2016年10月23日

ボブ・ディラン氏は「無礼で傲慢」か

おもしろくなってきましたね。さすがボブ・ディラン。

ボブ・ディランにノーベル文学賞ということで、そう決定されただけでもおもしろいなと思っていたんですが、それに対して無反応を貫くボブ・ディラン。ノーベル賞という「権威」への抵抗ということか、その由来(ダイナマイト)への反発か。賞を与える側の「人間」たちは、そもそもディランに上から賞を与える立場にあると言えるのか? サルトルに続いて「受賞拒否」という事態になるかもしれず、目が離せません。

報道の方もかなり混乱してます。日本経済新聞は、ノーベル賞選考関係者がディラン氏は「無礼で傲慢」だと強く批判したと書いてる。一方、朝日新聞は、ノーベル賞選考関係者がディランへのリスペクトを失っていないような書き方。どちらが正しいのか。海外の報道を見ると、どうも朝日新聞のニュアンスが正しい。日経は共同通信の短い翻訳ニュースをそのまま使ってるんですね。共同通信、ダメですね。スウェーデン語からの翻訳の翻訳で報道しているので、難しいんでしょうけど。

スウェーデン語の上の記事、Google翻訳で英語にしたものを置いておきましょうか。
a.jpg
banner_04.gif
posted by muse at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443052225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック