、僕自身の容姿がたいして良くないからかもしれない。つまり、僕には「容姿の良くない人間には期待しない」という思い込みが無いから、驚きが生じなかったのかも。むしろ、容姿のさえない人ほど何かしらやらかしてくれるものだと僕は思っている。

だから、YouTubeなどであまりにも大きな話題になっていることや、メディアも彼女を大きく取り上げている現状に、ちょっと違和感を覚えてしまう。「人は見かけによらない」なんていう当たり前すぎるメッセージでここまで盛り上がってしまう世界。この事態に本当にハッピーに浮かれていていいんだろうか?
タグ:動画 YouTube
posted by muse at 20:32| Comment(10) | TrackBack(6) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

フィル・スペクター、殺人で有罪

フィル・スペクター(Phil Spector)が女優ラナ・クラークソンを殺害したとされる事件の裁判で有罪判決とのニュース。さまざまな奇行でも知られていた名プロデューサーですが、こんなことになってしまうとは・・・。

フィル・スペクター、殺人で有罪に

banner_04.gif
posted by muse at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

サイモン&ガーファンクル来日公演

サイモン&ガーファンクル(SIMON & GARFUNKEL)がこの7月に来日公演をするそうです!16年振りの来日コンサート!!

名古屋、東京、大阪、札幌の4か所での5公演が予定されています。どれもコンサート会場はドームということで・・・できればもう少し小さいところで見たい気もします。でも、サイモンとガーファンクルは解散と再結成を繰り返してますし、二人とももう67歳。これが本当にもう最後のチャンスかもしれない。(ポール・サイモン自身が「ユニットでの来日ツアーはこれが最後だろう」と言ってるそうです・・)

 名古屋公演
  7月8日(水) ナゴヤドーム 19:00 start

 東京公演
  7月10日(金) 東京ドーム 19:00 start
  7月11日(土) 東京ドーム 17:00 start

 大阪公演
  7月13日(月) 京セラドーム大阪 19:00 start

 東京追加公演!!
  7月15日(水) 日本武道館 19:00 start
*追加公演はドームではなくて日本武道館!これはいいかも!

 札幌公演
  7月18日(土) 札幌ドーム 17:00 start

【料金】S¥13,000 A¥11,000 B¥9,000(座席指定/税込)

インターネット先行予約など、チケット情報はこちら!

ウドー音楽事務所

ドーム・日本武道館の座席表についてはこちらが参考になるかもしれません。

コンサート会場の座席表



banner_04.gif←ロック&ポップス
posted by muse at 01:31| Comment(2) | TrackBack(2) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

ブラックサバスは放送禁止

ブラックサバスはかつてFM東京で放送禁止だったことがあるらしい。

YouTube ブラックサバス「IRON MAN」ライブ映像

うーん、たしかにこれはやばいかも・・。黒々とした鯖が妖しげにうごめく様子はあまりにも過激だよなぁ・・・というのは冗談で、ブラックサバスというのが「部落差別」に聞こえるからというのが放送禁止の理由だったらしい。冗談みたいな話なのでホントに冗談かもしれないけど、森達也の『放送禁止歌』の中でデーブ・スペクターがそう言ってる。放送局がいかに思考を避けて「事なかれ主義」に逃げていたかという例。

 

banner_04.gif←ロック&ポップス
タグ:YouTube 動画
posted by muse at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ジャミロクワイ@憲法九条

憲法九条を世界遺産に』の中で中沢新一がこんな話を紹介していた。

いまの日本国憲法はアメリカから押し付けられたものだという考え方があるけれど、日本の憲法9条に込められた「アメリカ的精神」に基づく平和主義は実は、日本人と同じモンゴロイドであるアメリカ先住民の思想に源流をたどれるという。部族間の対立を解消するために作られた、イロコイ族のイロコイ連邦憲章がそれだ。(元ネタは先住民文化研究者・星川淳氏の『魂の民主主義』)

イロコイ族。音楽好きの人の中にはピンときた人がいるかもしれない。そう、あのジャミロクワイの名前の元になったインディアン・イロクォイ族のことだ。ジャミロクワイのリーダー、ジェイ・ケイは、未来の世代のことを考えて行動するイロクォイ族の倫理感に共感してバンド名に用いたらしい。

YouTube ジャミロクワイPV集

イロコイ族ってなかなか興味深い人たちだと思う。

banner_04.gif

ジャミロクワイ、ベスト盤(輸入盤)


『憲法九条を世界遺産に』太田光 /中沢新一


『魂の民主主義−北米先住民・アメリカ建国・日本国憲法』星川淳
posted by muse at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

印象的なビデオ@クリスティーナ・アギレラ

今回も今まであまり聞かなかったアーティストの曲のご紹介。クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)の「Beautiful」。プロモーション・ビデオを見て、ものすごく印象に残った一曲。

You-Tube クリスティーナ・アギレラ「Beautiful」動画視聴



曲のタイトルどおりの美しい曲だが、ビデオがまた実に印象深い。トランス・ジェンダー、ゲイ、痩せすぎの男の子、歯の矯正器、ゴシック・ファッション・・・。歌詞は決して「性的少数者」に限定された内容ではないが、映像に登場する人たちの不安・不満・痛みがダイレクトに僕の心にも響いてくる。広い意味で、僕自身もこの中にいるからだろう。ほんのちょっとしたことで自信を失って不安定になり、鏡をぶち壊したくなる。

"You are beautiful no matter what they say"
他の人がなんと言おうと あなたは美しいのよ
"You are beautiful in every single way"
みんな、それぞれの美しさを持ってる


ゲイのキス・シーンなど、表面的な過激さに拒否反応を起こす人もいるかもしれない。しかし、じっくり聞いていると歌の深みが感じられてくる。美を求めてさまざまなことを試みながら悩みさまよう我々の存在そのものが、そのそれぞれの在り方が、美しくほほえましいものなのだ。

クリスティーナ・アギレラ「Beautiful」歌詞



banner_04.gif b_03.gif
タグ:動画 YouTube
posted by muse at 00:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

Ne-Yo(ニーヨ)「Go on Girl」のPV

最近のR&Bシンガーの曲ってあんまりちゃんと聞いてなかったのだけど、この曲はいいねぇ。Ne-Yo(ニーヨ)の「Go on Girl」!2007年の作品。

YouTube Ne-Yo "Go on Girl"動画視聴!

neyo_go-on-girl.jpg

クールで美しい女性がたくさん出てくるビデオのかっこよさにまずやられた。もちろん、曲の良さ、声の優しさも素晴らしく魅力的。「僕のことは心配せずにそのまま行きなよ(Go on, girl)」と強がってみせる、せつない失恋の歌詞もまたいい。

←本曲収録アルバム
←ジャパン・プレミアム・エディション

Ne-Yo「Go on Girl」歌詞

Ne-Yo『Go On Girl』←一曲ダウンロード(有料)
Ne-Yo『Go On Girl(プロモーションビデオ)』

banner_04.gif b_03.gif
タグ:動画 YouTube
posted by muse at 20:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

音楽プロモ用ゲーム@ポリフォニック・スプリー

オンライン・ゲームってたくさんあるので、はまると危険ですね。やりだすと止まらなくなります・・・。というわけで、今日いろいろやっていて発見したゲームを一つだけ紹介します。

「The Quest for the Rest」

このゲーム、じつはザ・ポリフォニック・スプリー(The Polyphonic Spree)というバンドの音楽プロモーション用のゲームです。ゲームを販促に使おうという発想もいいのですが、このゲーム自体の美しさとかわいらしさにも素晴らしいものがあります。

