2006年05月14日

キース・リチャーズをもう一度

フィジーでココヤシの木から落下して大怪我を負ったローリング・ストーンズのキース・リチャーズ。その後、回復して退院したとか、脳手術をしたとか、事故の後遺症でもうギターは弾けないかもしれないとか・・・いろんな情報が流れている。最後の情報のとおりになってしまったらあまりにも悲しい・・・(これを否定する発表も出ているけれど、ともかくそうならないように祈っています)。今日は、キース・リチャーズのことを書いてみたい。

ストーンズの代名詞ともいえるリフ主体のギター・プレーも好きだが、キース・リチャーズのボーカル曲が僕は好きだ。ローリング・ストーンズのボーカルといえばミック・ジャガーだろうと思われるかもしれないが、キースのボーカルも味があって素晴らしい。キースにしか出せない味というのがあるのだ。ミック・ジャガーに勝るとも劣らぬ、アクの強い個性的なボーカルである。

メイン・ストリートのならず者』の「ハッピー」はキース・リチャーズのボーカル曲の代表だろう。昔のキースの曲にはキャッチーな曲が多い。『女たち』の「 ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン(before they make me run)」もキャッチーな曲だ。キースのかっこいいリフとちょっと変な声が楽しめる。『アンダーカヴァー』の「ワナ・ホールド・ユー(wanna hold you)」もキャッチーなラヴ・ソングで、とても癖になる曲だ。キースのボーカル・メロディが延々と頭の中で循環を続ける。
ローリング・ストーンズ/メイン・ストリートのならず者女たちアンダーカヴァー

ストーンズの最近の作品では、キースのボーカルに味が出てきてその素晴らしさが目立ってくる。『スティール・ホイールズ』の中では、僕はキースの「スリッピング・アウェイ(slipping away)」が圧倒的に一番好きだ。どこまでいっても不安定な感じが切々と歌われる名曲。サビの部分に殴りこんでくるミックの無粋なコーラスが邪魔だと思えるくらい、キースのボーカルが素晴らしい。『ストリップト』に入っているこの曲のライブ・バージョンもぞくぞくするような名演奏だ。こちらではミックも良い雰囲気のコーラスを添えている。『ヴードゥー・ラウンジ』でも「ザ・ワースト」、「スルー・アンド・スルー」でキースの素晴らしいボーカルが聴ける。「ザ・ワースト」もキースの代表曲だろう。俺はお前にとって最低の男だ・・・俺に近づくなって言ったろ・・・。キースの生の言葉だ。「スルー・アンド・スルー」は6分にもなる大曲。最初は渋く、そしてだんだんと盛り上がっていくあたりに興奮する。『ブリジズ・トゥ・バビロン』でもキースが光っている。僕は、このアルバムの中ではキースの「You don't have to mean it」と「How can I stop」が一番好きだ。「ユー・ドント・ハフ・トゥ・ミーン・イット」は、レゲエ・テイストのある軽いのりと、甘くやさしいキースのボーカルがとても気持ちいい。「ハウ・キャン・アイ・ストップ」は、キースが静かに静かに、しかし熱い想いを歌うというラヴ・ソング。この曲で聴けるような味のある歌唱はミック・ジャガーにはできない。キースがいかに素晴らしいボーカリストであるかがわかる。
スティール・ホイールズヴードゥー・ラウンジブリッジズ・トゥ・バビロン

The Rolling Stones『Happy』←ダウンロード購入+試聴可能!
The Rolling Stones『Before They Make Me Run』
The Rolling Stones『Wanna Hold You』
The Rolling Stones『Slipping Away』←『スティール・ホイールズ』
The Rolling Stones『Slipping Away』←『ストリップト』
The Rolling Stones『The Worst』
The Rolling Stones『Thru And Thru』
The Rolling Stones『You Don’t Have To Mean It』
The Rolling Stones『How Can I Stop』


posted by muse at 18:12| Comment(10) | TrackBack(10) | Rolling Stones ストーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも拝見させていただいてます。
キース心配ですよね。
またすぐカムバックくれることを祈るばかりです。
Posted by きんぴらごぼう at 2006年05月14日 19:33
はじめまして。トラバありがとうございました。
今回の来日ツアーでは、キース担当の2曲がいつも同じでちょっと寂しかったです。前回のForty Licksの時の、Thru and Thru もとてもよかったです。
The Television も好きです。Tom Verlaine のThe Grip of Loveも大好き!
Posted by とーこ at 2006年05月14日 22:05
きんぴらごぼうさん、どうもありがとうございます!
オフィシャルの発表を信じれば、もう安心しても良いのかもしれませんが、「頭」を打ったとなるとまだ心配ですね・・・。無事に復帰できますように。
Posted by muse at 2006年05月15日 12:58
とーこさん、どうもありがとうございますー。
おぉー、Forty Licksの時には「Thru and Thru」もやってたんですか。僕はどちらかというと最近のキース・ボーカルの曲が好きなんですが、今回のツアーでは少なめでしたね・・・。
Posted by muse at 2006年05月15日 13:07
 どうも、しばらくです。
 キース、どうやら(やっとこさ)退院できたみたですね。
 頭打っちゃってたみたいなんで心配でしたが。
 やれやれ。
 どうも、ここ最近のストーンズのアルバムは、キースの歌モノも、
 重要なウエイトを占めてるようです。
 (あんまし、ギターのこと触れられなくなってるような・・)
 確かに、あの雰囲気をド渋な歌声は、“枯れた美声”にも聴こえます。
 誰にも真似できません。
Posted by たか兄 at 2006年05月16日 13:01
たか兄さん、どうもありがとうございますー。
やっと退院はできたようなんですが、元気にまたステージに上がってくれるまでは、まだ安心できません・・・。
そうですね。キースのボーカルの味は、ミックだけではなくて、誰にもまねできない独特なものですね。よくもこんなに「濃い」ボーカルが二人も集まったもんです。
Posted by muse at 2006年05月16日 13:36
こんにちは。
TBいただいたのにお礼が遅れました、すいません…。
キースのボーカル曲、いいですよね〜!!
「ハッピー」みたいにロックな感じもいいですが、自分はフォーティーリックスの最後の曲、「Losing my touch」とかが好きです。
あの渋いバラードの声、あれに酔いました。(笑)
あと、「This place is empty」とかもいいですよね。

