2006年03月12日

屋根裏で見つけた名曲@ビリー・ジョエル

フリーローリング・ストーンズと、ロック・バンドのライブ盤を紹介してきましたが、今日はビリー・ジョエルのライブ盤のご紹介。ビリー・ジョエルの初期作品の素晴らしさを伝えるために企画されたライブ盤ソングズ・イン・ジ・アティック」!
【Rock/Pops:ヒ】ビリー・ジョエルBilly Joel / Songs In The Attic (CD) (Aポイント付)←アメリカ盤  
日本盤はこちら(CD EXTRA仕様「ロスアンジェルス紀行」「さよならハリウッド」「僕の故郷」のライブ映像を収録!)→ソングズ・イン・ジ・アティック
視聴はこちら!→Songs in the Attic

アティック(attic)というのは屋根裏部屋のこと。つまり、このアルバム・タイトルには「屋根裏部屋にしまってあった過去の作品を再発見する」といった意味がこめられている。ビリー・ジョエルは『ストレンジャー(1977)』『ニューヨーク52番街(1978)』で大ヒットを飛ばす前は、セールスが伸びずに悩んだ期間が非常に長かったアーティストだ。シングル「ピアノ・マン」のヒットはあったものの、アルバムとしては『コールド・スプリング・ハーバー』『ピアノ・マン』『ストリートライフ・セレナーデ』『ニューヨーク物語』と、ソロ・デビューのあと実に7年もの間、大きなヒットには恵まれなかった(ハッスルズアッティラなどでの活動も入れるともっと長い…)。これらの初期作品の中には録音・アレンジ面で最高の出来とは言えないものもあるが、収録されている曲自体は実に素晴らしいものが多い。これらの曲にもう一度新たな息を吹き込んで世に出したい、というのがビリー・ジョエルの意図であった。

というわけなので、このライヴ盤にはビリー・ジョエルの有名な大ヒット曲はあまり入っていない。活動初期のマイナーな曲が多い。しかし、はっきり言って、ビリー・ジョエルのライブ盤の中ではこの作品が一番素晴らしいと僕は思う。なによりも、このアルバム(1980年)はビリー・ジョエルと彼のバンドが最高潮のときで、演奏のパワーが断然違う。それから、曲の素晴らしさ。しかもこの作品では、それぞれの曲の良さを一番発揮できる場所でのライヴ音源が選ばれている。たとえば、スケールの大きなロック・ナンバーはアリーナでの音源、繊細なバラードはクラブ・ライヴハウスでの音源というように。

地響きのような壮大なシンセサイザーから始まる「マイアミ2017」は、スタジオ録音バージョンよりはるかにパワフルだ。以前も紹介した哲学的な名曲「夏、ハイランドフォールズにて」が入っているのがまた嬉しい。スタジオ録音バージョンからは想像もつかないほどスケールの大きな演奏が楽しめる「街の吟遊詩人は…」は、このアルバムの中で最も好きな曲のひとつ。ビリーは、この曲がドビュッシーを意識したものであることをライナーノーツに書いている(あまりそういう印象はないのだけど…(笑))。「ロスアンジェルス紀行」はどこかのローカル・ロック・バンドの気楽な演奏という感じがして楽しい。ファースト・アルバム『コールド・スプリング・ハーバー』からはもっと演奏してほしかったという気もするが「シーズ・ガット・ア・ウェイ」「エヴリバディ・ラヴズ・ユー・ナウ」の2曲が聞ける。これまたスタジオ・バージョンよりはるかにパワフルな「さよならハリウッド」は、このアルバムからのシングルとして大ヒットしている。ビリー・ジョエルの曲の中である意味で最もロック色の濃い「キャプテン・ジャック」は、若者特有の憂鬱さ、空虚さを吹き飛ばすビリーの強いメッセージに大興奮する。「僕の故郷」はアコースティック・ギターの響きが美しいラヴ・ソング。バレンタインの贈り物として(当時の)奥さんに贈った曲だそうだ。「さすらいのビリー・ザ・キッド」は最近のライブでもよく演奏されるのでファンならよくご存知だろう。「楽しかった日々」もよくライヴで演奏されている曲だが、みずみずしさとパワーにおいて、このアルバムの演奏は最高だ。最後の最後にピアノを少しとちるところはご愛嬌(笑)。

全曲にビリー自身の解説がついていて、さらにプロデューサー、フィル・ラモーンからのコメントもついているのがまた嬉しい。CDジャケットの内部に、ビリーの生い立ちやバンドの写真がたくさんあるのも嬉しい。「楽しかった日々」の直筆歌詞原稿と思われるものの写真も見られる。あまり関係ないが、ビリーが「Whity(シロ?)」という犬と一緒に写っている写真もある。ビリーの飼い犬だろうか?

