2006年04月11日

アンディ・ウォーホールのオランウータン

アンディ・ウォーホール / ANDY WARHOL
アンディ・ウォーホルといえば、アメリカの有名なポップアート・アーティスト。ご存知の方が多いことでしょう。「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」のバナナのジャケット+プロデュースや、ローリング・ストーンズ「ラヴ・ユー・ライヴ!」「スティッキー・フィンガーズ」のジャケットや、ストーンズの象徴であるベロマークのデザインなどでロック・ファンにもおなじみでしょう。(追記:ベロマークは違うそうです・・・)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコラヴ・ユー・ライヴザ・ローリング・ストーンズ/スティッキー・フィンガーズデザインオイルライタージッポータイプ【ローリングストーンズ:ベロ】
Lou Reed: Rock & Roll Heart←ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとの関係はこちらの映画でも描かれているそうです。

そのアンディ・ウォーホールの「オランウータン」という作品が、大阪の富田林市からオークションに出されています。→アンディ・ウォーホールのオランウータン

アンディ・ウォーホールは動物が大好きだったそうで、ほかにも猫・犬や牛などの動物をたくさん描いてますが、この「オランウータン」はとくにすばらしい作品なんじゃないかと思います(猫たちやカエルもかわいいけど)。実物の印象を残しながらも、斬新な色使いにどきっとしますね。でも、こういう作品があるってことも今まで知らなかったんですけどね。富田林市が何かで差し押さえしたものの中にこんなのが混じっていて驚いた、という話を聞きました。(この作品は「絶滅の危機に瀕した動物」シリーズとして描かれたそうです。)

アンディ・ウォーホール作品を少し集めてみました。う〜ん、ちょっと楽しげなブログになりますね〜♪
ウォーホル・シャネル CHANEL NO.5 1997 キャンベルスープ(600×800mm) ウォーホル『ミッキーマウス』複製 Marilyn,1967(onblueground)【ポスター&フレームセット】 スピードスケーター (610×915mm)  ブルックリン橋 1983年 (ウォーホール) ブルックリン橋 (406×508mm)  自画像 1967年 (ウォーホール)


posted by muse at 19:35| Comment(20) | TrackBack(5) | Rolling Stones ストーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特に大好きというほどのアーティストではなかったのですが、ここに載っているブルックリン・ブリッジはすごくいいですね!
レプリカでいいから欲しいなぁ・・・
これをきっかけにちょっとウォーホールのことを調べてみようかな、という気分になりました。
紹介してくださってありがとうございます。
Posted by vivian at 2006年04月11日 21:36
museさん、こんにちは〜☆☆☆
アンディ・ウォーホール、ジュディ・ガーランドのことも描いてましたよね〜・・・。
非道い人だと思ってはいるのだけど、なぜか注目してしまう・・・。
むむむ・・・。
Posted by ルル at 2006年04月12日 04:12
museさん初めまして。
TBありがとうございました!
museさんのブログ拝見させて頂きました。
とても興味がある題材ばかりなので、どこにコメント載せるか迷ってしまいました。
アンディはロック好きには外せませんね〜。
所でベロマークのデザイナーはアンディでは無いと自分は記憶しています。
又、遊びに来ます。
今後とも宜しくお願いします。

Posted by OZZY at 2006年04月12日 11:51
vivianさん、どうもありがとうございます。
僕も今回調べてみるまで知らなかったんですが、アンディ・ウォーホールはおもしろい作品をたくさん描いてるんですよね。さすがに有名なだけはあるなぁと思いました。
Posted by muse at 2006年04月12日 12:12
ルルさん、どうもありがとうございます。
そうそう、ルルさんのイーディ・セジウィックの記事では、アンディ・ウォーホールは非情な人だと書かれてましたね。僕はその辺はあまり知らなかったんですが・・・。うーん、素直でやさしい天才はなかなかいないということなんでしょうか。
Posted by muse at 2006年04月12日 12:17
OZZYさん、どうもこんにちはー。
えーと、はじめましてではないはずなのですが(笑)、これからもよろしくお願いしますー。

ベロマークはそういう話もありますね。あまりにもキャッチーでポップなので、アンディ・ウォーホールのものに違いないと多くの人が勘違いをしたのか・・・?
Posted by muse at 2006年04月12日 12:23
museさん、こんにちは♪♪♪
TBありがとうございますm(__)m
museさんから初トラックバックいただいて、嬉しくてドキドキしちゃいましたよ〜(^_^)(←バカです・・・。)
いろいろな文献を読んでみると、アンディ・ウォーホールは軽度の自閉症だったのではないかと言われてるんですよね・・・。
イーディがアンディのことを怖がるようになったある事件というのがあるのですが、ファクトリーの中で、ドラッグに酔ったアーティストが、窓から飛び降りて転落死してしまったところを見て、アンディが一言「今のシーンを記録しておけば良かった。」と言ったそうなんです・・・。
それをイーディが聞いて、ひどく取り乱したという話を本で読みました〜・・・。

