2007年02月16日

JTを非難する理由は無い

昨日、神奈川県のネット・アンケートでJTが「喫煙規制の条例反対」の組織的な投票をしたことをかいた。

ネットを眺めているとJTや喫煙者を非難・罵倒するページが山のようにあって正直うんざり。

ちょっと意外に思われるかもしれないが、今回の報道でJTをそこまで非難できる理由はまだないと僕は思っている。むしろ、批判すべきなのは、問題に関心のある人間が投票できるようないい加減なシステムで「統計的な数値」を出そうとした神奈川県にある。

JTが組織的な投票をおこなったことだけでJTを非難することはできない。なぜなら、問題に関心のある人間が投票できるシステムだったのだから、問題に関心のある団体が組織的に動いて当然なのだ。嫌煙団体だって同じように組織的な投票をおこなっている(ネット上で投票を呼びかけるページも存在する)。お互いにかなり見苦しいのは確かだが・・。

JTの組織的な投票を「悪質」だと非難してよいかどうかは、その参加の仕方による。もし、一人の人間が大量に投票していたり、神奈川県民以外の人が大量に投票していれば問題だろう。また、社員や関係者に「反対」を強制したとすれば問題だ(強制されなくても、彼らはすすんで「反対」した可能性もあるが)。

しかし、現時点ではそのような情報はまだ明らかにはなっていないのだ。これらの事実が明らかにされれば、批判すればいいだろう。しかし、現時点ではJTを批判する理由は不充分だ。

banner_04.gif b_03.gif

(僕は喫煙者ではないし、受動喫煙もイヤ。でも、JTへの感情的な批判が巻き起こり、喫煙者への差別的発言や暴言まで起こるのはおかしいと思う。仮に健康への害が確かだとしても、「マイノリティの排除」を伴う議論なのだからもっと慎重に考えないといけない)

喫煙についての僕の考え
ラベル:禁煙
posted by muse at 13:24| Comment(26) | TrackBack(6) | 想い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本たばこ産業が組織的に自分の都合の良い方向に世論を誘導しようとしたこと自体が企業倫理の欠落だと思います。
禁煙問題がここまで問題になるのは、やはり喫煙の中毒性でしょうね。出物腫れ物ところ構わずと言いますが、喫煙欲求もところ構わず出てしまうのが問題なのです。他人の前でオナラをしないのが当然のマナーというのと、嫌がる人の前で煙草を吸わないのは当然のマナーというのは同じ意味合いでしょうに、何故か後者だけには強く反応する人がいますよね。
中毒性について日本たばこ産業はもっと警告を発するべきです。最初の一服を止めておけばよかったと思っている喫煙者は実に多いです。昔の私も含めて。(今は見事に禁煙成功。大のたばこ嫌いになれました。)
Posted by 元喫煙者の現非喫煙者 at 2007年02月18日 13:28
もう一方の記事のとこでも書いたけど喫煙者のマナーの向上は必要。

けど、この世の誰もが少しずつ他人に迷惑かけて生きてんだと思うよ。車の排気ガスもそう、赤ちゃんが泣くのもそう、ペットの声や匂いもそう、電車内でおしゃべりするのもそう。嫌だと思う人はきっといるよね。

でも、害があるから、嫌がる人がいるからって法的に排除するなんてのはおかしい。みんな互いに少しずつ迷惑かけあってるんだから、少しずつ許容しあわないと。

「JTの世論誘導」って、これはmuseさんの言ってるのがいまんとこ正論かなと思う。賛成派も反対派も押し寄せることができた状態の中で反対派が過半数までいっちゃっただけの話。むしろ参加者が少なすぎることが問題といえば問題。

ま、JTが「もっと悪質」なことしてた事実がでてきそうではある。。。でも同じ疑いは嫌煙団体にもかけられるからもう何とも言えないよ。インターネットのアンケートなんか信用できん。
Posted by 元喫煙者の現非喫煙者さんへ at 2007年02月18日 21:30
赤旗に詳しい票数の経緯が載っています