2006年02月13日

ハッスルズ@ビリー・ジョエル

今日はかなりマニアックです。ビリー・ジョエルボックスセットにも2曲入っていましたが、ビリージョエルがソロ活動を始める前のバンド「ハッスルズ」の紹介です。

ハッスルズは「THE HASSLES(1968)」「HOUR OF THE WOLF(1969)」の2枚のアルバムを出しています。そしてここに挙げたのが、この2枚の曲に加えて3曲のデモ音源の入った「The Best of the Hassles」です。残念ながら「HOUR OF THE WOLF」の中の「ホテル・セイント・ジョージ」だけは割愛されていますが、ビリー・ジョエルの活動初期の音楽を知るには最高の一枚でしょう。(写真の一番左がビリー・ジョエル、19歳!
 hassles.jpg The Best of the Hassles
今日はその中でもセカンド・アルバム「HOUR OF THE WOLF」の曲の紹介です。ファースト・アルバムはオリジナルではないカヴァー曲が多かったのですが、セカンド・アルバムはすべてビリーのオリジナル。気合いの入りまくったファースト・アルバムの演奏と比べると、ややリラックスした美しい曲や実験的な曲が多くなっています。(セカンド・アルバムは以前「ファーザー・ザン・ヘヴン/ビリー・ジョエル」というタイトルでCDも出ていましたが、このCDはレコードのA面とB面をごっそり入れ替えたような曲順になっていました)

気合い入りまくりのファースト・アルバムの印象を一番残した曲が一曲目の「カントリーボーイ」。幼き日の田舎生活の懐かしさと、退屈にも思う気持ちが微妙に混ざった、複雑な気持ちを抱えながら騒ぎまくる元気な曲。この曲の注目は、曲が最後にフェイドアウトするところにこっそり入っているビリーのピアノ。「ニューヨークの想い」あたりのピアノの雰囲気がほの見えてきます。次の「ナイト・アフター・デイ」は「コールド・スプリング・ハーバー」につながるやや屈折した雰囲気をもった曲。アルバム・タイトル曲の「HOUR OF THE WOLF孤狼の時)」はプログレにもつながりそうな実験的な曲で、ビリーのピアノも楽しめます。「キャット」は、ジョン・スモールの独特なドラムとビリーの美しいボーカル、それにオルガンとギターのソロ・セッションが楽しい一曲。ジョン・スモールハッスルズ解散後にビリーと一緒に「アッティラ」を結成した相方です。「LAND OF DESPAIR失楽園/絶望の国)」はまたまたちょっと実験的な変わった曲で、この辺の精神がアッティラの活動へとつながったようにも思えます。そして、「絶望」を乗り越えてアルバムの最後を飾る「FURTHER THAN HEAVEN」は、「海を越え、大空を越え、天国の向こうの別世界に行こうよ!」とビリーが誘ってくれるとてもポジティブな曲。(なんでこれに「天国にはほど遠い」なんていうネガティブな邦題をつけるかなぁ・・・。)この曲は「キャプテン・ジャック」ともイメージが重なる名曲です。

2006年02月08日

ビリー・ジョエルのボックスセット「マイ・ライヴ」曲目

Billy Joel のボックスセット「My Lives」の曲目についての情報を書き足しました。ソロ活動前の音源未発表曲未発表ライブ音源だけでなく、アルバム完成前のデモ音源別バージョンもかなり入ってます。以前「Stranger on 52nd Street」などの海賊盤で出ていた音源も入っているようです。

曲目情報!ビリー・ジョエルのボックス・セット!!


さてさて、以前ご紹介したビリー・ジョエルのアメリカ・ツアーの演奏曲目も、記事を書いたあと続々と新たな曲が加わっているようです。
Wipeout」(ビーチボーイズ?)、「The Downeaster "Alexa"」、「My Life」、「You're My Home」、「Summer, Highland Falls」、「Highway to Hell」(AC/DC!)

けっこう意外なカバー曲があったりするのもおもしろい・・・。

2006年01月26日

ビリー・ジョエル、アメリカ・ツアーの演奏曲目

Billy Joel のアメリカ・ツアーでのセット・リストを入手しました。
1月23日(@マジソン・スクウェア・ガーデン)の演奏曲目は・・・
1、プレリュード/怒れる若者 2、Everybody Loves You Now 3、The Ballad of Billy the Kid 4、New York State of Mind 5、Stiletto 6、ザンジバル 7、アレンタウン 8、The Great Wall of China 9、All for Leyna 10、プレッシャー 11、グッドナイト・サイゴン 12、Movin' Out 13、An Innocent Man 14、ビッグ・マン・オン・マルベリーストリート 15、In the Midnight Hour 16、Keeping the Faith 17、She's Always a Woman 18、The River of Dreams 19、I Go to Extremes 20、We didn't Start the Fire 21、Big Shot 22、ロックンロールが最高さ 23、You May be Right 24、Only the Good Die Young 25、Scenes from an Italian Restaurant 26、Piano Man

うーん、ヒット曲がずらりと並ぶのはもはや当然なのでしょうが、ライブではなかなか聞けなかった名曲をやっぱりやってくれてます!個人的には、2、5、6、8、9、13、16、17あたりはライブで聴いたことがなくて、とても聴きたい曲です!ちなみに、15はウィルソン・ピケットの曲ですね。のりのりの曲です【R&B/Hip−Hop:ウ】ウィルソン・ピケットWilson Pickett / Very Best(CD) (Aポイント付)
NewYork-O-さんのページにもレビューあり!→ピアノ・マン

他の日のセット・リストに含まれている曲たちは以下のとおり。「Sometimes a Fantasy」「Sleeping with the Television On」「The Night is still Young」「Miami2017」「Vienna」「Lullabye」「Laura」「She's right on Time」「Where's the Orchestra?」「Famous Last Words」。ライブ音源の無さそう曲がたくさんありますね。ライブでやるのは初めてという曲もあるんじゃないかな??聞きたい曲がいっぱいあるなぁ・・・。ややマイナー系の名曲たち・・・「グラスハウス」「ナイロンカーテン」の曲が多いですね。
グラスハウス→【Rock/Pops:ヒ】ビリー・ジョエルBilly Joel / Glass Houses(CD) (Aポイント付)
ナイロン・カーテン→【Rock/Pops:ヒ】ビリー・ジョエルBilly Joel / The Nylon Curtain(CD) (Aポイント付)

2006年01月23日

ビリー・ジョエル、アメリカ・ツアーのプレミアム・チケット!!

Billy Joelは現在、アメリカ・ツアー中です。今日はニューヨークマジソン・スクウェア・ガーデンでのライブ。あぁ、日本に来てくれないかなぁ・・・。

ビリー・ジョエルのアメリカ・ツアーの日程は、今のところ4月前半まで決まっております。この期間にアメリカに行くぞよという方は、こちらからチケットが入手できるかもしれません。ただし、アメリカ国内でも相当激しいチケット獲得競争があるようなので、値段はかなりいくと思いますが・・・。
http://www.wt-pia.jp/concert/billyjoel.html

洋楽はリスニング対策になるか?

センター試験、終わりましたね。受験生の皆さん、とりあえずお疲れ様でした。しかし今回は、英語リスニング用のICプレーヤーの不具合で再試験になった人も多いとか・・・。監督者の対応ミスも問題になってます・・・。受験って人生をそれなりには左右する大きなイベントなのだから、トラブルのないようにやってもらいたいです・・・。

ところで、洋楽リスニング対策になるのだろうかと、ふと考えてみました。英語に接する機会が増え、しかも抵抗無く英語に触れられるという意味では役に立っていそうな気がするわけです。

でも、僕の経験から言うと、洋楽を聞いているからといってリスニングがよくできたわけではありません・・・。未だに、英会話中に相手の言っていることを聞き取るのは難しいことが多い・・・。だから、洋楽がリスニング能力の向上と直には結びついていない気がします。(「聞き取る」能力は一朝一夕には身に付かないということでしょう・・・)