あっ!こちらからも、TBさせていただきます〜☆☆☆
Posted by ルル at 2006年04月12日 17:32
ルルさん、こんばんわー。TBもどうもありがとうございます。
あ、ルルさんところへはTBは初めてなんでしたっけ?うーん、たしかにそうだったかもしれませんね。
アンディの一言・・・なるほど、これを聞いちゃうとショックでしょうね。でも、この場合の「記録」って、誰のための、何のための記録なんでしょうかね・・・?
Posted by muse at 2006年04月12日 19:30
並べてみると画面が華やかになってすごくいいですね!この人の作品はほんとあちこちで見かけますよね。
Posted by きょん at 2006年04月12日 19:42
きょんさん、どうもありがとうございます!
そうですね。アンディ・ウォーホールの絵には、なんだか心が浮き浮きするような、すごい力があるように思います。オランウータンの絵のほうも、目の覚めるような色合いと、オランウータンの「気品」のある雰囲気がとてもいい感じです。
Posted by muse at 2006年04月12日 19:51
再度ごめんなさい〜・・☆☆
多分映画として残そうとしたのではないかと・・・。
アンディは、食べるシーンだけを延々と撮った「イート」、眠るシーンだけの「スリープ」、それと延々とエンパイアステートビルディングを撮り続けた映像も作品として残しているので・・・。
人の死をも作品としてとらえていたのかな?という解釈をしてしまいます〜・・・。
Posted by ルル at 2006年04月12日 20:35
MUSEさん、初トラックパックありがとうございます☆
 私はまだTBしたことないんですっ!
 これからは、こちらのブログにちょくx2、遊びに来させて頂きます〜♪
 また私の方にも遊びに来てくださぁい☆

 私は絵を見ることが好きなのですが、アンディ・ウォホールが動物好きだったとは、知りませんでした。また色々教えてくださぁい!!
 楽しみにしてます☆
 
Posted by エリー at 2006年04月12日 20:59
 はじめまして。Dear Prudenceという者です。大変前の事ですが、Sex Pistolsの記事のトラックバックをして頂きありがとうございました。 
 ロック関係のていねいな記事、いつも楽しく読ませてもらっています。しかも私の好きなグループばかり紹介して下さるので、嬉しい限りです。
 ウォーホールの作品が好きで、そのいくつかが今回アップされていたので、書き込みさせていただきました。ウォーホールが絡んでいた1970年前後のロックは、今とは違う光彩を放っていて、とても好きです。
 また寄らせてもらえたら嬉しいです、それでは♪
Posted by Dear Prudence at 2006年04月12日 23:09
ルルさん、どうもこんにちはー。
うーん、映画としてですか・・・。たしかに映像として、それほど衝撃的なものは他にはないかもしれませんね。恐ろしい話ですが、アンディ自身がこの「死」の場面にものすごい衝撃を受けて、つい言ってしまったということなんでしょうね。
Posted by muse at 2006年04月13日 11:03
エリーさん、どうもありがとうございます。
ここのページでは音楽の話が多いですが、また遊びに来てください〜。
ところで、エリーさんのページの田中光常写真展「動物たち」に出ているオランウータンの写真もいいですね。赤ちゃんがかわいいですね。
Posted by muse at 2006年04月13日 11:10
Dear Prudenceさん、どうもありがとうございます。
僕も、この頃はロックのひとつのピークだったような気がします。いろんなものが遊び心から生まれ出てきたという感じがしますね。
このあとの時代に出てくるものは、パンクにしても、グランジにしても、いろんなものが出てくるというよりは、フラストレーションのひとつの大きな塊りが爆発して飛び散る、というものが多いような気がします。なんだか抽象的ですが・・・。
Posted by muse at 2006年04月13日 11:30
アンディ・ウォーホール
壁面いっぱいに
マリリン・モンローや作品を
飾ったことを思い出しました。
懐かしいです。



Posted by kju96 at 2006年04月18日 06:31
kju96さん、どうもありがとうございます。
アンディ・ウォーホールの作品を壁面いっぱいにですか?部屋が明るくなりますねー。今の僕の部屋は・・・ほとんどなんにも貼ってません・・・。チャップリンのポスターが一枚だけ。ちょっと気分転換にいろいろまたやってみようかな。
Posted by muse at 2006年04月18日 12:10
トラックバックありがとうございます。
  今ごろスミマセン。。。
アンディ・ウォーホールはとくに好きでも嫌いでもなくて
オランウータンがあるのも知らなかったのですが、
この作品には惹かれますね。
うーん、いくらで落札されるんだろう???
Posted by おらんうーたん・ぶろぐ 管理人 at 2006年04月27日 04:19
おらんうーたん・ぶろぐ 管理人さん、どうもありがとうございます。
アンディ・ウォーホールのこの作品は、どことなく気品があるんですよね。「森の哲人」といった感じでしょうか。
いったいいくらになるんでしょうね?ところで、こういうオークションには入札の前に参加申し込みというのがあるんですね。
Posted by muse at 2006年04月27日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ローリング・ストーンズ 2
Excerpt: ローリング・ストーンズのアンディ・ウォーホルの本物チャック付きジャケットも話題になった自主レーベル初のオリジナルアルバム『スティッキー・フィンガーズ』。 祝来日記念!と言う訳ではありませんが、い..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-04-12 01:42

JUST LIKE A WOMAN
Excerpt: 今日は、私の一番好きなボブ・ディランの曲で、アルバム「BLONDE ON BLONDE」の中の“女の如く〈JUST LIKE A WOMAN〉”のことを書きます。 だれもくるしみを感じない 今夜こ..
Weblog: PLANET LULU GALAXY!
Tracked: 2006-04-12 17:33

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
Excerpt: ヴェルヴェット・アンダーグラウンド/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
Weblog: CD レンタル Check
Tracked: 2006-05-11 17:25

お日様の下のメランコリー
Excerpt: The Velvet Underground & NicoThe Velvet Underground A&M 1996-05-07売り上げランキング : 3,895Amazonで詳..
Weblog: サルの家
Tracked: 2006-05-11 18:44

 私のいる場所
Excerpt:             恵比寿の「東京都写真美術館」に         『 私のいる場所 』 という写真展に行ってきました。              また、最終日になってしまいました・・・    ..
Weblog: あい、うえお。
Tracked: 2006-06-09 12:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。