2006年05月08日

宇宙音楽を続けます

前回の記事で少し触れたデヴィッド・ボウイ「スペース・オッディティ」エルトン・ジョン「ロケット・マン」ですが、どちらも大好きな曲なのであらためてご紹介です。

どちらも孤独・別れの象徴として宇宙への旅を描いた歌詞がまず素晴らしい。サウンドはピンク・フロイドの「Astronomy Domine」に比べると「宇宙色」は薄いが、作品としての完成度は素晴らしく高い名曲だ。

スペイス・オディティ  デヴィッド・ボウイ/BEST OF BOWIE←ベストDVD
    Space Oddity←「スペイス・オディティ」の試聴はこちら

デヴィッド・ボウイの「スペース・オッディティ」はトムという名の宇宙飛行士が主人公。トムは宇宙空間に飛び出した後、自分の無力さに絶望して自ら地球との交信を絶ち、孤独の宇宙空間へと漂流する・・・。まぁ、いろんな読み方ができると思うけれど、ともかく妙にクールな雰囲気とあいまって、深みを感じる詞である。基本はアコースティック調でありながら、宇宙での浮遊感がサウンド全体で表現されているのもとても気持ちいい。地上の宇宙局からの交信メッセージ「Can you hear me...」と、飛行士の孤独な情景をえがくパート「here...」が、同音異義語を共有することで、映画の場面が変わるようにつながっていくあたりもとてもかっこいい。この曲が発表されたのは、映画『2001年宇宙の旅』やアポロ11号の月面着陸によって人々の宇宙への関心が高まっていた頃で、デヴィッド・ボウイ初の大ヒットとなった。

ホンキー・シャトー+1←ホンキー・シャトー ユア・ソング〜エルトン・ジョン・グレイテスト・ヒッツ←ベスト盤
    Honky Chateau←「ホンキー・シャトー」の試聴はこちら

エルトン・ジョンの「ロケット・マン」の方は、ペダル・スティールでロケットの上昇などを表現しているくらいで、宇宙のイメージはそれほどサウンドには入っていない。しかし、予想外の自由な飛び方をするエルトン・ジョンのボーカル・メロディは、ある意味、宇宙的といえるかもしれない。エルトン・ジョン初期の作品で、バーニー・トゥーピンの歌詞とエルトン・ジョンの美しいメロディが最高にマッチしていたころの曲だ。

宇宙をテーマにした音楽ってもっとありそうだけど、また思いついたら書きます。

banner_04.gif b_03.gif
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

宇宙をテーマにした音楽といえば、The beatlesのAcross The Universeなんかも宇宙の空間の広がりが感じられて好きです。
Posted by みかん at 2006年05月08日 20:19
みかんさん、どうもこんにちは。
そうでした!灯台下暗し(笑)。ビートルズは忘れてました。宗教的というか、かなり神秘的な雰囲気を持った曲ですよね。どうもありがとうございました。
ちなみに、「オウム」が分裂したそうですが、あまり関係ありませんね・・・。
Posted by muse at 2006年05月08日 20:31
こんばんは、実はTBいただいたBLOGは、前のBLOGでして今、IRON ROSARYでやっています。TBしましたので、よろしくお願い致します。
Posted by evergreen at 2006年05月08日 21:21
evergreenさん、どうもありがとうございました。
これは失礼いたしました。新しい方にもあらためてTBさせていただきました。evergreenさん、なかなかのマニアですね。これからもよろしくお願いしますー。
Posted by muse at 2006年05月09日 12:32
宇宙と言えば、ホルスト「惑星」。
アポロと言えば、ポルノグラフティ「アポロ」。
すみません、ロックの話ですよね(笑)
立花隆著「宇宙からの帰還」、この本、お薦めです♪
面白いですよ!
Posted by Nob at 2006年05月09日 18:30
こんにちは。
宇宙と言われてボストンの「幻想飛行」はありでしょうか?…自分のブログでは「ドント・ルック・バック」を取り上げてしまいましたが^^ゞ
「スペース・オデティ」は最高ですよね。ただトム大佐については、アルバム「スケアリー・モンスターズ」の「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」で実は…と暴露しています
Posted by shige at 2006年05月10日 09:46
Nobさん、どうもありがとうございますー。
おぉ、ホルストと言えば、平原綾香もジュピターを歌ってましたね。
そういえば、だいぶ前に立花隆は宇宙関係の番組もやってましたね。宇宙では「無重力セックス」ができるかとかなんとか・・・そういう話だけなぜか覚えてます・・・。
Posted by muse at 2006年05月10日 13:38
shigeさん、どうもありがとうございます〜。
自分の曲に別解釈を与えるというのは、なかなかおもしろいですよね。かと言って、単一の解釈におさめようという意図はボウイには無いと思っていますが。
ボストン「幻想飛行」・・・は、聞いたことがありませんでした。うーん、まだまだですな・・・。
Posted by muse at 2006年05月10日 13:45
はじめまして♪TBありがとうございました!
ボウイのスペースオディティ、すごく好きです♪
エルトンのホンキーシャトーはまだ聴いたことないので
ますます聴きたくなってきました(^^)
宇宙モノのロックって他に何がありますかね…
真っ先に思いつく邦題は「宇宙のファンタジー」なんですけど…(^^ゞ
ぜんぜん宇宙っぽくないですよねw
Posted by もりたん at 2006年05月27日 23:03
もりたんさん、どうもありがとうございます!
スペース・オディティ、僕もカラオケで歌いたいほど好きなんですが、低すぎて声が出ません・・・。
「宇宙のファンタジー」!
そういえばこれも宇宙ってついてましたね。でも、邦題には宇宙がついていますが、もとの歌詞にはついてませんね・・・。原題も「fantasy」だけですし。宇宙の歌ではないのかもしれません・・・。
Posted by muse at 2006年05月28日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

David Bowie
Excerpt:  やはり好きです、デヴィッド・ボウイ。アレコレと有名盤はありますが、それらについてはまあそのうち書くとして、今日は1967年のデビュー・アルバム『David Bowie』を聴いています。そんな気分なの..
Weblog: KELOG - blog the frog's music
Tracked: 2006-05-08 20:33

Space Oddity / DAVID BOWIE /1968
Excerpt: Space Oddity ディスカバリー号の野口さんの姿が、連日マスコミをにぎわせている。今やいとも簡単(?)に、宇宙の様子が伝えられてしまう。それにしても、野口さんはニコニコ笑顔だ。可愛い!!..
Weblog: Iron Rosary
Tracked: 2006-05-08 21:17

デビッド・ボウイPart2
Excerpt: さて、ボウイの曲でどこから始めればより良いボウイファンとなるか(笑)、私的趣味に基づいて勧めていきたい。
Weblog: 「洋楽と美味しい水」のshigeland
Tracked: 2006-05-10 09:47

エルトン・ジョン
Excerpt: NO.00268 エルトン・ジョンの2枚組ベストアルバム『ベリー・ベスト・オブ〜』 拝啓 エルトン様。 あなたは間違い無く今世紀最高のメロディメーカーの1人です。 それはこのアルバムの..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-05-13 00:13

デヴィッド・ボウイ 「スペース・オディティ」
Excerpt: 今日のジャケ画は David Bowie 「Space Oddity」 デヴィッド・ボウイ、メジャー・デヴュー後 通算2枚目となる作品です。 レーベル会社フィリップスに移籍後、69年に発売..
Weblog: 昔の洋楽が好きなのでつ(^^)
Tracked: 2006-05-27 22:53

スペース・オディティ
Excerpt:  デヴィッド・ボウイのカテゴリ、ひっそりと作りました。先日、前に書いた記事にもりたんさんよりTBいただきまして、それきっかけでちょっとボウイのモードになってきましたもので。で、いろいろひっぱりだして夜..
Weblog: KELOG - blog the frog's music
Tracked: 2006-06-17 15:54

デビッド・ボウイ 5
Excerpt: NO.00612 デビッド・ボウイのアルバム『スペイス・オディティ』 クーピーを覚えてますか? クレヨンが発展した様な色鉛筆の事なのですが、実はこのクーピーが小学生の頃に大変な“貧富の差..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-12-26 13:20

《紙ジャケ》デヴィッド・ボウイ 第2弾《Papersleeve》
Excerpt: 2007/2/07予定 デヴィッド・ボウイ(David Bowie) ■ダイアモンドの犬(紙ジャケット仕様) ■ヤング・アメリカンズ(紙ジャケット仕様) ■ステイション・トゥ・ステイショ..
Weblog: Cottonwoodhill 別別館
Tracked: 2007-01-06 01:18

★デヴィッド・ボウイ初の紙ジャケCD
Excerpt: デビッド・ボウイ紙ジャケットCDのリリースがはじまっています。 ボウイの紙ジャケット仕様は初のこことみとで世界同時発売。 レコード初回プレス限定のコーテイングを再現したり(「ヒーローズ」他) ファンク..
Weblog: cafarde雑記帳*
Tracked: 2007-01-21 20:31