で、JT動員後の最後のたった2日間で
賛成/反対ともにそれ以前の一月弱の総票数に匹敵する票数が投票されました

これって仮に何もしていなかったら
嫌煙者だけに広く知られ最後に賛成票だけが倍増して終わったと言う図式ですよね

嫌煙者は自ら行っている捏造誘導煽動活動は棚に上げて
こういう時だけ世論の誘導だと論うダブルスタンダード
Posted by SadMan at 2007年02月18日 23:41
元喫煙者の現非喫煙者さん、どうもありがとうございます。

JTの世論誘導ということですが、投票したのがJTの社員だけだとしたら問題だと思いますけど、この問題に関心のある人に知らせて投票させることに問題があるとは思えません。それができるシステムだったので、賛成派と反対派の両方が競い合っていたわけですし。

嫌がる人の前でタバコを吸わないようにするというマナーは必要でしょうね。人がたくさんいるところで吸いたくなった場合に、外に出るなどが必要なこともあるでしょう。

でも、「公共の場での喫煙禁止」というのは、たとえば、そこにまったく嫌煙者がいない場合にもタバコを吸えなくしてしまうということですよね。これはちょっとやりすぎなのかなぁという気がします。むしろ、相手に気を使うという状況があった方が自然で、人間同士のコミュニケーションが保たれる気もするんですよね。

中毒性についての警告は、たしかにもっとすべきなのかもしれませんね。
Posted by muse at 2007年02月19日 19:18
元喫煙者の現非喫煙者さんへさん(笑)、どうもありがとうございます。

他人に迷惑をかけないようにとは思いつつも、周囲に無害の存在ではありえないんですよね。だから、ある程度までは許容しあわなければいけないのだというのはその通りだと思います。
Posted by muse at 2007年02月19日 19:43
SadManさん、どうもありがとうございます。

企業の倫理観としてどうなのかという点を批判したい人の気持ちもわからなくはないですが、現段階での情報からは、まだ「どのくらい非倫理的」といえるのかは、はっきりしてないと思うんですけどね。

関心のある人が投票するというアンケートだったのだから、JTが問題に関心を持ちそうな人に声かけしたとしても問題はない気がします。
Posted by muse at 2007年02月19日 19:56
> けど、この世の誰もが少しずつ他人に迷惑かけて生きてんだと思うよ。車の排気ガスもそう、赤ちゃんが泣くのもそう、ペットの声や匂いもそう、電車内でおしゃべりするのもそう。嫌だと思う人はきっといるよね。

> でも、害があるから、嫌がる人がいるからって法的に排除するなんてのはおかしい。みんな互いに少しずつ迷惑かけあってるんだから、少しずつ許容しあわないと。

まあ見事な十把一絡げ的な、論点の《スリ替え》による、原因結果の惑わしですね。
こういうきわめて開き直り的な論点の《スリ替え》…こういうサイトでたまに載ってるんだよね ゴホッ、ごほっ、ゴホッ

車の排気ガス、赤ちゃんの泣き声、ペットの声や匂い、電車内でおしゃべり・・・
それらと条例違反の喫煙や歩きタバコがまったく違うものだということがわからないか、
迷惑というあらゆる範囲のある抽象的なキーワードを使って意図的に同様に見せようとしている所に、巧妙な悪意を感じる。

[だれだって少しずつ迷惑かけてるんだから、タバコの加害行為も許容してほしいか!
-そんなこれ以上ないようなトンだ屁理屈が、タバコを少しずつなくしてよくなろうとしている社会に通用するわけないだろう!! ]

排ガス規制法という立派な法律、ちゃんとありますよ。鳴き声や吠え声等やおしゃべりなんか、尋常じゃなければ警察や管理者に苦情言えばいいだけ。
なんで害のある煙だけ、特別に野放しなの? その方がずっと理不尽でおかしいじゃん!