また日本にぜひきてもらいたいものです!
Posted by 級長 at 2006年07月12日 23:06
級長さん、どうもありがとうございます。
キースのボーカル曲は、本当にキースにしか出せない雰囲気というのを持ってるんですよね。
しかし、ちゃんと復活してくれたようで、よかったですね。一時は心配しましたから・・・。
Posted by muse at 2006年07月13日 12:24
HELLO!
Posted by mcハイジ at 2007年08月19日 02:39
mc ハイジさん、hello!!
どうもありがとうございます〜
Posted by muse at 2007年08月21日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

五月病、キース・リチャーズ、CDチェンジャー、睡眠読書
Excerpt: 五月病のようなものかもしれないが、筆が走らない。 ジョン・レノンの「リアル・ラブ」をギターで弾く。 キース・リチャーズの体調が気になる。演奏活動は無理、という報道もあるが。 ロック史上、重要な出来事で..
Weblog: discipline
Tracked: 2006-05-16 00:11

キース・リチャ−ズ
Excerpt: Happy 仕事の合間にスポーツ新聞ぐらいしか読まないが、キース・リチャ−ズぐらいの大物になると、芸能欄なんかに記事になって登場してくる。 例のやしの木転落事故以降、世界中がやきもきしているが、復..
Weblog: いまさら、のこのこチャート
Tracked: 2006-05-26 16:30

 祝・快気! Keith Richards ソロワーク特集 part?? オマケ音源(期日限定)付
Excerpt:         んにゃぁ??、カッコイイ。 さっき、ネットラジオの Last.fm で、 Little Walter の “Lovin' You All The Time ” って..
Weblog: “Mind Resolve”とぎれたものをつなぎあわせたい
Tracked: 2006-07-08 21:43

 2006年7月11日 Keith 始動、 Forever rolling stone !
Excerpt:         The Rolling Stones のキース・リチャーズという人物は どんな人なのか?  を知るために、何はともあれ、 ステージでギターを弾く姿を観るのが いちばんなんだけ..
Weblog: “Mind Resolve” 1966年、 Swiging London が栄えた時代に生まれた俺も40歳だとよ。笑わせるぜ。
Tracked: 2006-07-11 23:09

キース復活!!!!
Excerpt: ちょっと遅いニュースですが、キース回復ということで記事行きたいと思います。
Weblog: (ローリングストーンズやビートルズが好きな)級長のブログ!!
Tracked: 2006-07-13 18:02

キースの復活を祝うのである!
Excerpt: 「今日の仕事はつらかった あとは焼酎をあおるだけ 」by岡林な帰り道、カーラジオではタック・ハーシーがストーンズのツアー再開について語っていた。 タックさんのあの声で「ギブソンの335を持ってるキース..
Weblog: EBB TIDE ~ひき潮日記
Tracked: 2006-09-28 01:34

キース退院?
Excerpt:  ザ・ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズ氏がこんどこそ退院したようです。   http://music.yahoo.co.jp/music_news/d/2006050..
Weblog: ものぐさ日記
Tracked: 2006-10-04 18:05

ローリング・ストーンズ 8
Excerpt: NO.00742 ローリング・ストーンズのアルバム『スティール・ホイールズ』 “サー” このアルバムはド派手なアルバム発表の記者会見を見て、ロック・バンドが社会的に立派に地位を築いている..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2007-03-09 00:23

ザ・ローリングストーンズ『Steel Wheels』
Excerpt: The Rolling Stonesが1989年に放った、もう何枚目かもわからないアルバム『Steel Wheels(スティール・ホイールズ)』。 ロック野郎になって早数ヶ月、ストーンズが当ブロ..
Weblog: ROCK野郎のロックなブログ
Tracked: 2007-03-09 07:01

ローリング・ストーンズ 9
Excerpt: NO.00867 ローリング・ストーンズのアルバム『ブリッジ・トゥ・バビロン』 「俺は10回ストーンズ観に行ったぜ♪」 と、遥か昔に森高千里が“おじさん”をバカにしていました。 し..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2007-07-02 00:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。