2006年04月26日

病院の恐怖音楽〜モーツァルト効果

先日またまた歯医者に行ったときのこと。今度は待合室でシューベルトの「魔王」がかかってました。恐い・・・。恐すぎる・・・。これから緊張の虫歯治療というときに、こんな恐い曲をかけるのはやめて欲しい・・・。
【音楽CD】《シューベルト:歌曲集》←歯も痛みます・・・(笑)

ロックにもどことなく恐ろしい雰囲気を持った音楽というのはあります。先日ご紹介したビリー・ジョエルの「サプライズ」もそうですし、レディオヘッドの最近の作品にも恐ろしげな曲がいくつかあります。
レディオヘッド/OKコンピューターレディオヘッド/キッド A レディオヘッド/ヘイル・トゥ・ザ・シーフ

でも、「魔王」の恐さはストレートです。この曲には、魔王、父親、死にかけている子供という3人の登場人物が順番にあらわれます。子供を死の世界へと誘おうとする魔王。父親の助けを求めて叫ぶ息子。子をなだめながら馬車をあやつり、魔王から必死に逃れようとする父親。・・・ともかく恐い。この曲が好きなのかと聞かれたら答えに困ってしまうけれど、すごい曲であることは間違いないでしょう。

それにしても、どうしてこんなに恐い曲をシューベルトは作ったんでしょうか??今で言えば、ホラー映画みたいなものなのでしょうか?
恐怖音楽←こんなんもありました。

ところで、肉体的な痛みを和らげる音楽ってあるのかなぁと思って調べてみると、いろんな人が「モーツァルトが良い」って書いてますね。生誕250周年ということもあるのか知りませんが、最近なんでもかんでもモーツァルトだという感じ?まぁ、好きだから良いんですけど。心理学でも「モーツァルト効果」なんていう言葉があったりしますが、最近はいろんなものに「モーツァルト効果」があると言われだしてます。
amadeus.jpgア・カペラ・アマデウス/スウィングル・シンガーズ
僕もモーツァルトは大好きですが、一番のお薦めはこれ!!  ↑


posted by muse at 13:29| Comment(12) | TrackBack(7) | クラシック&ワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じつは私、歯医者で爆睡の常習犯
「魔王」は怖いね(笑)臨場感あふれますよね、あの導入部分が!
モーツァルトもけっこう怖いものがありますね
「レクイエム」もそうだし、私的には「ドン・ジョバンニ」もじゅうぶん怖いです