> …法的に排除するなんてのはおかしい。みんな互いに少しずつ迷惑かけあってるんだから、少しずつ許容しあわないと。

…なんて乱暴な最低の屁理屈だろうよ。
迷惑煙を浴びせられる正当な理由もそんなもの許容する義務も、どこにもないですよ。
迷惑煙を公共の場で不特定少数に浴びせる自由も権利も喫煙者にない。
その一点基本がわかってないから、こんなおかしな文句平気で言えるんだな。
-ホンとに呆れ返る。
Posted by 煙の被害者 at 2007年02月20日 11:06
その種の迷惑で人が何千人単位で死んでますか?

間接喫煙は、ちょびっとタバコをすわされた瞬間だけでは生涯死亡リスク10億分の一くらいだろうから関係はないだろう。
ただ、社会全体で数十年単位でみた場合、確実に
年々数千人づつ殺しています。
自動車や工場の排気ガスが規制されるように
タバコも規制されてほしい。大気汚染は
10万人に一人の健康被害を前提につくられているけれど、タバコの現状はその数十倍だ。

ギターの練習といっしょにすな!
Posted by __ at 2007年02月20日 15:25
煙の被害者さん、どうもありがとうございます。

喫煙をまったく野放しにしていいと言いたいわけではありませんよ。「条例違反の喫煙」を容認しましょうとも誰も言ってないと思います。

喫煙者も配慮する必要は絶対ありますし、すでにかなり配慮しながら喫煙している人もいます。さらなるマナーや意識の向上は必要でしょう。

でも、今回の神奈川県のアンケートは「公共の場での全面禁煙」を匂わせるかなり過激な内容を含んでおりながら、やり方があまりに杜撰だというのが問題だと思うんです。公共の場において「分煙」を進めることも一つのやり方なのに、その選択肢との比較もなされていません。かなり極端な条例に結び付けうる内容なのだから、もっと慎重にすべきだと僕は思っています。
Posted by muse at 2007年02月21日 12:43
受動喫煙を許容すべきだというのは言いすぎでしょうね。ただ、分煙やマナーの向上を進めることで、その害悪を最小限まで減らす努力はできるはずです。こういう努力が面倒くさいから「全面禁止にしちゃえ」というのは簡単ですが、僕はこれは乱暴な結論なのだと思います。「特定の公共の場所」といっても、時と場合でいろいろでしょうし。

「煙草も規制されてほしい」ということですが、すでにかなりの社会的な規制が進んでますよね?都市部の鉄道の駅では煙草を吸えるスペースは限られてますし、このルールはかなり守られるようになったと思います。また、電車内での違反喫煙もほぼ無くなりました。さらに条例で規制をかける必要性はそれほど高くないという気がしています。
Posted by muse at 2007年02月21日 13:05
えー、屁理屈ながらコメントさせて頂きます。
私(わたくし)はmuseさんの意見はすごく冷静な見方をされてて素晴らしいと思います。
「ギターの練習と一緒にすな!」とお書きになった方へ。
自動車や工場の排気ガスが規制されるようにタバコも昔に比べかなり規制されてます。あなたは車に乗らないのか?自給自足の生活でもされてるのか?タバコに対してそこまでおっしゃるのならそういう生活をなさって下さい。
「煙の被害者」さんへ。
自分の身は自分で守るという考えを持ってなければならない世の中になってきてます。喫煙場所には近づかないように回避なさって下さい。喫煙の自由を奪う権利もありません。
Posted by じゃっく at 2007年02月23日 22:59
よくすり替えだと言う人が居ますが
条件の異なる物に摩り替えているのはむしろ嫌煙者ですね

煙草がまったく規制されるべきじゃないとは言ってないのです

>排ガスだって規制されている
では排出の一切を禁止されたり
都市部への進入自体が規制されていますでしょうか
たばこは「全面禁止」されようとしているわけです

あと迷惑と健康被害を、一絡げに論じようとしている人が居ます

これは逆に被害が無いんだから迷惑かけても構わないとか
大した被害じゃないから迷惑かけるのは自由だ
というようにも聞こえます

迷惑だと言う事と健康面については分けて考えるべきですよ

でたとえば夜中の騒音は近所の安眠を妨げますから
健康被害がないとは言えないし
アメリカではオレイン酸を含む食用油の飲食店での使用が規制されました
世界的な死亡リスクでは高血圧や肥満、コレステロールなどの生活習慣にかかわるものが
煙草に匹敵もしくはそれ以上なのですよね

わたしは映画ISLANDのような健康管理されるのは嫌ですけどね
Posted by SadMan at 2007年02月24日 18:53
タバコが全面禁止とは初耳です。所持も使用も特段禁止されてませんが?またそのような動きがあるとも聞いておりません。むしろ喫煙所を設ける公共施設は増えておりませんでしょうか?他人に不快な思いを与えることなく安心して喫煙できる施設はむしろ増えているのではないのでしょうか。全面禁止とはいったい何を指しておられるのでしょうか。

食事が仮に煙草に匹敵もしくはそれ以上のリスクであろうと、それは別に不飽和脂肪酸単体によるリスクではなく、カロリーの過剰摂取等食習慣全体によるものでしょう。煙草は単体のリスクです。印象操作です。


Posted by mobanama at 2007年02月26日 23:52
じゃっくさん、どうもありがとうございます。

喫煙者と非喫煙者(嫌煙者)の共存というはなかなか難しいテーマです。おそらく、喫煙者の方が引くべき所はあるので、完全な「喫煙の自由」を謳歌することはできないのでしょうが、かといって嫌煙者が過度に喫煙者を排除してはいけないということでしょうね。
Posted by muse at 2007年02月27日 18:12
SadManさん、どうもありがとうございます。

健康被害の大きさという点ではタバコはよく研究されているのでここまで取り上げられるのでしょうけどね。ただ、最近は健康に対して過敏になりすぎるところがあります。あんまり神経質になるとかえって精神的ストレスで体を悪くするということも別記事でのコメント欄で指摘されていました。

嫌煙者が町中で見かける喫煙者には、マナーの悪い喫煙者が多いのかもしれません。マナーの良い喫煙者は見えづらいんですよね、きっと。でも、かといって感情的に公共の場から喫煙を締め出そうというのは、やはりやりすぎなのだと思います。
Posted by muse at 2007年02月27日 18:28
mobanamaさん、どうもありがとうございます。

たしかに、神奈川県は「全面禁煙」と明言はしていません。ただ、今回のアンケート(設問8:http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kenkou/gan/e-kananet/kitsuen_kisei.html)では「公共の場での全面禁煙」を強く匂わせています。これは「全面禁煙」への意見を聞いているものと考えていいのだと思います(この少しばかりあやふやなところが、神奈川県の厭らしさを表している気もします・・。結果次第で好きなように使えてしまう・・)。

ここはやはり、全面禁煙か、分煙か、まったく規制なしかの三択くらいで質問すべきだと思います。こういう聞き方をしなかったあたりから、神奈川県は実は感情的な嫌煙票を煽ろうとしたのではという疑いが生じてくるわけです。
Posted by muse at 2007年02月27日 18:39
SadMan氏が述べられているのは「公共の場での全面禁煙」でもなければ「全面禁煙」でもありません。
>たばこは「全面禁止」されようとしているわけです
と述べられておりますので、それが何を指しているのか問うております。

アンケート設問8を見ても、
>法律等によりレストランやショッピングセンターなどの公共の場所を全面禁煙にしている国もありますが、神奈川県で、受動喫煙を防止するために条例で特定の公共の場所の喫煙を規制することについてどのように考えますか。

とあり、あくまでも「公共の場所を全面禁煙」にする事の可否を述べており、例示としているのもレストランやショッピングセンターです。レストランについて言うならば、シガーバーを廃止しろとは主張しませんが、食事の場にシガーであれパイプであれ煙を持ち込むのは勘弁してほしいですね。実際習慣的に喫煙する方でも半数が食事の場では吸わないとおっしゃってますね。で、ショッピングセンターで吸う必要があるんですか?混雑して子供や妊産婦がいる場所では吸わないと答えている方が大半ですよ。

