2006年04月06日

チェインズ は最高なのです。

さて、久々に日本のバンドのご紹介。チェインズ(chains)をご存知の方はどのくらいいるだろうか?チェインズはもともと京都・立命館大学の軽音楽サークル「ロック・コミューン」で始まったバンド。ロック・コミューンではくるりの先輩にあたる(まぁ、こういうのはどうでもいい情報だけど)。今日ご紹介するのは、チェインズのデビュー・ミニ・アルバム「chains」!!
chains1.jpgchains
彼らの作品としてはこれはもう少し古いものなのだけど、このアルバムは最高にかっこよく、最高に気持ちいい。僕が初めてチェインズを聞いたのがこの作品だったのだが、いまだにこの作品をしばしば聞きたくなる。

SIM1」でまず、少し声をこもらせた新村敦史の丸みのあるボーカルに驚く。どことなくやさしく、かつソウルフルでともかくかっこいい。少しはっぴいえんどの大瀧詠一の雰囲気もただよう。「いつか見る景色」は、耳について離れない最高に気持ちいい曲。僕はこの曲が一番好きだ。新村氏はファルセットから力強いボーカルまで変幻自在で、その気持ちよさによだれがたれそうになる。丸山桂のピアノやコーラスの入り方もいい感じ。「伊丹の空」もはずせない名曲だろう。空間的な広がりを感じさせるギター・サウンド。(ひとりきりの東の空、息を殺して眺めていた・・・)退屈で少し憂鬱な情景を描いたAメロと、少し明るくなれるサビ。伊藤拓史のドラムも気持ちいい。実にセンスのいいアレンジだ。「先祖返」はファンキーなロック・ナンバーで、チェインズのスーパー・バンドぶりを堪能できる一曲。伊藤氏のドラムがもう圧倒的だ。この人の体はドラムそのものなのではないかと思える。丸山氏のオルガンも気持ちいい音だ。「夕立ち」は一転して、心を湿らせるミドル・テンポのナンバー。影をおびた新村氏のボーカルと、伊藤氏の繊細なドラムが素晴らしい。後半、すこし意外な展開があるのもおもしろい。そして、激烈なギター・ソロも圧巻だ。最後の「」では、またまた伊藤氏のドラムに注目だ。なにげないドラミングのようでいて、気持ちいいアクセントに満ちている。

チェインズはライヴも本当に素晴らしいバンドだ。最近は、曲によってはちょっと難しいことをしすぎかなと思ったこともあるが、素晴らしく熱い演奏を見せてくれるライヴ・バンドである。ライブ情報などは、チェインズのオフィシャル・サイトへどうぞ。
ラベル:チェインズ
この記事へのコメント
トラックバック、ありがとうございます。
うれしいなー。
Posted by まるやま@CHAINS at 2006年04月09日 15:21
まるやまさん、これはこれは、どうもありがとうございます。
チェインズ、応援しております。ますます突っ走ってください。
Posted by muse at 2006年04月09日 17:14
先日はくるりでトラックバックありがとうございました。
大好きなチェインズも紹介しておられるんで嬉しくてトラックバック返しします。
なんだか趣味が合いそうな予感。
どこかで会ったことがありそうな予感。
これからもまた遊びに来ます。
Posted by 蓮水 at 2006年04月17日 19:46
蓮水さん、TB、コメント、どうもありがとうございます!こちらからもまたこの記事でTBさせていただきました。
どこかで・・・うーん、わかりませんが、そういうこともあったかもしれませんね。これからもちょくちょくこの辺のミュージシャンのことも書いていくつもりです。今後もよろしくお願いしますー。
Posted by muse at 2006年04月17日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ショップモデル撮影速報
Excerpt: 本日ショップトップページフラッシュ用のモデル撮影をしてきました。 数珠店では人間のモデルを使うことが少ないですが、生活に密着した21世紀のお数珠のスタイルというものを表現したくて、あえて人間のモ..
Weblog: ズズログ 京念珠 蓮糸堂 京都と数珠にまつわるエトセトラ
Tracked: 2006-04-17 19:44