2006年12月15日

「リトル・ウィング」カヴァー映像集

今回の来日ツアーでエリック・クラプトンが「Little Wing」を演奏したという話を聞きました。ジミ・ヘンドリックスの永遠の名曲「Little Wing」。この曲は以前、ブランフォード・マルサリスについての記事中でスティングのバージョンを動画も含めてご紹介したことがあります。しかし、ほんとにいろんな人にこの曲はカヴァーされていますね。今日はこの曲のカヴァー・バージョンを集めてみました。(ちなみに、クラプトンの日本武道館でのカヴァー・バージョンはユーチューブで音だけ聞けるようになってます・・)

YouTube ジミ・ヘンドリックス「リトル・ウィング」

その前に、こちらがジミ・ヘンドリックスのオリジナル・バージョン。


クラプトン+シェリル・クロウ「Little Wing」ライブ映像!

そして、これはエリック・クラプトンシェリル・クロウの共演によるライブ映像!貴重です。しかし、デヴィッド・サンボーンの非常に激しいサックス・ソロ、僕はあまり好みじゃないなぁ、こういうの・・。


Stevie Ray Vaughan「Little Wing」ライヴ映像!!

これはスティーヴィー・レイ・ヴォーンのバージョン。歌なしでギター弾きっぱなしの7分ですが、すごい!!かっこよすぎる!!今日ご紹介する中では間違いなく一番の熱演です。見ほれてしまう・・。


スティーブ・ルカサー「Little Wing」ライヴ映像

TOTOのスティーブ・ルカサーのカヴァー・バージョン。とくに後半のすさまじいギター・ソロは圧巻・・・。

The Corrs 「Little Wing」ライブ映像

こちらは、やや趣の異なったザ・コアーズのカバー・バージョン。さまざまなアコースティック楽器を用いて自分たちのレパートリーにうまく昇華しているところがGOOD。


banner_04.gif b_03.gif

2006年12月03日

クラプトンのライヴ記事を書いてデビュー

さて、エリック・クラプトンの日本公演<Eric Clapton Japan Tour 2006>も日程の半ばを過ぎました。同時におこなわれているビリー・ジョエルの日本公演(リンク先に演奏曲目あり)もなかなかの話題になっていますが、クラプトンの日本公演に関してこんな情報がBARKSに載ってました。

クラプトンのライヴ記事で音楽業界に飛び込んでみないか?

ヤマハの音楽サイト「LAZY!!」が、エリック・クラプトンのコンサートの感想やレポートを募集してるそうです(→こちら)。素晴らしい内容の記事は、同サイト内の「LAZY!! LiveReport」のコーナーと、携帯サイト「ギターハーツ」に掲載されるのだとか(12月19日アップ予定)。 応募はすでに始まっていて、締め切りは2006年12月10日です。まだ間に合います!ブログを持っておられる方などで、すでにライブレポートを執筆されている方もいるかもしれません。この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

YouTube クラプトン「Motherless Children」ライヴ!

エリック・クラプトン、コンサート2006@ニューヨークです。このビデオを見ちゃうと、クラプトン・コンサートに行けない自分が悔しくなります・・。ドラムのスティーヴ・ジョーダンもすげぇーい!(ユーチューブを見てると、武道館でのビデオなんかも見れちゃいますね・・。画質・音質は悪いですが)
 

2006年09月17日

「いとしのレイラ」@3大ギタリスト共演

前回の記事で、エリック・クラプトンの「いとしのレイラ(Layla)」はジョージ・ハリスンの奥さんパティ・ボイドへの想いを歌った曲だということに触れたのだけど、今日はその「レイラ」のすごい映像を見つけたのでご紹介したい。

YouTube「レイラ」ライブ映像視聴!!

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジという「3大ギタリスト」に加えて、ローリング・ストーンズのチャーリー・ワッツとビル・ワイマン、スティーブ・ウィンウッド、レイ・クーパーという錚々たるメンバーの共演による「レイラ」。永遠の名曲のなんとも豪華な名演奏・・・。1983年のライブ映像。

・・・それにしても人数が多い・・。だいたい、なんでドラムが2つもあるの!?僕のよく知らない人もいる(左のギタリスト、左のドラマー、ピアニスト・・)。→ちょっと調べてみると、ドラムはスモール・フェイセズ(とキース・ムーン亡き後のザ・フー)のケニー・ジョーンズなのだそうだ。左のギターはダイアーストレイツのマーク・ノップラー(Mark Knopfler)らしい。ピアニストはあいかわらず不明・・。みなさん、ご存知ですか?
(→追記:あつしさんにコメント欄で教えていただきました)

←このコンサートからの映像

「いとしのレイラ」のライブ映像は、ろ妃江さんの洋楽航海記since1974でも紹介されている。こちらはクラプトンのギターを存分に味わえるライブ映像。渋い。でも、なぜかギターの色がかわいい・・。

ちなみに、「いとしのレイラ」の英語歌詞がここにあるのだけど、パティへの想いであることが読み取れる部分はとくにない気がする(もっと一般的な「かなわぬ恋」の歌になっている)。パティ自身も自分への曲だということを当初は知らなかったそうだ。

エリック・クラプトン/ストーリーエリック・クラプトン/アンソロジーいとしのレイラ(リミックス・ヴァージョン)

2006年08月24日

エリック・クラプトン来日コンサート&チケット情報

エリック・クラプトン来日コンサート・ツアーの情報が出てますね。2006年11月から12月に長期の日本ツアーです!ウドー音楽事務所のサイトでは、チケットの先行予約がすでに始っています。チケットぴあでも、明日からチケットのプレリザーブ・先行販売開始。音響にこだわった結果でしょうか、ドームではなくアリーナ級のホールでのツアーです。チケット料金は、S席 9450円、A席 8400円(全席指定/税込)。来日ドーム・ツアーをおこなうビリー・ジョエルよりはチケット価格は安めです。

ウドー音楽事務所のサイト+チケット先行予約!
「チケットぴあ」のサイトへ

今のところ、大阪城ホール(4公演)、日本武道館(8公演)、さいたまスーパーアリーナ(1公演)の情報が出てますが、海外サイトの情報によると、他に名古屋レインボーホール(名古屋市総合体育館)(2公演)、札幌ドーム(1公演)が予定されてるようです。

エリック・クラプトン、来日コンサート日程(予定)

コンサートの座席表一般的な座席配置はこちらへどうぞ

最近のエリック・クラプトンということで、昨日に続いてクリームの映像のご紹介。
2005年のクリーム再結成ライブの映像です!!

YouTube クリーム「Crossroads」再結成ライブ映像視聴!!
さすがに昔のような猛烈な演奏ではないけれど、なかなかいいです。クラプトンはまだまだやれますって感じ。ちなみに、このビデオの途中、観客の中にブライアン・メイみたいな人が映ってますが、本人?(2:45付近)

クリーム再結成ライブの映像はいくつか見ましたが、クラプトンが圧倒的に元気。ボーカルもギター・ソロも素晴らしい。ギターの神様は健在です。ジャック・ブルースはかなり声が出なくなっていて苦しそう・・。

【CD】クリーム/ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム<2006/1/25>←クリーム・ベスト盤

2006年08月23日

ジンジャー・ベイカーの鬼の太鼓

さて、前回は生姜(ginger)の魅力について書いたので、今日はジンジャー・ベイカー(Ginger Baker)について書きたい。ジンジャー・ベイカーは、クリーム(Cream)、そしてブラインド・フェイス(Blind Faith)のドラマーとして有名。顔はなんだか恐いけど、すごいドラマーだ。本名はピーター・ベイカーだが、髪の毛が生姜の皮のような色だったのでジンジャー・ベイカーなのだと言う。

YouTube ジンジャー・ベイカー・ソロ@クリーム
↑ジンジャー・ベイカーというと、この鬼のようなドラム・ソロ。はっきり言ってわけがわからないが、すごい。顔と合わせて見ると恐い。

YouTube クリーム「White Room」
↑1968年、クリームのフェアウェル・コンサートの映像!最高潮の中の解散という感じ。後半、エリック・クラプトンの猛烈なギター・ソロもかっこいい。

YouTube ブラインド・フェイス
↑なんと Blind Faith のライブ映像を発見!!やや音質は悪いけれど、貴重。スティーブ・ウィンウッドのインタビュー(日本語字幕つき)のあとに「Do What You Like」が始まる。日本でテレビ放送されたものだろうか。わりとたんたんとした演奏だが、後半にまたまたジンジャー・ベイカーの長い激しいドラム・ソロが。

【CD】クリーム/ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム<2006/1/25>←クリーム・ベスト盤
クリーム/フェアウェル・コンサート〜1968ロイヤル・アルバート・ホール←クリーム・フェアウェルコンサートDVD
スーパー・ジャイアンツ←以前、酷評した(笑)ブラインド・フェイス唯一のアルバム

2006年01月29日

クリーム「アイ・フィール・フリー」@ニッサンLATIO・CMソング

昨日はじめて見たんですが、日産ラティオ のCMソングに CREAM の「I Feel Free」が使われてますね。「ボンボンボンボボンボン・・・ボンボンボンボボンボン(アイ・フィール・フリー)♪・・・」と始まるやつです。
cream.jpg→The Very Best of Cream(こちらで試聴も可)
というわけで、クリームのベスト盤の紹介。クリームというと、エリック・クラプトンジャック・ブルースジンジャー・ベイカーの3人の演奏の名手によるスーパー・バンドということがしきりに言われます。たしかに、彼らの演奏力は素晴らしい。しかし、ただうまいだけではありません。どこまでも硬派で、渋くて、かっこいい。彼らは商業的にも大成功していますが、耳に優しい甘い音楽とは正反対のもので成功したところはすごいと思います。

アイ・フィール・フリー」はそんな硬派なイメージの強い曲のひとつ(詞はアンダーグラウンド詩人ピート・ブラウンのもの)。ジャックのエモーショナルなボーカル、波打つコーラス・ワーク、クラプトンのギターソロ、ピアノの連打がどこか不穏な雰囲気をかもしだし、恋や自由の喜びと焦燥感を同時にあらわしているようです。

このベスト盤には他にも素晴らしい曲がたくさん入ってます。説明不要のクリームの代表曲「サンシャイン・ラブ」はひたすら渋くてかっこいい・・・。もう一つの代表曲「ホワイト・ルーム」は曲のかっこよさ、クラプトンワウワウ・ギターのかっこよさだけではなく、ピート・ブラウンによる歌詞も素晴らしい。「Platform ticket, restless diesels, goodbye windowsプラットホーム・切符、すぐに出発するディーゼル機関車、さよなら・窓)」のような、文章にしないテンポ感にしびれます。「アイム・ソー・グラッド」は恋の喜びと悲しみに激しく引き裂かれるような曲。「英雄ユリシーズ」は、ワウペダルをつかったクラプトンのギターがかっこいい。「スーラバーSWLABR)」は、「She walks like a bearded rainbow」の頭文字をとったという曲名もおもしろいですが、動きの激しいギター・リフもおもしろい。「政治家」は、ずるがしこくて傲慢な政治家を揶揄したユーモラスな曲。ジンジャー・ベイカーの曲「ゾーズ・ワー・ザ・デイズ」は、ひねりが多くかなり凝っていておもしろい。「荒れ果てた街」はピート・ブラウンの歌詞がまたまたかっこいいのに加え、途中で高速3連のリズム(?)が挿入されて一気に飛翔するアレンジにもしびれます。「クロスロード(ライブ)」はクリームの演奏能力の高さを実感できる一曲。「エニイワン・フォー・テニス」はクラプトンによるかわいらしい曲で、異色ですがうれしい一曲。「バッジ」はジョージ・ハリソンとクリームの共作。

そういえば、ラティオのCMは以前はたしかジョン・レノンの「スターティング・オーバー」を使ってましたね。あの時は、元の曲を知らない人には音楽として聞こえんぞ・・・というような変な使い方をしていたのでちょっと不満だったんですが、今回の「アイ・フィール・フリー」はいい感じ。
ラベル:クラプトン

2005年12月30日

ガッカリ名盤

日本三大ガッカリ名所というのがありますが、CDの「名盤」と言われているものの中にもガッカリものがときどきあります。僕はここでは自分が「良い!」と思ったものについてだけ書いていこうと思っているのですが、今日だけは特別に、一番ガッカリしたものについて書こうと思います。

スーパー・ジャイアンツ←ちょっぴりH
それがこれ・・・。洋楽ロックが好きな人なら、このちょっぴりHなジャケットを見たことがある人も多いでしょう。ブラインド・フェイスのアルバムです。大人気の中で CREAM を解散したあとのエリック・クラプトンジンジャー・ベイカーが スペンサー・デイヴィス・グループ、トラフィック在籍の天才スティーブ・ウィンウッドと結成したという「スーパー・バンド」の幻の名盤。とまぁ、(前)評判だけはやたらと高いこの作品ですが・・・正直、それほどすごくはありませんでした・・・。もっと火花を散らすようなロックを期待してたのだけど、しょぼいです・・・。あと、スティーブ色が強く、彼の抜けの悪い少し耳障りなボーカルが多いので、クラプトン・ファンにとっても不満が残るかも。まぁ、ERIC CLAPTONの最高傑作の一つ「プレゼンス・オブ・ザ・ロード(神の存在)」が収録されているのと、トラフィック風のサイケ・アレンジはわりと楽しめますが。

プレゼンス・オブ・ザ・ロード」は名曲です。でもこれは、クラプトンのベスト盤で聞けばいいんじゃないかな。
選曲がベストのベスト盤はこちら!!これは決定盤です!
【Rock/Pops:エ】エリック・クラプトンEric Clapton / Cream Of(CD) (Aポイント付)
またまたファンにとってはうれしいボックスセットも発見。
【Rock/Pops:エ】エリック・クラプトンEric Clapton / Crossroads(CD) (Aポイント付)