続く設問で、規制した方が良いと考える場所を具体的に聞いていますよね。いやらしいですか?まあ主観ですからね。
Posted by mobanama at 2007年02月27日 22:40
mobanamaさん、どうもありがとうございます。

アンケート結果というのは濫用できてしまうものなので、集計の仕方や問いの立て方にはもう少し気を使ってほしいというのが僕の意見です。神奈川県のやり方がいやらしく感じるのは、県知事への僕の不信感からきている部分もありますが・・。

それからSadManさんの「全面禁止」という言葉ですが、公共の場での全面禁煙という意味でおっしゃているのだと僕には思えますが。
Posted by muse at 2007年02月28日 12:46
神奈川県の事例は正に全面ではないですか?
路上が禁煙の場所も増えてきているのに屋内も禁煙にしたいわけです

もしそうなれば
>喫煙所を設ける公共施設
>安心して喫煙できる施設

ももちろん規制されるのですよ

そういう文脈を読まずに所持使用の一切が禁止されていないと反駁するのは
いささか浅薄ではありませんか?


映画では朝食にベーコンを注文した主人公が健康を理由に拒否されます
そういう部分まで規制することの是非を話しているのですから
リスクが単体かどうかは直接関係ないでしょう
事実オレイン酸が規制された出したのですから

単体リスクでなければ「慣習」として規制されかねないわけですから
「印象操作」などではありません
Posted by SadMan at 2007年03月04日 01:14
屋外で煙をちょびっと吸わされて怒る嫌煙者は
おかしい、大げさ。
まさにそのとおり。

では、
オレイン酸が規制された→超管理社会がくる

とさわぐのは、同類ではないのか??

批判の基準が自分自身に返ってくることに
無知すぎる。

疫学を否定する反嫌煙者は少なくない。
にも、かかわらず、そのとき必ず
「車の排気ガス」の健康被害と区別できないと
口に出す。
車の排気ガスの被害は疫学で算定しているので
ないのか???

批判の基準が自分に返ってくることに無知
すぎる。

反嫌煙論には見るべき部分はないわけではない。
公共政策が個人の生活に介入できる限度は
どこなのか、それを議論するのは重要だ。
だが、「実質的議論」「数字に基づく議論」を
しないといけない。

統計的命題を扱うことになるから、
論理的な反例一個上げても意味がない。
また、反例に統計的なものを利用するので
あれば、相手の議論が確率に基づくあいまいな
ものだと批判することも、おかしな話だ。

迷惑をかけてないのか、
オレイン酸は
自動車は

すべて、この類のおろかな反論としか
思えない。
この手の詭弁を弄する人は、実は
反嫌煙論の可能性を自ら狭めているし、
おそらく、ある種の禁煙本(名取・上杉
あるいは五月書房の古い本、または
室井や小谷野など)の受け売りをして
いるだけだろう。

筒井康隆氏は自己判断のできない、
大勢に流されるタイプの人間が嫌煙者の
ほとんどだ、と書いているが、同時に
同類が喫煙者にもいる(訴訟マニア)とも
書いている。
SadMan氏の受け売りの詭弁にそれを感じる。
Posted by ::: at 2007年03月05日 10:52
Museさま:

ね?SadManさんの主張は「タバコが全面禁止されようとしている」だったでしょう?

#実際のところ私自身はMuseさんの抑制のきいたコメントを拝見して、私の方が言葉尻を捉えた過剰反応だったかと反省もしていたのですが。



SadManさま:

>神奈川県の事例は正に全面ではないですか?
>路上が禁煙の場所も増えてきているのに屋内も禁煙にしたいわけです

『(公共の場所の)全面(禁煙=使用の禁止)』であって、これは『(付帯条件を除いた)全面(禁止)』とは別物でしょう。
やっておられることは印象操作のための恣意的な言い換えに過ぎません。

「路上や勝手なところで『立小便』せずに『トイレ』でしなさいよ」というのは、『小便』の全面禁止ですか?