かと言って、まったく役に立ってないとも言えません。リスニングで大事なのは、単語やフレーズを「聞き取る」ことですが、その前提としてそれらを「知っている」必要があります。洋楽が、単語やフレーズの学習に役立つことはあると思います。たとえば・・・僕は中学生の頃、ビリー・ジョエルの「夏、ハイランドフォールズにて」に出てくる、meditation「瞑想」とか、cathedral「大聖堂」とか、sympathize「同情する」compromise「妥協する」euphoria「幸福」といった、中学生にはなかなか難しい単語を知ってました。euphoria などは難しすぎて、未だに他の使用例を見たことが無いくらい・・・。

夏、ハイランドフォールズにて」は、 Billy Joel の曲の中でも僕が大好きな曲。ビリーには珍しく、かなり内省的・哲学的な歌詞になっています。曲もとても素晴らしく、ビリー自身が「この曲で、自分の作曲能力は飛躍的に上昇した」と言っているほど。『ストレンジャー』で大ブレークする直前の作品『ニューヨーク物語Turnstiles)』に入っている曲です。
turnstiles.jpg→輸入盤←
ニューヨーク物語(紙ジャケット仕様)
このアルバム、セールス的にはいまいちだったようですが、「さよならハリウッド」「ニューヨークの想い(最近ではケイコ・リーさん、綾戸智絵さんもカバー)」「怒れる若者」「楽しかった日々」「マイアミ2017」と、彼の代表曲が詰まった名盤です。僕は、このアルバム後のツアーでの評判が次の『ストレンジャー』での大ブレークにつながったのだと考えています(海賊盤のライブが素晴らしい!!)。ちなみに「ジェイムズ」はマイナーな曲ですがなかなかに綺麗な曲で、最近、KANさんがライブでカバーしているとか。

2006年01月05日

ピアノ・マン、ビリー・ジョエル復活ツアー!!

[冒頭に追記]2006年冬にビリー・ジョエルの来日公演が決まったそうです!!(7月14日)


あさってから→ビリー・ジョエルのツアーが始まります!単独のライブでは実に6年ぶりになるとのこと。去年は「ピアノ・マン騒動」の中でも、本物のピアノ・マンは沈黙状態でしたが(アル中で入院してたらしい)、とうとう再始動です!!

ただし、今のところアメリカ国内の日程しか公表されていません。4月まではみっちりアメリカ・ツアーで日程が埋まってます。このあと世界ツアーが始まるのかどうか、今のところはわかりません。(→06年5月追記:6月からヨーロッパ・ツアーが決まっています)

以前ここでも紹介した究極のボックスセットマイ・ライヴ(My Lives)の発売はツアーへの布石でもあったわけですね。このボックス・セット、今月下旬には日本盤も発売予定だそうです!!ということは・・・日本にも来てくれるのか!?
マイ・ライヴ←日本盤 【Rock/Pops:ヒ】ビリー・ジョエルBilly Joel / My Lives(CD) (Aポイント付)←アメリカ盤

今回のツアーでは、もう何年も演奏していなかった曲をやってみたい」と意欲的なビリー。昨年12月におこなわれた会見では「シーズ・ライト・オン・タイム」と「キーピン・ザ・フェイス」を演奏(追記:ネット上でビデオが見れましたが見られなくなりました・・・)。どちらも最近のライブでは聞けなかった曲!演奏も、いやーまだまだいけるわ、この人。すごいね。しかも・・・「ビリー・ジョエルについて」で一押し紹介した「ザンジバル」のリハーサルもしているとか・・・。
(追記:コンサートの演奏曲目はこちら→アメリカ・ツアーの演奏曲目

バンドのメンバーは、マーク・リベラクリスタル・タリフェロらだいたい前と同じ。ただ、ドラムがファンにおなじみのリバティ・デ・ヴィートではない。どうやら喧嘩別れしたらしい・・・。あと、「キーピン・ザ・フェイス」のアルト・サックスは最盛期(52番街あたり)のビリー・ジョエル・バンドのメンバーだったリッチー・カナータのようです。うーむ、来てくれないかな・・・

2005年12月29日

ビリー・ジョエルについて

前の記事の続きで、ビリー・ジョエル Billy Joelのお薦めアルバムを紹介しておきます。僕のお薦めはちょっと変わってるかも・・・

【CD】ビリー・ジョエル/コールド・スプリング・ハーバー〜ピアノの詩人<2006/4/19>←CD-EXTRA仕様

まず、最もマイナーなアルバムを最も強力にプッシュしときます!!!ビリー・ジョエルのソロ・デビュー作「コールド・スプリング・ハーバー」です!

このアルバムはセールス的にはまったく成功せず、長らく廃盤になっていたものですが、ビリー・ジョエルの作った音楽の中で「最も美しい音楽」といってもいいでしょう。まず、ピアノや声の繊細さは、後年のビリーには無い美しさを持っています。そして、時に憂鬱な影を帯びる曲調は、まったく気取らない生身のビリー・ジョエルそのもの。若きビリー・ジョエルの魂がこもる渾身の一枚です。

【CD】ビリー・ジョエル/ニューヨーク52番街<2006/4/19>←CD-EXTRA仕様
さて、2枚目は大ヒットアルバム「ニューヨーク52番街」。最高潮のりのりの Billy Joel の作品。「ニューヨーク物語」「ストレンジャー」「ニューヨーク52番街」「グラスハウス」「ナイロンカーテン」と、この頃のビリーのアルバムはどれもこれも傑作アルバムですが、なかでも一番のお薦めがこれ。ジャズ・セッションも取り入れたサウンドやビリーの張りのきいた歌声など、ビリーの音楽の中でも最も渋くてかっこいい一枚。とくに4.「ザンジバル」は必聴!!(しかも、僕が洋楽に入ったきっかけとなった「マイ・ライフ(My life)」「オネスティ(Honesty)」も入ってる)

ビリー・ジョエル/ビリー・ザ・ベスト
えーと、最後はベスト盤です・・・。別に手を抜こうというわけではありません。ビリージョエルをはじめてきく人には最適の一枚です。2枚組みで名曲ぞろい、まったく息をつく間もない文句無し最強のベスト盤です。

ビリー・ジョエルのボックス・セット、堂々の発売!!

マイ・ライヴ←日本盤 【Rock/Pops:ヒ】ビリー・ジョエルBilly Joel / My Lives(CD) (Aポイント付)←アメリカ盤
My Lives←視聴もできます

こんなものを見つけてしまった。これ、誰の顔かわかりますか?
じつはこれ、最近アメリカで出た、ビリージョエルのBOX SETなんです。
こんなものが出てるなんて今日まで知らなかった・・・

Billy Joel は僕が洋楽を聞き始めるきっかけになった人。その後、僕もいろんな音楽を聴くようになったけど、いまだに敬愛するミュージシャンです。

このBOX SET「MY LIVES」は、日本のCMでも使われたこともある彼のヒット曲「My Life」とかけているのだろうと思いますが、「ライブ」音源がたくさん入ってることと、ビリーの音楽「人生」をすべて扱っているという意味も込められているのでしょう。

実際、これはほんまにすごいセットです。
これまで入手困難だった音源が山のように入ってるんです!!
ビリー・ジョエルがソロ活動をはじめる前の「The Lost Souls」「The Hassles」「Attila」の音源や、リリースされなかった曲やデモ音源、シングルのB面曲などなど・・・
マニアにとっては涙の出そうな、また初心者にとっても楽しめる最高のセットです。

曲目です!未発表曲のDemo音源、アルバム・バージョン完成前の別バージョンなどなど、本当にレアな音源満載です!!
Disk 1
1. マイ・ジャーニーズ・エンド (The Lost Souls 1965)、2. タイム・アンド・タイム・アゲイン (The Lost Souls 1965)、3. エヴリー・ステップ (The Hassles 1968)、4. ユー・ガット・ミー・ハミン (The Hassles 1968、サム&デイヴの曲)、5. アンプリファイアー・ファイアー (Attila 1970)、6. オンリー・ア・マン (Demo音源)、7. シーズ・ガット・ア・ウェイ、8. オイスター・ベイ (Demo音源)、9. ピアノ・マン (Demo音源)、10.ザ・ジークフリード・ライン (Demo音源)、11.ニュー・メキシコ (「Worse Comes to Worst」のDemo音源)、12.クロス・トゥ・ベアー (Demo音源)、13.マイアミ2017 (Demo音源)、14.ジーズ・ラインストーン・デイズ(「I Loved These Days」のDemo音源)、15.エヴリバディ・ハズ・ア・ドリーム、16.若死にするのは善人だけ(レゲエ・バージョン)、17.アンティル・ザ・ナイト、18.ザンジバル(ロング・バージョン)、19.ロックン・ロールが最高さ

Disk 2
20.キャプテン・ジャック(ライヴ)、21.エンド・オブ・ザ・ワールド(シングルB面「Elvis Presley Blvd」のDemo音源)、22.ザ・プライム・オブ・ユア・ライフ(「For the Longest Time」のDemo音源)、23.シーズ・ライト・オン・タイム、24.エルヴィス・プレスリー・ブールヴァード(シングルB面)、25.僕だけの秘密(シングルB面)、26.イノセント・マン、27.君はクリスティ(Demo音源)、28.イージー・マネー、29.そして今は・・・(Demo音源)、30.僕が泣く(ライヴ、ビートルズの曲)、31.キーピン・ザ・フェイス(ダンス・リミックス)、32.モダン・ウーマン、33.ベイビー・グランド(/w レイ・チャールズ)、34.ゲッティング・クローサー(別バージョン/w スティーブ・ウィンウッド)、35.ハウス・オブ・ブルー・ライト(シングルB面)、36.マネー・オア・ラヴ(Demo音源)、37.時代は変る(ライブ@コンツェルト、ボブ・ディランの曲)

Disk 3
38.ザ・ダウンイースター"アレクサ"、39.愛はイクストリーム(ライブ)、40.シャウト(ライブ、ヤンキースタジアム)、41.恋にしびれて(エルビス・プレスリーの曲)、42.ハートブレイク・ホテル(エルビス・プレスリーの曲)、43.星に願いを、44.イン・ア・センチメンタル・ムード、45.モーターサイクル・ソング(「All About Soul」のDemo音源)、46.リアル・バッド・タイム、47.ザ・リヴァー・オブ・ドリームス(別バージョン)、48.ア・ハード・デイズ・ナイト(ライブ、フロム・リヴァー・オブ・ドリームス、ビートルズの曲)、49.ライト・アズ・ザ・ブリーズ(レナード・コーエンの曲)、50.心のままに(ボブ・ディランの曲)、51.ヘイ・ガール(キャロル・キングらの曲)、52.ホワイ・シュッド・アイ・ウォーリー?(ディズニー映画「Oliver & Company」より)、53.ホエア・ワー・ユー(オン・アワ・ウェディング・デイ)、54.追憶のハイウェイ61(Demo音源、ボブ・ディランの曲)

Disk 4
55.ムーヴィン・アウト(ライブ、ミレニアム・コンサート)、56.ガラスのニューヨーク(ライブ w/エルトン・ジョン!)、57.ビッグ・ショット(ライブ、ミレニアム・コンサート)、58.ドント・ウォリー・ベイビー(ビーチ・ボーイズの曲、ブライアン・ウィルソン・トリビュート)、59.グッドナイト・サイゴン〜英雄たちの鎮魂歌(ベトナム復員軍人バージョン)、60.ロスアンジェルス紀行(ライブ@ソングズ・イン・ジ・アティック)、61.ニューヨークの想い(ライブ)、62.ソリロキー(別れのモノローグ)、63.ピアノのための組曲(スター・クロスド):恋人―64.シャーベット―65.妄想―66.エレジー、67.グラス・ハウス・プロモ・トーク(Hidden Track)

DISC5(DVD: The River Of Dreams Tourのフランクフルト公演)
(1)ノーマンズ・ランド (2)プレッシャー (3)さすらいのビリー・ザ・キッド (4)レニングラード  (5)アレンタウン (6)マイ・ライフ (7)愛はイクストリーム (8)見えないのは真実 (9)ザ・リヴァー・オブ・ドリームス (10)グッドナイト・サイゴン〜英雄達の鎮魂歌 (11)ハートにファイア (12)ア・ハード・デイズ・ナイト (13)ビッグ・ショット (14)ピアノ・マン