2006年04月04日

愛は争いを防げるか?

スティングの「ラシアンズ」は、ソヴィエトと欧米との東西冷戦を歌った作品だ。東西冷戦といっても、そんな時代があったことをもうすっかり忘れかけている人や、はじめから知らないという人もいるかもしれない。でも、似たような状況はいまだに世界中にあるし、新たな火種もいくつかできつつあるように見える。冷戦は終わっても、冷たい世界に終わりは見えていない。

スティングの「ラシアンズ」。この曲はプロコフィエフのテーマをもとにした重々しい雰囲気の反戦歌で、曲としては大好きだ。しかし、スティングの歌詞には納得できない部分もある。もちろん、彼が東西の冷戦状態を真剣に扱っていることには共感する。ただ、「ロシア人も子どもたちを愛しているだろう(russians love their children, too)」ということに希望を見出そうとしている点が少しひっかかるのだ。

要するにこの歌は、ヒューマニズムがあれば争いは回避できるという発想・願いのようだ。しかし、これはあまりにも楽観的な気がする。逆に「子どもたちへの愛」こそが争いを産むこともあるだろう。「愛」というのは両面的なものだ。身内を愛すればするほど、身内を脅かすものを攻撃したい衝動に駆られる・・・。

それからもう一つ。この曲のスティングは、やや西寄りに見方が偏っているようにも思う。この曲は「ソ連という国が脅威になりつつある」という受身的な雰囲気が強い。しかし、国家間が険悪になる場合というのは、お互いがお互いにとって「脅威」になることが多いのではないかという気がする。そしてお互いに「脅威だ」という思いが高まっていって、どんどん冷静さを失っていく・・・。

これと似たようなことは、今この国でも起きつつある気がする。「あちら」でも「こちら」でも、お互いに対するヒステリックな反応が増えつつあるように見える。僕の勘違いであればいいと思うのだけれど。(ヒステリックな発言はうるさくてよく聞こえるので、実際以上に多く聞こえてしまう・・・)

←スティング・ベスト盤
(こちらでもご紹介しました→スティング@ロハス


ラベル:反戦 スティング
この記事へのコメント

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?o
Posted by e-アフィリ at 2006年04月04日 20:49
こんばんわ、guitarbirdです

私は、U2の最新作、買う前には「結構重くてシリアスな内容かな」と思っていたのですが、
いざふたを開けると、前よりもむしろラブソング色が濃くなっていると感じ、
最初は拍子抜けしました。しかし聴いてゆくうちに、そうか、
「原爆をなくすことができるのは愛の力しかない」
というのが、裏メッセージだと(勝手に)納得しました。

ちなみに私はスティングのこの曲では、
We share the same biologyという歌詞を読んでショックを受けました。
ショックというと違うかな。これはまだかろうじて10代に聴いたんですが、
韻のためとはいえこんな表現を使うというのが、驚いたというか。
Posted by guitarbird at 2006年04月05日 23:04
こんにちは&ご無沙汰してます、shigeです。
ラシアンズ…曲の雰囲気も好きだし、、彼の主張もよ〜く分ります。でも、museさんも言ってる通り、「ロシア人も子どもたちを愛しているだろう(russians love their children, too)」にひっかかりました。ロシア人もって、初めから自分達はそうなんだ!ってコトかい?その段階で相手を差別してないか?ってな疑問を持ってたんです。無差別な愛はやっぱ難しいってコトでしょうか…
Posted by shige at 2006年04月06日 09:58
guitarbirdさん、どうもありがとうございます。
U2はずっとシリアスなメッセージを(作品の中に限らず)発してきているので、自然と「裏」メッセージも読めてしまうんですよね。
「We share the same biology regardless of ideology」はすごい表現ですよね。ただ、東西の冷戦が本当に「イデオロギー」のための戦いだったのかは、僕にはちょっと疑問なんですけどね。イデオロギーが異なるだけでは、お互いに相手のことを脅威だと感じる必要はないようにも思えるので。だから、争いの根っこはまた別のところにもあったんだろうなという気がします。
Posted by muse at 2006年04月06日 10:59
shigeさん、こんにちはー。どうもありがとうございます。
なるほど、たしかに「too」という表現から考えると、スティングの視点がもっとはっきりわかりますね。やっぱり、関係を悪化させているのはソ連の方だ、という色が濃いですね、この曲は。まぁ、当時の欧米の空気としては、それ以外には無かったのでしょうが。
ただ、スティングはこの曲の中で、こういう国家間の対立の雰囲気は政治家の発言によって作られてしまう、というようなことも言っているように思います。これはなかなか鋭いなぁと思いました。各国の大統領や首相が、国内での自分の発言力や影響力を増すために「国家間の対立の雰囲気」を盛り上げるってことはよくあることだと思うんですよね。
Posted by muse at 2006年04月06日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

スティング 3
Excerpt: スティングの記念すべきソロデビューアルバム『ブルー・タートルの夢』。 自慢になりますが(エッヘン)、1度スティングのライヴを前から3列目で見た事があります。 興奮してて1曲目すら覚えていません..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-04-23 01:45

Russians
Excerpt: 今日は珍しく本屋さんに行きました。お勧めの雑誌を覗いたら、数行読んで 速攻でレジでお金払ってました。 その雑誌のせいです(笑) Sting "Russians" Poli..
Weblog: 今日聴いた音楽
Tracked: 2007-06-01 01:57

「ロシア人たち」 (スティング)
Excerpt: http://www.youtube.com/watch?v=fOrPXItNe_8 ■ロシア人たち Russians スティング Sting  1985年 In Eur..
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2009-07-27 22:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。