>もしそうなれば
>>喫煙所を設ける公共施設
>>安心して喫煙できる施設
>
>ももちろん規制されるのですよ

喫煙所の設置も含めて規制されるとする根拠はなんでしょうか。アンケートにおいても「優先的に規制の対象とした方がよいと思う場所」の候補としてあげてい

るのは以下のようなものです。
-----
1.官公庁施設の窓口フロアー、会議室
2.集会場のロビー、会議室
3.病院の待合室
4.鉄道等の車内
5.駅、バスターミナルの待合室
6.金融機関の窓口フロアー
7.劇場のロビー
8.事務所の執務室
9.タクシーの車内
10.ホテル、旅館のロビー
11.ホテル、旅館の客室
12.飲食店の客席
13.学校、青少年施設など主な利用者が未成年者である場所
14.産科病院など主な利用者が妊産婦である場所
-----
このどこから喫煙所の設置も含めて禁止の方向にあると読み取れるのでしょうか。

>そういう文脈を読まずに所持使用の一切が禁止されていないと反駁するのは
>いささか浅薄ではありませんか?

さらには所持の禁止につながるような「文脈」はどこにありますでしょうか。

私にはあなたのおっしゃる「文脈」が煙草かわいやの被害妄想であるとしか思えません。違うとおっしゃるのであれば、具体的にご教示いただければうれしく思

えます。納得できれば、そういう現状を無視した過度の規制は好むところではありませんので、喜んで宗旨替えいたします。



>映画では朝食にベーコンを注文した主人公が健康を理由に拒否されます
>そういう部分まで規制することの是非を話しているのですから

で、タバコに関してそのような規制が行われようとしているという根拠は?(そういう主張をする人々がいることは存じ上げておりますので、その程度のことで

あれば繰り返していただく必要はございません。)その根拠が無い限り、「そういう部分にまで規制することの是非を話している」とは考えられません。私は立

小便がいまだ横行しているが小便はトイレでしろという話だと理解しています。



>リスクが単体かどうかは直接関係ないでしょう
>事実オレイン酸が規制された出したのですから

あなたの先の書き込みでは、オレイン酸の規制に言及した直後に

>世界的な死亡リスクでは高血圧や肥満、コレステロールなどの生活習慣にかかわるものが
>煙草に匹敵もしくはそれ以上なのですよね

と、イコールのように結びつけてかかれております。過度な一般化によるすり替えに過ぎません。で、私は映画は未見でしたので言及しませんでしたが、加えて

それが映画で見るように全面禁止に直結するかのように書いておられるわけです。以上を根拠に恣意的な印象操作だと断定させていただきました。
Posted by mobanama at 2007年03月05日 12:15
Museさま:

ね?SadManさんの主張は「タバコが全面禁止されようとしている」だったでしょう?

#実際のところ私自身はMuseさんの抑制のきいたコメントを拝見して、私の方が言葉尻を捉えた過剰反応だったかと反省もしていたのですが。



SadManさま:

>神奈川県の事例は正に全面ではないですか?
>路上が禁煙の場所も増えてきているのに屋内も禁煙にしたいわけです

『(公共の場所の)全面(禁煙=使用の禁止)』であって、これは『(付帯条件を除いた)全面(禁止)』とは別物でしょう。
やっておられることは印象操作のための恣意的な言い換えに過ぎません。

「路上や勝手なところで『立小便』せずに『トイレ』でしなさいよ」というのは、『小便』の全面禁止ですか?


