2014年06月21日

ビリー・ジョエル、象牙使用に反対

ビリー・ジョエルが、ピアノの鍵盤のために象を殺すことに反対。象牙の鍵盤を好む人がまだいるけど、「音楽が死の道具であってはいけない。生命の祝福でなければならない」。

まったくその通りだと思う。それに、アフリカ象は絶滅の危機にある。ピアノや印鑑などのために、象一頭一頭の命だけでなく、種の生命が永遠に断たれてしまう恐れがある。

「Ebony & Ivory」を歌っているポール・マッカートニーとスティービー・ワンダーはどう反応するか。

banner_04.gif ロック&ポップス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック