2007年01月18日

うまく歌うための方法

なにを隠そう、僕は歌がうまい(自分で言うなって・・)。カラオケに行くと、カルピスをたくさん飲んでしまって何度もトイレに行くことになるが、それはあまり関係ない。バンドでボーカルをやっている以上、自分の歌がうまいのを疑うまい。

・・えーと、駄洒落でした。すいません(笑)。まぁ、冗談はおいといて、歌が好きで、これまでずっと歌ってきたことはたしかです。そして、「ボーカルほど、習得するのに時間のかかる楽器は無い」ということを日々、痛感しています。

いろんなアマチュアのバンドを見ていてよく思うのは、一番下手くそなのはたいていボーカルだということです。ギターやドラムはそれなりに雰囲気を出せているのに、ボーカルがへろへろってバンドがとても多い・・。これは、歌を重視するリスナーが多いことを考えると、かなり悲惨な事実と言えるでしょう。ボーカルさえうまければ、もっと人気が出るだろうになぁ・・と思えるバンドもときどき見かけます。(プロのミュージシャンでも、うまいボーカリストは少ないですが・・)

どうして、こんなにボーカルだけが見劣りするのか、理由はいくつかあります。(1)まず、ボーカルは一番手っ取り早く始められるパートだと考える人が多いこと。楽器を買う必要はないし、とくに練習をしなくても「始める」ことができます。でも、これは大きな間違い。(2)ちゃんとした声を出せるようになるためには、じつは、かなり体を鍛える必要があります。そして、体を作るのにはとても時間がかかるのです・・。

つまり、いい声を出すためには体を鍛えなくてはいけないのに、それをやっていないボーカリストがかなり多い、ということが問題です。中には、「俺たちはギター・ポップだからボーカルはどうでもいい」とかいう理屈をこねる人もいますが、人前で歌うからには、それなりの準備をしてもいいのではないかと思うわけです・・。

で、何をどう鍛えるのかってことになりますが、基本はそんなに難しいことではありません。腹式呼吸をちゃんとやって、腹筋などを鍛えて、腹以外(あご・喉・肩など)の力は抜く。これだけのことでも案外すぐにはできません。時間がかかります。でも、これだけ気にしているだけでだいぶ変わるものです。基本はこれだけなので、教則本のたぐいはいらないのかもしれません。でも、僕は福島英という人の本を読んでました。


あともう一つ、よく勘違いされてることのように思いますが、「小さい歌声を出すのは大きい歌声を出すより難しい」です。体を鍛えればまず、それまでより大音量でよく通る声を出せるようになるはずです。でも「ささやく」ような歌い方や、ふっと力を抜いた色気のある歌声などはすぐにはできません。これらを安定して出せるようになるには、もっと体を鍛える必要があります。そして、これらができるようになると一気に表現力が豊かになるはず。

たとえば、スマッシング・パンプキンズビリー・コーガンなんかも、「小さい歌声」を絶妙に混ぜてるいい例でしょう。

スマッシング・パンプキンズ動画@『メロンコリーそして終りのない悲しみ』

YouTube スマッシング・パンプキンズ「ロケット」PV視聴!

 banner_04.gif b_03.gif

他に、「音痴」「音程」の問題もあります。これは率直に言って容易には克服できそうにありませんが、上記のように体を鍛えて楽に「安定」した声が出せるようになるだけでも改善される部分はあります。


posted by muse at 21:12| Comment(6) | TrackBack(2) | Smashing Pumpkins スマパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!ご訪問ありがとうございました。
私は、『メロンコリー〜』がきっかけで、いろんなジャンルの音楽を楽しめるようになった
ので、この作品の存在はとても大きいんです。
ボーカルをされてるんですね。私は歌うのがめっぽう苦手なので、素直にうらやましい
です(笑)
それではまた伺いますね。どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by fukumimi at 2007年01月19日 02:33
そうなんですよ!
腹式呼吸と背筋力が大事みたいですね。
私も歌は基本的に腹式なので、何時間歌ってもヘーキです。
あとは、もっと人生経験を積んで、表現力を身につけなければ・・・(笑)
Posted by Nob at 2007年01月19日 11:33
fukumimiさん、どうもありがとうございます。
僕も『メロンコリー〜』からスマパンに入って、そのあと聴く音楽の幅が広がりました。荒っぽい感じと美しい感じが同居しているというのに、当時はかなりびっくりしたんですよね。
今後もどうぞよろしくお願いします。
Posted by muse at 2007年01月19日 12:21
Nobさん、どうもありがとうございます〜。
腹式呼吸で腰のあたりに力が入るようにしておけば、のども痛めにくいですし、長持ちしますよね。あと、たしかに表現力をつけるには「人生経験」も必要ですね・・。これまた、大変なことです。
Posted by muse at 2007年01月19日 12:24
museさん、素晴らしいTBをありがとうございました。いつも波野井さんのサイトと同様に拝見しています。ぜひお互いにお気に入りリンクに入れて、今後もご交流頂けませんでしょうか?よろしくお願い致します。コメントでも頂戴できましたら、すぐにお気に入りにこのサイトを追加させて頂きます。よろしくお願い致します。
Posted by imagine-peace at 2007年01月20日 18:46
imagine-peaceさん、どうもありがとうございます。
最近、記事をアップするので精一杯で、お返事遅くなりました・・。相互リンクのご提案、どうもありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by muse at 2007年01月22日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

With Mr. Slowhand / スローハンドと共に
Excerpt: Acquaintance with Eric Clapton is really long. How many years would pass since I listened to "Layla"..
Weblog: 英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ Over the Sky : Bilingual Blog: Japanese Column ] ★(英会話喫茶・英語日記)
Tracked: 2007-01-20 00:09

スマッシング・パンプキンズ
Excerpt: NO.00087 スマッシング・パンプキンズのベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』 ハード・ロック?グランジ? スマパンの音楽をジャンル分けするとこんな感じになってしまうのは非常に雑で..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2007-05-28 01:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。