2007年05月01日

カンフーとキョンシーの時代

僕が子どものころ、ジャッキー・チェンのカンフー物や、キョンシー映画がとてもはやっていました。こういう昔見た映画はなかなか再び見る機会がありませんが、YouTubeなどでは部分的に見ることができるんですよね。懐かしいです。

ジャッキー・チェン@ドランクモンキー酔拳

酔拳!やっぱりこの頃のジャッキー・チェンが好きです。ちょっとかわいげもあり、ユーモアも多くておもしろいです。あと、当時全然知りませんでしたが、日本語版の主題歌は四人囃子の演奏だったんですね。この曲もかっこいいです。カンフージョン(拳法混乱)って、カンフーとconfusion(混乱)をかけているってことでしょうか。


ジャッキー・チェン@カンニング・モンキー

これもおもしろかった作品。日本語版主題歌の「カンニング・モンキー」はSHYというグループの演奏のようですが、曲を作ったのはゴダイゴのタケカワユキヒデら。曲もかっこいいです。(ゴダイゴはキタキツネ物語でも予想外の再会をしました)
  ←東映版予告篇・主題歌集

キョンシー@幽幻道士

キョンシー・シリーズには「霊幻道士」というのもありましたが、こちらの「幽幻道士」はより子供向けのエンターテインメント作品といった感じ。たくさん子役がでてきますが、主役の女の子テンテンはすごい人気がありましたよね。道士のいろんな技にもワクワクしましたし、妖気を帯びたキャラクターの不思議な動きもすごく面白かった記憶があります。
  banner_04.gif b_03.gif

ところで、僕はなぜかブルース・リーの作品をちゃんと見たことがありません。カンフー物をよく見ていた当時にも、ブルース・リーはあまり放映してなかったんでしょうか。両親はたまに「ぶるーすりーがどうのこうの」という会話をしていたので、そういうアクション俳優がいるのは知ってましたが、僕はずっと「ブルー・スリー」だと思ってました(笑・・)。

Bruce Lee@ヌンチャク


ラベル:動画 YouTube 映画
posted by muse at 23:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 想い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
museさん、こんにちは〜☆

酔拳は、わたくし、日常的に使ってます・・・(爆)
お酒を飲むと格段に強くなってしまうワザ・・拳法ですよね??(^_^;)

>カンフージョン(拳法混乱)って、カンフーとconfusion(混乱)をかけているってことでしょうか。

ジャッキーってかなりウィットが利いてる知的なお人だったみたいですね・・(^_^)v

テンテンちゃん、可愛かったなぁ。。。
ビビアン・スーの前はテンテン在りき!!って・・・(爆)
Posted by ルル at 2007年05月02日 14:47
ルルさん、どうもありがとうございます。

あら、ルルさんは酔拳の使い手でしたか。女性版の酔拳ってなんだかいろいろフェティッシュ的ですね(笑・・)。

カンフージョンは日本版の主題歌ですが、元のにはないようなので、ジャッキー・チェンのウィットではないかもしれません。でも、このころのジャッキー・チェンの作品は(下品なものも多いですが)ネタが多くて楽しかったです。

ビビアン・スーも好きですよ〜。しかし、テンテンちゃん、今はどうしてるんでしょうね・・。
Posted by muse at 2007年05月06日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Memory Almost Full / ポール最新作「メモリーズ・オールモスト・フル」
Excerpt: Lightning label transference of Paul McCartney reported on a large scale. New label "Hear Music" was..
Weblog: 英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ]
Tracked: 2007-05-02 11:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。