ゲームは、画面上の気になる部分(動物や植物たち)をクリックすることで、登場人物たちの旅を導いていくというもの。難易度はそれほど高くはなく、誰でも楽しめるようになっています。ゲーム・タイトルの「The Quest for the Rest」というのは、「the rest(残りの者たち)」を探す旅ということで、つまりは結成時のメンバーが残りのメンバーと出会うまでの旅といった意味のようです。

『Together we're Heavy』

ゲームのBGMはもちろんポリフォニック・スプリーの音楽。「シンフォニック・ロック」を自称する彼らのスケールの大きい音が楽しめます。
1面:Together we're Heavy
2面:Suitcase Calling
3面:Ensure Your Reservation
フィナーレ:Hold Me Now
これらの他に、「Cane」「Five Years」「Soldier Girl」のミュージック・ビデオや音源へのリンクもあります。


『The Fragile Army』

他の音源もYouTubeからご紹介。これはアルバム『The Fragile Army』の曲です。

YouTube, The Polyphonic Spree「Running Away」

こんなのもありました。ニルヴァーナの「リチウム」のカヴァー。

Polyphonic Spree「Lithium」with Sock Puppets


banner_04.gif b_03.gif
posted by muse at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

ジェイク・シマブクロ@スーパー・ウクレレ

ジェイク・シマブクロ(Jake Shimabukuro)って皆さんご存じでしょうか?ハワイの日系5世のウクレレ・プレーヤーなんですが、クラシック・ギターのように美しく奏でたり、メタリックな速弾きをしたりと、そのウクレレ・サウンドの幅広さに驚かされました。どちらかというとチープさを出す楽器だという「ウクレレ」の従来のイメージをガラリと変えてくれます。今年のフジロック・フェスティバル07にも出演したそうです。

YouTube, Jake Shimabukuro「Dragon」ライブ映像

Jake Shimabukuro「Going To California(レッド・ツェッペリンのカヴァー)」ライブ!
(手ぶれがひどいので、映像は見ないで音のみお楽しみください・笑)

Jake Shimabukuro「While My Guitar Gently Weeps(ビートルズ・カヴァー)」

←今年発売のベスト盤『My Life』

ジェイク・シマブクロのホームページ

ここでベスト盤の試聴もできます。

banner_04.gif b_03.gif
posted by muse at 00:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ポップなクラゲ

動物ネタをもひとつ続けます。今日、越前クラゲの粉末を使ったさくさくクッキー「えくらちゃん」をいただきました。

日本海で大発生して漁業に大きな被害をもたらした巨大クラゲ「エチゼンクラゲ」。それをなんとか商品として有効利用しようという試みなんでしょうが・・・、よくここまでするなぁという感じですね(笑・・)。味のほうは・・・うん、ごく普通のクッキーです。けっこうあっさり。とくに変わった感じはありません。意外といけます。後に塩味が残ります。これは日本海の味ですね。

.gif

えくらちゃんはなかなかかわいいキャラになってます。「カラダは大きいけれど、ちょっぴり恥ずかしがり屋で泣き虫なおんなのこ」だそうですが、う〜ん・・・体が大きいのはいいとして、他のイメージがどこから出てきたのか、謎です。

越前本舗←ここでえくらちゃんを購入可能

えくらちゃんは、福井県立小浜水産高等学校の生徒たちとの共同研究開発だとのこと。かなり売れてるみたいですねぇ。えくらちゃんグッズもできるんでしょうかね。

しかし、大量発生して網を破ったりという被害を補うことはできないんでしょうね、これでは。実際に使われているクラゲも少量でしょうし・・・。

YouTube「越前クラゲ」

越前クラゲのビデオ・・・デカッ!!これ見ると食欲減退するかも。要注意(笑)。

Jellyfish「He's My Best Friend」ライブ映像視聴!

クラゲということでジェリーフィッシュの「彼は僕のともだち」のライブビデオをどうぞ。
  banner_04.gif b_03.gif
タグ:動画 YouTube
posted by muse at 02:17| Comment(0) | TrackBack(5) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする