2006年05月07日

ピンク・フロイド『夜明けの口笛吹き』

夜明けの口笛吹き』、ピンク・フロイドのデビュー・アルバムだ。ただ、この頃のピンク・フロイドはその後のピンク・フロイドとは別のバンドと考えた方がいいかもしれない。メンバーは、ロジャー・ウォーターズ(ベース)、リチャード・ライト(キーボード)、ニック・メイスン(ドラム)とシド・バレット(ギター・ボーカル)の4人で、バンドの中心人物はシド・バレットだった(デイヴィッド・ギルモアは未加入)。
夜明けの口笛吹き←通常盤 ←40周年記念盤

この作品がピンク・フロイドの最高傑作だというと、正統派のファンに怒られるだろうか?しかし、おもしろさはずば抜けていると僕は思う。シド・バレットという人物は本当にものすごい音楽家だと思う。彼の斬新な音楽性が無ければ、その後のピンク・フロイドが飛翔することはできなかっただろう。しかし、シド自身は音楽業界になじめず、精神を病んで麻薬におぼれ、セカンド・アルバム制作中にグループを脱退する。

この作品はかつて『サイケデリックの新鋭』という邦題をつけられていたそうだが、この作品はプログレでは無くサイケデリックだ。まず、宇宙空間を描いた神秘的なサウンドがスリリングな「天の支配(Astronomy Domine)」。宇宙の曲と言えば、デヴィッド・ボウイの「スペイス・オディティ」やエルトン・ジョンの「ロケット・マン」なども思い出すが、「別世界感」はピンク・フロイドのこの曲が圧倒的だ。こういう宇宙空間のイメージには、ある意味でレトロな雰囲気も感じるのではあるが、実験的なアプローチがとても刺激的でおもしろい。「マチルダ・マザー(Matilda Mother)」はかなりヤバイ曲だ。危険な曲だ。妙な空気感、サイケ調の妙なコーラス・・・頭の中のねじのねじれを優しくねじられている感じが気持ちいい。「お母さん、もっと(oh mother, tell me more)」と言いたくなる。後半では、エキゾチックなギター・ソロが色の付いた煙を巻き上げる。「フレイミング(Flaming)」もヤバイ。やばすぎる。やばくて、気持ちがいい。やばいのは僕の方かもしれないとも思う。実験的なのだが懐かしくもある、不思議な曲だ。「星空のドライブ(Interstellar Overdrive)」、これも妖しいギターがかなりやばいインスト・ナンバー。「バイク(Bike)」は遊び心あふれるユーモラスなポップ・ソング。この曲に限らないことだが、この作品の実験的アプローチにはどこか子供心をくすぐる要素がたくさん含まれている気がする。

この作品を録音していた隣のスタジオでは、ビートルズが『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を録音していたという。ピンク・フロイドの録音をのぞきに来たポール・マッカートニーは、彼らのサウンドの斬新さに非常に驚いたという。

banner_04.gif←ロック&ポップス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17500772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PINK FLOYD:THE PIPER AT THE GATES OF DAWN
Excerpt: やっぱりこれは紛れも無い傑作だ。フロイド
Weblog: 美響乱
Tracked: 2006-05-08 06:23

ピンク・フロイド 「夜明けの口笛吹き」
Excerpt: 今日のジャケ画は、 Pink Floyd 「The Piper At Gates Of Dawn」 邦題「夜明けの口笛吹き」です。 鬱々とした混沌、妖しい幻覚w、 日常から逸脱しま..
Weblog: 昔の洋楽が好きなのでつ(^^)
Tracked: 2006-05-08 23:04

Pink Floyd (ピンク・フロイド)
Excerpt: Piper at Gates of DawnPink Floyd Capitol 1990-10-25売り上げランキング : 35,012おすすめ平均 Amazonで試聴する The Piper ..
Weblog: School of Rock - FC2 annex
Tracked: 2006-05-08 23:52

The Dark Side of the Moon/PINK FLOYD (ピンク・フロイド)
Excerpt: The Dark Side of the MoonPink Floyd[ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  驚異的なロング・セールスを誇る、ロック史上最大..
Weblog: OOH LA LA - my favorite songs
Tracked: 2006-05-14 23:30

アーノルド・レーン
Excerpt: 最近、私は初期のピンク・フロイドの作品を聴きかえしている。 特にデビュー・アルバム「THE PIPER AT THE GATES OF DAWN」を聴いている。 この「夜明けの口笛吹き」という邦題..
Weblog: ROCK ANTHOLOGY BLOG
Tracked: 2006-06-22 22:34

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド -ビートルズ-
Excerpt: ビートルズ中期の傑作。ロック氏を語る上でも欠かせない記念碑的なアルバムです。
Weblog: 音楽無料試聴サイトMOVA
Tracked: 2006-06-24 21:41

ピンク・フロイド 3
Excerpt: NO.00345 ピンク・フロイドのデビューアルバム『夜明けの口笛吹き』 何と表現すれば良いのでしょうか。 このロック界のモンスター・バンドのデビューアルバムを。 “サイケ”“不思議”..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-08-24 13:40

ピンクフロイド『夜明けの口笛吹き』
Excerpt: Pink Floydの1stアルバム『The Piper at the Gates of Dawn(邦題:夜明けの口笛吹き)』。1967年発表。 たぶん今まで聴いたレコードの中では、最も分かりや..
Weblog: ROCK野郎のロックなブログ
Tracked: 2007-02-28 09:04

シド・バレット 狂気の果てに
Excerpt: 亡くなって伝説になったロック・ミュージシャンは多数いますが、 シド・バレットの場合は生きたまま伝説になってしまいました。
Weblog: ブリティッシュ・ロック ブログ ブリティッシュ愛
Tracked: 2009-03-11 07:21