2006年05月02日

オオイヌノ「スグリ」に魅せられて

今年は寒さがなかなか抜けきらず、桜が咲いても春だという感じが少なかったのですけど、ようやく暖かくなってきましたね。道端にもたくさん綺麗な花が咲いています。タンポポ、スズメノエンドウ、ホトケノザ、セイヨウカラシナ、シャガ、そしてオオイヌノフグリ・・・。四葉のクローバー探しをするにもいい季節・・・。
ほしい押し花を必要なだけ押し花■スズメノエンドウ■10本(春)しあわせみ〜つけた!四つ葉のクローバー

僕がとくに好きなのはシャガオオイヌノフグリおおいぬのふぐりの方は、注意していないと見逃してしまいそうな小さな花、あの可憐さが好きです。ふとした拍子に見つかるとうれしくなります。この花は「雑草」なんでしょうが、園芸用の花にも似ているのがありました。近い仲間なんでしょうか?↓
ベロニカ”オックスフォードブルー”

ところで、オリンピックのフィギュアスケートで活躍した「村主(すぐり)選手」と聞くと、僕はオオイヌノフグリを思い出してしまうんですが、これは彼女にはかなり失礼です。「ふぐり」は「大切な黄金の玉を収納する袋」のことだからです・・・(正式には陰嚢です・・・笑)。オオイヌノフグリは、実が「大きな犬の金玉」の形をしているのでこんな名前がつけらています。(微妙な発毛具合まで似ていて、けっこういやらしい・・・。興味のある方はちょっと探りを入れてみてください・・・笑)
マイ・フィギュア・スケート・アルバム←←「マイ・フィギュア・スケート・アルバム」!!
その村主章枝(すぐりふみえ)選手がジャケットを飾る話題の商品がこちら。荒川静香選手の踊った「トゥーランドット」や、安藤美姫選手の「メリークリスマス・ミスターローレンス(坂本龍一)」などなど、日本のフィギュアスケート選手(オリンピックに行かなかった人も含め)が使った曲が収められた商品です。ところで、村主選手は avex の所属だったんですね。このCDは avex の商品です。


ラベル:イヌ
posted by muse at 13:10| Comment(8) | TrackBack(4) | クラシック&ワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

病院の恐怖音楽〜モーツァルト効果

先日またまた歯医者に行ったときのこと。今度は待合室でシューベルトの「魔王」がかかってました。恐い・・・。恐すぎる・・・。これから緊張の虫歯治療というときに、こんな恐い曲をかけるのはやめて欲しい・・・。
【音楽CD】《シューベルト:歌曲集》←歯も痛みます・・・(笑)

ロックにもどことなく恐ろしい雰囲気を持った音楽というのはあります。先日ご紹介したビリー・ジョエルの「サプライズ」もそうですし、レディオヘッドの最近の作品にも恐ろしげな曲がいくつかあります。
レディオヘッド/OKコンピューターレディオヘッド/キッド A レディオヘッド/ヘイル・トゥ・ザ・シーフ

でも、「魔王」の恐さはストレートです。この曲には、魔王、父親、死にかけている子供という3人の登場人物が順番にあらわれます。子供を死の世界へと誘おうとする魔王。父親の助けを求めて叫ぶ息子。子をなだめながら馬車をあやつり、魔王から必死に逃れようとする父親。・・・ともかく恐い。この曲が好きなのかと聞かれたら答えに困ってしまうけれど、すごい曲であることは間違いないでしょう。

それにしても、どうしてこんなに恐い曲をシューベルトは作ったんでしょうか??今で言えば、ホラー映画みたいなものなのでしょうか?
恐怖音楽←こんなんもありました。

ところで、肉体的な痛みを和らげる音楽ってあるのかなぁと思って調べてみると、いろんな人が「モーツァルトが良い」って書いてますね。生誕250周年ということもあるのか知りませんが、最近なんでもかんでもモーツァルトだという感じ?まぁ、好きだから良いんですけど。心理学でも「モーツァルト効果」なんていう言葉があったりしますが、最近はいろんなものに「モーツァルト効果」があると言われだしてます。
amadeus.jpgア・カペラ・アマデウス/スウィングル・シンガーズ
僕もモーツァルトは大好きですが、一番のお薦めはこれ!!  ↑
posted by muse at 13:29| Comment(12) | TrackBack(7) | クラシック&ワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

最も美しい曲@ラヴェル

先日、歯医者に行ったときのこと。歯医者の待合室で流れる音楽といえば、眠たくなるようなクラシックか古いポップ・ソングとだいたい決まっているらしい。そこで流れていたのもクラシックだった。ただ、音量は小さいのだけど、やたらに激しい大げさな曲がかかっていて、なんだか落ち着かなかった・・・。

クラシックは静か」で「ロックはうるさい」という考え方は、わりと一般的に受け入れられているように思う。でも、はっきり言ってこれは間違いだ。大掛かりな編成のオーケストラがドンシャンドンシャンと大きな音量を響かせるタイプの曲は、クラシックであっても「うるさい」と僕は思うからだ。逆に、驚くほど線が細くて繊細な「ロック・ミュージック」も、たしかに存在するのだ。

結局、こういうことだ。ある音楽を「うるさい、(だから嫌い)」と感じるかどうかは好みの問題であって、クラシックとかロックといったジャンルの問題ではない。それから、僕は大音量の「押し付けがましい」音楽があまり好きではないようだ。クラシックでも、大編成でいかにも強そうなオーケストラ(笑)よりは、ピアノ曲や小編成の演奏が好きだ。

というわけで、今日は僕が一番好きなクラシックの曲のご紹介。モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel)の「ソナチネの第2楽章(メヌエット)」。クラシック・ファンにとってはおなじみの、ちょっとベタな曲かもしれない。以前、サンスターの「GUM」のCMでも使われていたので(あまり良い演奏ではなかったが)、聞いたことがある方は多いはず。
ラヴェル:ピアノ曲全集

この曲は、クラシック史上でもっとも美しい曲だと思う。ラヴェル自身の心の弱さを反映したような繊細な音使いと、きらきらとした輝きを帯びた甘い旋律。ちょうど、風にさざめく水面が見せる輝きのような感じだ。

ロックを中心に聞いてきた僕にとって、この曲との出会いはかなりショックだった。今まで聴いたことがないような斬新な音楽というのがクラシックの宝庫の中にも眠っていて、僕はそれを探さなくてはいけないことに気がついたからだ。それから、たとえばトム・ヨークに共感できるのと全く同じように、僕はラヴェルというアーティストに共感できるように思えたからだ。
世紀の名ピアニストたち〜コンドン・コレクション2/ラヴェル←ラヴェル本人です!
ラヴェルは他にも繊細で流麗な魅力を持つ曲をたくさん残している。「亡き王女のためのパヴァーヌ」「水の戯れ「夜のガスパール」「クープランの墓」、そして有名なバレエ音楽「ボレロ」。ラヴェルは退屈な曲を作っていない。
ラベル:ラヴェル
posted by muse at 16:38| Comment(10) | TrackBack(3) | クラシック&ワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

チャップリンが好きなんです!

ちょっと情報としては遅いのですが、昨日から京都でチャールズ・チャップリンについての国際シンポジウムをやっているそうです。シンポジウムは今日までなので今さらという感じですが・・・、チャップリンの秘書であった高野虎市氏の遺品展は4月2日までやっているそうです。場所は、日本で初めて映画が上映された場所である、元・立誠小学校(京都・四条木屋町上る)。また、3月28日(火)にはチャップリンの映画音楽のジャズ・ライヴが、さらに3月30日(木)には京大卒の世界的ピアニスト、大井浩明によるチャップリンの曲と現代音楽のコンサートが、同じ会場であります。
chaplin.jpg

(追記:2007年に第2回がおこなわれました→チャールズ・チャップリンと戦争

何を隠そう、チャーリー・チャップリンは僕の一番好きな映画俳優・監督です。「黄金狂時代」「キッド」「犬の生活」「街の灯」「モダンタイムス」「ライムライト」「独裁者」など、本当にどの作品も大好き。それから、チャップリンの音楽。チャップリンの映画作品にはチャップリン自身が作った曲がたくさん使われていますが、その作曲センスはものすごいんです。まさに天才という感じ。とくに、情感豊かなヴァイオリンのメロディ・・・。涙腺を直接刺激する戦慄の旋律。・・・いえ、戦慄のって言うのは冗談ですが。まぁともかく、音楽の全ジャンルから最も好きな音楽家を10人挙げろと言われたら、僕はチャップリンを入れると思います(ロック以外なら、モーツアルトモーリス・ラベルも入れるでしょう)。

↑チャップリンの音楽が一番よくまとまっているのは、おそらくこの商品。
チャップリンの映画音楽
↑オリジナル音源ではありませんが、これもなかなかよくそろってます。

チャールズ・チャップリン コメディー フィルムズ VOL.Iチャップリン コメディフィルムズ スペシャルDVD-BOX黄金狂時代ジェネオン エンタテインメント ラヴ・チャップリン! 短篇集 コレクターズ・エディションチャップリン作品の中でもっともロマンチックな作品ジェネオン エンタテインメント 街の灯 コ...★送料無料! 独裁者 コレクターズ・エディション【GNBF-7017】=>18%OFF!★送料無料! 独裁者 ...チャールズ・チャップリンが老コメディアンの愛と献身を描いた感動作の画質・音質を一新ジェネ...★送料無料! ラヴ・チャップリン!コレクターズ・エディションBOX(1)(初回限定生産)【GNBF...

チャップリン自伝の改版も出るようです→チャップリン自伝改版
posted by muse at 11:51| Comment(19) | TrackBack(12) | クラシック&ワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。