2006年05月10日

トム・ヨークが語る宇宙人

さらに続けて宇宙音楽。レディオヘッド『OK コンピューター』の「サブタレイニアン・ホームシック・エイリアン(Subterranean Homesick Alien)」には、他の星から来た宇宙人が登場する。以前にも少し触れたように、『OK コンピューター』には、なんとなくおそろしい曲がいくつか入っているのだが、この曲もちょっぴりおそろしいけれどとても美しい、僕の大好きな曲だ。
レディオヘッド/OKコンピューター
OK Computer←視聴はこちらから!

まず曲の冒頭に、故郷の家族に見せるために地球の様子をビデオ撮影している宇宙人たちが登場する。彼らが見た地球の人々はみな疲れ、自分の心を閉ざし、いらいらしている。ここからトム・ヨークは、さらに深く妄想の世界に突入する。彼は宇宙人の美しい宇宙船に乗って、彼らの星に連れて行ってもらう。トムはそこで人生の意味を悟り、地球に戻ってそれを地球の友人に語るが、誰も信じてくれない・・・。結局、トム自身も自分の心を閉ざし、いらいらしながら生きていく・・・。

例によって、僕の好きな曲に限ってあまり評判を聞かないのだけれど、この曲はサウンド面でも実に素晴らしい作品だ。トレモロやディレイのきいたエレキ・ピアノがふわふわとした独特の浮遊感を生み出し、宇宙船のような不思議な光沢を持つギター・サウンドが神秘的な味を添える。下降フレーズときらきらとした神々しいギターによるサビの高揚感もすばらしい。それから、どこへ行っても果てしなく存在する憂鬱さ。楽曲、サウンド、歌詞の世界観、すべてにおいて深みを感じる。

ちなみに、この曲のタイトルはボブ・ディランの「サブタレイニアン・ホームシック・ブルース」からとられたものだ。こちらの曲はかなり過激なロック・ソング。元祖ラップだとも言えるかもしれない。それまで「フォーク」だったボブ・ディランがいきなり過激なことをはじめたので、当時のファンの中には激しく怒り狂った者も多いという問題の作品だ。僕の感覚から言えば、単一の音を叫び続けるボブ・ディランのボーカルが刺激的でものすごくかっこいい。
【Rock/Pops:ホ】 ボブ・ディランBob Dylan / Bringing It All Back Home (CD) (Aポイント付)←収録アルバム 【CD】ボブ・ディラン/エッセンシャル・ボブ・ディラン<2003/5/21>←ベスト盤
最近、ボブ・ディランの映画『ノー・ディレクション・ホーム』もやっていましたが、皆さんご覧になりましたか?でもこれ、もう終わっちゃったんですね・・・。見のがした・・・。
ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム/ボブ・ディラン 【CD】ボブ・ディラン/ノー・ディレクション・ホーム:ザ・サウンドトラック(ブートレグ・シリ...←『ノー・ディレクション・ホーム』
The Bootleg Series, Vol. 7: No Direction Home - The Soundtrack←視聴!
posted by muse at 13:13| Comment(6) | TrackBack(5) | Radiohead レディオヘッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして、TBありがとうございました。
>結局、トム自身も自分の心を閉ざし、いらいらしながら生きていく…。
 ホント、『Meeting people is easy』とか見てるとそんなカンジがしますね。
 ちなみに私も『ノー・ディレクション・ホーム』は、見逃しました…。
Posted by 九月 at 2006年05月10日 21:00
九月さん、どうもありがとうございます。
トム・ヨークの表情がとても重くなっていくのもこの頃からでしょうか。『OKコンピューター』がなんとなく恐ろしいのは、トムの心の針がどこかに振り切れているような感じがするからなんですよね。だからこそすごい作品なのだと思いますが。
Posted by muse at 2006年05月11日 12:26
コメントを頂き、ありがとうございました!
私も「Radio Head」好きです。特に「ok computer」のあの「宇宙」のような音にはビリビリっとなります!
そして彼自身の気持ちや思いをあのような音源に載せて伝えられることがうらやましいです。
Posted by あすか at 2006年11月27日 19:46
あすかさん、どうもありがとうございます!
おぉーレディオヘッドお好きなんですか。「ok コンピューター」の空気はたしかに「サブタレイニアン」に限らず、宇宙っぽさはありますね。「エアーバッグ」も「ノーサプライゼズ」も。おそろしさ・冷たさ・孤独という感じが出てますよね。
Posted by muse at 2006年11月27日 20:19
はい、シアトルの短大に留学中にハマりました。
hiphopやtrance、technoが好きですが、それよりも女性フォーク(Jewel、Jem)や女性UKhiphop(Grime/Grage)特にShystie、Lady Sovereignが好きです。ロックももちろん好きです!hoobastank、puddle of mud, colplay,incubusなどなど。それにBestie BoysやFatboyslimも好きですね。
ソウル系?のSharleneも!
Posted by あすか at 2006年11月29日 04:28
あすかさん、どうもありがとうございます。
かなりの音楽好きのようですね。僕の好み(というか聴いてきた音楽)はかなり偏ってるのですが、もっといろいろ聴いてみたいなとは思っています。
Posted by muse at 2006年11月29日 12:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画『ノー・ディレクション・ホーム』(第二部)
Excerpt: 第一部のラストは駆け足で1966年まで紹介されました。アメリカでは二夜に渡り放映されたので、第二部の予告編的な意味合いがあったかもしれません。だから第二部は1966年の英欧ツアーからはじまり、時間を..
Weblog: letter from home
Tracked: 2006-05-10 20:07

Like a Rolling Stone
Excerpt: 2月5日のBEST HIT USAのタイムマシンのコーナーで、20年前の198
Weblog: 「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所
Tracked: 2006-05-12 04:48

レディオヘッド『OK Computer』
Excerpt: 告白します!僕は留学してましたが、英語はわかりません! でも言い訳するわけではないですが、歌の意味なんて誰がわかるんでしょうか? 邦楽のコンセプト・アルバムとして評価が高いミスチルの『深海』(古ぅ..
Weblog: ROCK野郎のロックなブログ
Tracked: 2007-03-13 12:37

ボブ・ディランがメッセージを送ってくれる!
Excerpt: BARKSにこんなのが載っていたので、早速やってみました。 ↓ ボブ・ディランが、好きなメッセージを送ってくれる! これは、ボブ・ディランの名曲「サブタレイニアン・ホームシック・ブルース」のミュージ..
Weblog: Muse on Music.
Tracked: 2007-09-26 01:37

レディオヘッド 7
Excerpt: NO.01402 レディオヘッドのサードアルバム『OK コンピューター』(1997年) 「なぁ、嘘だろ?」 「みんなでOZZYをからかってるんだろ?」 「だって、これが名盤の訳ないじゃ..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2009-11-13 07:22