ベートーベンなんかは痛みを加速しそうですね
Posted by shun-ran at 2006年04月26日 18:27
癒しやアルファ波を出す音楽というのは色々聞きますが、個人差も大きいみたいですね。
10代と70代に演歌とロックを聞かせると、ストレスとリラックスの脳波の出方が逆になるとか。
わたしもどっちかというとクラシックは苦手なので、ストレス波の出る作曲家が多かったりして・・・(笑)。
Posted by vivian at 2006年04月26日 20:49
shun-ranさん、どうもありがとうございます。
たしかに、モーツァルトにも怖い曲がありますね。病院で「レクイエム」を流すのは反則でしょう・・・。これはさすがにタブーになっているんだろうか??
ベートーベンも歯医者ではつらいかもしれませんね。「運命」なんか流されたら、本当に痛むかも・・・。
Posted by muse at 2006年04月27日 12:49
vivianさん、どうもありがとうございます〜。
音楽を聴いて逆にストレスを感じるというのも確かにありますよね。クラシックでも、曲にもよってはつらいことがある・・・。まぁ、ロックに比べると、かかっていても「あまり意識されない」曲が多いでしょうから、よくBGMにも使われるのでしょう。
Posted by muse at 2006年04月27日 12:58
歯医者で「魔王」はひどいですね(笑)子どもが泣き出しそうですよね!!
Posted by きょん at 2006年04月28日 00:07
きょんさん、どうもありがとうございます。
ほんとに、どういう基準で選曲してるんでしょうねぇ・・・。あれは有線の番組とかなんだろうか・・・。
Posted by muse at 2006年04月28日 17:03
わたしも歯医者行かなきゃです〜
  でも、歯医者って痛くてイヤですよねっ(泣)
Posted by エリー at 2006年04月29日 23:06
エリーさん、どうもありがとうございますー。
歯医者は嫌ですよね・・・。けずられるのも痛いし、口を大きく開けるのもしんどいです・・・。
Posted by muse at 2006年04月30日 10:54
はじめまして。TBありがとうございます。
「魔王」の話、興味深く読ませてもらいました。歯医者さんでは、特にBGMに気を使ってもらいたいものですよね。子供がびっくりしてしまいそうです。また、こちらにも遊びに来てください。それでは、また。
Posted by 音環境コンサルタント 齋藤寛 at 2006年05月13日 19:36
斎藤寛さん、どうもありがとうございます。
BGM選びは大事ですよね。子どもだったら泣いてしまうかもしれません。『BGMの心理学』、楽しみにしていますー。
Posted by muse at 2006年05月13日 20:30
初めてお邪魔します。
音楽というものは、もはやコンピュータの打ち込み
時代になって久しいものですが、植物や動物も理解
するといいます。(雑音めいた音楽を植物は苦手だし、動物にも確実に悪影響!)
へヴィー・メタルって悪を結びつきやすいんじゃないかと思うと、アメリカのギタリストが言っているのを見た事があります。事実、向こうでは、ティーン・エイジャーがメタルを聴いて、自殺したというのが何件か起こっていて、オジー・オズボーンやジューダス・プリーストは訴訟騒ぎに迄なった事がありました。
サラ・ブライトマンという一流のシンガーをご存知の方も多い事だと思います。1枚のアルバムの売上が1,200万枚とかいう、商業的にも巨大な成功を収めて
いる女性ですが、何でも彼女の歌をかけていると人が
集まってくるのだとか。単に、抜群に歌が上手いからという訳だけではなさそうです。音楽って不思議…。
Posted by syheval at 2006年10月18日 14:25
syhevalさん、どうもありがとうございます。
ビートルズのヘルタースケルターを聴いて人を殺したくなったと言った人もいたようですね。暴力性をかきたてる音楽、悲しみに鬱屈させる音楽、痛みを癒してくれる音楽・・・いろいろありますね。
Posted by muse at 2006年10月18日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

モーツァルト・イヤー
Excerpt: 今年2006年は、『モーツァルト・イヤー』。モーツァルト生誕250年です。実は、15年前の1991年は、モーツァルト没後200年。あくまで自分の記憶でですが、あのときは、そんなに盛り上がらなかったよう..
Weblog: 行け! 泡盛マイスター
Tracked: 2006-04-30 20:46

モーツァルト検定
Excerpt: 今年は、モーツァルト生誕250周年記念「モーツァルトイヤー」♪ 先日ネットサーフィンしていたら、面白いサイトを見つけたので、ちょっとご紹介! モーツァルト検定 誰でも知ってる有名な作曲家♪ でも、ど..
Weblog: Mon plaisir ☆
Tracked: 2006-05-01 21:42

モーツァルトだいすき
Excerpt: モーツァルトの音楽は癒しの音楽だと思います。特に子供の情操教育にはもってこいではないでしょうか?
Weblog: モーツァルトだいすき
Tracked: 2006-05-02 01:04

我が家のモーツァルト効果
Excerpt: 半年ぶりに実家に帰ると、昨今のクラシック・ブームの余波か、いままでクラシックとは縁遠かった我が家の居間に、モーツァルトのCDが置かれていた。 お茶の時間、おもむろに聴きだした母親いわく、「モーツ..
Weblog: 西欧かぶれのエンタメ日記
Tracked: 2006-05-04 02:58

モーツァルトな一日♪
Excerpt: 最近、よくモーツァルトのCDを聴いています♪ ベスト・モーツァルト100 6CDオムニバス(クラシック), カラヤン(ヘルベルト・フォン), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, モ..
Weblog: Mon plaisir ☆
Tracked: 2006-05-06 03:08

モーツァルトてどんなひと?
Excerpt: モーツアルトって、今で言えば流行作家だったんです。通俗的といわれることもあったらしいのですが、いいものは時代を超えて残るんですね。
Weblog: モーツァルトだいすき
Tracked: 2006-05-14 14:57

胎教にいい音楽を・・・。
Excerpt: 同僚の奥さまがご懐妊の由、 「最近胎教としてのクラシックに目覚めた」 らしいのです。 何とめでたい! でも、旦那さまいわく、 「レンタルで何枚か借りてきても、曲がダブるん..
Weblog: 関西発!アソシエ週末起業ブログ
Tracked: 2006-06-02 01:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。