2006年09月25日

スティーブ・ジョーダン@ビリー・ジョエル

エリック・クラプトンの来日ツアーのバンド・メンバーが話題になっているようだ。デレク・トラックス(DEREK TRUCKS)、クリス・ステイントン(CHRIS STAINTON)、ドイル・ブラムホール?(DOYLE BRAMHALL II)、スティーヴ・ジョーダン(STEVE JORDAN)、ウィリー・ウィークス(WILLIE WEEKS)、ティム・カーモン(TIM CARMON)といった人の名が挙がっている。ただ、僕は正直言ってこれらの人についてあまり詳しくない。ただ一人、スティーブ・ジョーダンのドラムは聴いたことがあり、とても印象に残っている。

意外に思われるかもしれないが、スティーブ・ジョーダンの名を僕が知ったのは、ビリー・ジョエルのアルバムだ。現時点でのビリーのオリジナル・ポップス最新作『リヴァー・オブ・ドリームス(RIVER OF DREAMS)(1993年の作品)』で2曲、スティーブ・ジョーダンがドラムを叩いている。

一つ目の「Two Thousand Years(2千年もの果てに)」はピアノの弾き語りがベースとなっている曲だが、スティーブ・ジョーダンのドラムが入ることで非常にドラマティックな波が生じる。人間の歴史を振り返り、子供たちの未来を想うビリー・ジョエルの熱のこもった歌唱に圧倒される大曲。「ビリー・ザ・ライヴ〜ミレニアム・コンサート」では、2000年を迎える前の一曲としてこの曲が歌われている。

二つ目の「Famous Last Words(ラスト・ワーズ〜夢の幕引き〜)」は、アルバムの最後を飾る曲。今のところ、ビリー・ジョエルのポップス・オリジナルとしても「最後」の曲だ。何かから解放されたようなリラックスした雰囲気の中、遺言とも引退宣言とも取れる内容が歌われている(ように思う)。本当にビリーがこれを引退宣言のつもりで歌っていたかどうかはわからないが、この時のビリーは何かから解放されて楽になっていたのだろうという類推は、おそらく正しいのではないかと思う。スティーブ・ジョーダンのドラムが生み出す自然なグルーヴ感が心地よい。マイナーながら、僕が大好きな曲だ。

アルバム『リヴァー・オブ・ドリームス』は、もともとはビリー・ジョエル自身のプロデュースでおなじみのビリー・ジョエル・バンドの面々で録音された。しかし、出来がいまいちだったため、ダン・コーチマーをプロデューサーに迎え、スタジオ・ミュージシャンを起用して録音しなおしたという経緯がある。そのためか、ビリーの作品の中でもかなりの異色作だ。最盛期のビリーとは印象が異なるので、ファンの間でも好みが分かれるようだが、僕は大好きだ。自分のお金で買った初めてのCDだということもあるが、ビリーの全アルバムのベスト5には入る。

まず、しょっぱなの「No Man's Land」では、これがビリー・ジョエルかと思えるほどヘヴィーでハードなロック・サウンドにいきなり驚かされる。これまでにも『グラスハウス』や『ストーム・フロント』で痛快なロック・パフォーマンスを披露してきたビリーだが、本作はパフォーマンスではなく「本気のロック」という感じ。「Great Wall of China(万里の長城)」では、ヘヴィーなサウンドと同じ音をたどり続ける不穏なギター・アレンジにしびれる。サビのドラマチックな展開も素晴らしい。「Blonde over Blue」は、ふんだんに不協和音をまぜたシンセサイザーとタイトなドラムが斬新だ。「Shades of Grey(見えないのは真実)」は唯一ビリー・ジョエル・プロデュースの元バージョンが採用された曲。アルバム中で最もプリミティブで洗練度の低いナンバーだが、当時コンサートではよく取り上げられていた。「All about Soul(君が教えてくれるすべてのこと)」は、ビリー・ジョエルの他の曲とは比較のできない唯一無二の名曲。円熟した歌唱にただただ酔いしれる。「Lullabye - Goodnight, My Angel(眠りつく君へ)」は、ビリーの当時7歳だった娘アレクサ・レイ・ジョエルへの子守歌。彼女も歌手としていよいよデビュー間近だというから、僕も歳をとるわけだ(笑)。そして、アルバム・タイトル曲「The River of Dreams」は、アルバム中もっとも希望に満ちた、明るい曲だ。ビリーの曲の中で最もダンサブルな曲。

YouTube Billy Joel「All About Soul」視聴←映像は関係ありませんが・・笑

Sony MusicBox Billy Joel「The River of Dreams」←プロモーション・ビデオ!

リヴァー・オブ・ドリームス←『リヴァー・オブ・ドリームス』。ジャケットの絵は、ビリーの前妻クリスティ・ブリンクリーによるもの。
River of Dreams←アマゾン、激安。
この記事へのコメント
はじめまして。TBありがとうございます。
スティーブジョーダンもいろんなとこで演ってますね〜、ビリージョエルの作品でも叩いているとは知りませんでした。
これからもよろしくお願いします。
Posted by yu-shio at 2006年09月25日 23:04
TBありがとうございます。
ジョン・メイヤーのライブ(11月)とクラプトンのライブ(12月)で今年は2度も生スティーブ・ジョーダンを体験する予定。楽しみです。

ビリーのタイコも演奏してたのね・・後でリストに追加しておきます。
Posted by m2 at 2006年09月26日 00:32
yu-shioさん、どうもありがとうございます。
スティーブ・ジョーダン、本当にいろんなところで叩いているみたいですね。ビリー・ジョエルのアルバムで叩いているのは、あまり知られていないマニアックな情報のようですね・・。
今後もどうぞよろしくー。
Posted by muse at 2006年09月26日 12:37
m2さん、どうもありがとうございます。
ジョン・メイヤーの方もスティーブ・ジョーダンなんですね。短期間に2回も生で見れるというのもすごい・・。それにしても最近は続々と大物が来日で、嬉しい悲鳴状態ですね。
Posted by muse at 2006年09月26日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24408261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

9/27[Eric Clapton]Japan Tour 2006
Excerpt: 12/2の埼玉スーパーアリーナに向けて準備万端・・ではないです。 今からそんなにテンション上がると12月まで持ちません。 ヴォーン・ブラザーズと縁が深い、ドイル・ブラムホール。デュアン・オール..
Weblog: m2音楽の旅
Tracked: 2006-09-27 23:50

ビリー・ジョエル 12
Excerpt: NO.00357 ビリー・ジョエルのアルバム『RIVER OF DREAMS』 『RIVER OF DREAMS』が異常発生してます! とは言ってもどこの中古CD屋に行っても必ず置いてあ..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-10-11 13:10

リヴァー・オブ・ドリームス(紙ジャケット仕様)
Excerpt: 「リヴァー・オブ・ドリームス(紙ジャケット仕様)」へのトラックバックを受け付けました。
Weblog: amaseek.jp
Tracked: 2007-03-08 20:06