>もしそうなれば
>>喫煙所を設ける公共施設
>>安心して喫煙できる施設
>
>ももちろん規制されるのですよ

喫煙所の設置も含めて規制されるとする根拠はなんでしょうか。アンケートにおいても「優先的に規制の対象とした方がよいと思う場所」の候補としてあげているのは以下のようなものです。
-----
1.官公庁施設の窓口フロアー、会議室
2.集会場のロビー、会議室
3.病院の待合室
4.鉄道等の車内
5.駅、バスターミナルの待合室
6.金融機関の窓口フロアー
7.劇場のロビー
8.事務所の執務室
9.タクシーの車内
10.ホテル、旅館のロビー
11.ホテル、旅館の客室
12.飲食店の客席
13.学校、青少年施設など主な利用者が未成年者である場所
14.産科病院など主な利用者が妊産婦である場所
-----
このどこから喫煙所の設置も含めて禁止の方向にあると読み取れるのでしょうか。

>そういう文脈を読まずに所持使用の一切が禁止されていないと反駁するのは
>いささか浅薄ではありませんか?

さらには所持の禁止につながるような「文脈」はどこにありますでしょうか。

私にはあなたのおっしゃる「文脈」が煙草かわいやの被害妄想であるとしか思えません。違うとおっしゃるのであれば、具体的にご教示いただければうれしく思います。納得できれば、そういう現状を無視した過度の規制は好むところではありませんので、喜んで宗旨替えいたします。



>映画では朝食にベーコンを注文した主人公が健康を理由に拒否されます
>そういう部分まで規制することの是非を話しているのですから

で、タバコに関してそのような規制が行われようとしているという根拠は?(そういう主張をする人々がいることは存じ上げておりますので、その程度のことであれば繰り返していただく必要はございません。)その根拠が無い限り、「そういう部分にまで規制することの是非を話している」とは考えられません。私は立小便がいまだ横行しているが小便はトイレでしろという話だと理解しています。



>リスクが単体かどうかは直接関係ないでしょう
>事実オレイン酸が規制された出したのですから

あなたの先の書き込みでは、オレイン酸の規制に言及した直後に

>世界的な死亡リスクでは高血圧や肥満、コレステロールなどの生活習慣にかかわるものが
>煙草に匹敵もしくはそれ以上なのですよね

と、イコールのように結びつけてかかれております。過度な一般化によるすり替えに過ぎません。で、私は映画は未見でしたので言及しませんでしたが、加えてそれが映画で見るように全面禁止に直結するかのように書いておられるわけです。以上を根拠に恣意的な印象操作だと断定させていただきました。

----
メモ帳で作成後に書き込んだのですが、メモ帳の方で勝手に改行が挿入されていたようです。見苦しいので、こちらを正とし、前のを削除していただけますでしょうか。
Posted by mobanama at 2007年03月05日 12:47
SadMan氏は
付帯条件以外は全面禁止

ある条件の範囲では全面禁止

の区別がないようです。

いっけん何気なくSadMan氏の書いている
「一切が禁止されない」「禁止される」の
意味がよくわからない。
所持する自由が制限されても、禁止されて
いなければ、一切が禁止されたわけではない。

収監中に喫煙を数年禁止された元服役囚の方が
基本的人権の侵害と訴えた古い裁判でも、
喫煙する権利は、体を動かしたり本を読んだり
する例示的な意味の基本的人権だが、
必要により規制されても仕方ないし、一時的に
あるいは特定の場所で規制されたから、直ちに
全面否定されるとはみなせない、と最高裁判例
がございます。

「全面」の意味が恣意的。
いや、もしかして、論理的に特異な思考を
する人なのかも。
愛煙家はナイーブな人が少なくないようですから、
タバコを愛するがゆえに詭弁を弄するのではなく、
詭弁にとらわれやすい人がタバコを愛する面が
否定できないと思う。
Posted by ::: at 2007年03月05日 15:34
SadManさん、mobanamaさん、:::さん、どうもありがとうございます。

今回の神奈川県の例は、タバコの所持や喫煙を全面禁止にするといった話ではないと思います。ただ、特定の公共機関から「喫煙所を無くす」という話は含まれていると思います。特定の場所であれ「全面禁煙」というからには喫煙所があってはおかしいでしょう(厳密に言うと、問8では外国での全面禁煙例について触れた後に「規制」の是非を問うているのですが、これは「全面禁煙」の是非を問うているものと考えていいでしょう)。

僕がこの件で違和感を持つのは、どうして分煙についての議論をせずに、特定の場所であれ「全面禁煙」の是非を問うのかということです。SadManさんはそこからさらに発展して、喫煙全廃に進む可能性を恐れてらっしゃるのだと思いますが、この件で問題とすべきなのは「分煙」についての議論の欠如だと思います。

問9で「優先的に規制の対象とした方がよいと思う場所」を聞いたりもしていますが、これも問8の流れで考えると「喫煙所なしの全面禁煙」についてである可能性が高いです。

しかも、「全面禁煙」について問うている問8と問9には「分煙」という言葉が書かれていません。これはまったくおかしなことだと思います。本来なら、「分煙」か「全面禁煙」かを秤にかけて考慮すべきだからです。比較考慮すべき点にわざと触れていないかのような印象すら持ちます。僕が神奈川県のやりかたを非難しているのは、かなり強引なことができそうな道を作っているように見えるからです。
Posted by muse at 2007年03月07日 13:29
誤読じゃないですか。アンケート中全面禁煙などという文言があるのは、問8の「諸外国では、法律等によりレストランやショッピングセンターなどの公共の場所を全面禁煙にしている国もありますが」というところのみ。続けて問うているのは、

>受動喫煙を防止するために条例で特定の公共の場所の喫煙を規制すること

です。なぜ「特定の公共の場所の喫煙を規制する」のが「全面禁煙」なんでしょうか。なんか勘違いされてません?


そもそも
>僕がこの件で違和感を持つのは、どうして分煙についての議論をせずに、特定の場所であれ「全面禁煙」の是非を問うのかということです。

「全面禁煙」を問いていないところをもってきて、それをさらに発展させていては…。
Posted by mobanama at 2007年03月21日 11:48
mobanamaさん、どうもありがとうございます。

もし全面禁煙について問うているのでないのなら、問8の「冒頭」で全面禁煙について触れるべきではないでしょう。まぁ、いずれにしても、神奈川県がいい加減な質問の作り方をしていることがまずは問題だと思います。
Posted by muse at 2007年03月22日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

JT・日本たばこ産業 禁煙反対の組織票 神奈川県
Excerpt: 神奈川県が、公共の場所を全面禁煙にする全国初となる条例の制定
Weblog: ネット社会、その光と闇を追うー
Tracked: 2007-02-16 13:54

JTを非難できる理由は無い??
Excerpt: Muse on Music.さんのブログで「JTを非難できる理由は無い」ということで例の神奈川県の組織票について語られています。 なるほど、と思える客観的な意見に共感出来るところも多々あるのです..
Weblog: たばこのあれこれ
Tracked: 2007-02-16 15:41

今朝のキーワード、その2…“禁煙反対”
Excerpt:  私が?…いえ、私じゃなくて日本たばこ産業がです。そりゃそうだ(^^;)  JT
Weblog: ものろ〜ぉぐ
Tracked: 2007-02-16 23:23

JTが「禁煙反対」の組織票
Excerpt: しゃあないところはあるんだけどねぇ。
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2007-02-17 00:41

JT、「禁煙反対」に社員動員
Excerpt: 悲しくなるJTの行動。そこまでやるかとあきれ果てます。 *********** JTが「禁煙反対」の組織票、ネットアンケに社員動員(読売新聞) - goo ニュース 2007年2月15日(木)0..
Weblog: 夢と希望と笑いと涙の英語塾
Tracked: 2007-02-17 13:45

JTが「禁煙反対」の組織票、ネットアンケに社員動員(読売新聞)
Excerpt: JTが「禁煙反対」の組織票、ネットアンケに社員動員(読売新聞) - goo ニュース 私は、愛煙家です。 しかし、非喫煙者の立場もわかります。 喫煙者のマナーの悪さ、禁煙箇所にて堂々とタバコを吸う..
Weblog: Ty’s25
Tracked: 2007-02-17 21:09