2006年04月01日

ザ・バンド『ラスト・ワルツ』〜ジョニ・ミッチェル

今日はザ・バンド最後のコンサートの様子を収めた豪華なライヴ盤『ラスト・ワルツ』のご紹介。ザ・バンドのフィナーレを盛り上げるために、ボブ・ディラン、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、マディー・ウォーターズ、、リンゴ・スター、ロン・ウッド、ヴァン・モリソン、ジョニ・ミッチェル、ドクター・ジョンロニー・ホーキンス、ポール・バターフィールド、ニール・ダイヤモンド、エミール・ハリス、ザ・ステイプルズとそうそうたるメンバーの夢の競演!!
lastwaltz.jpgバンド/ラスト・ワルツ
職人的というか、派手ではないが渋みのあるザ・バンドの演奏。素晴らしい。かっこいい。中でも、(マイナーかもしれないが)「クリプル・クリーク」が僕は好きだ。たしか、エド・サリバン・ショーでこの曲の演奏を見たのがザ・バンドとの出会いだった。カメラと目が合うとものすごく恥ずかしそうな顔をしていたキーボードのリチャード・マニュエルがとても印象に残っている。曲もメンバーもすごくいい雰囲気のバンドだなと思った。

しかし、僕にとって『ラスト・ワルツ』で一番衝撃だったのは、実はジョニ・ミッチェル。彼女の「コヨーテ」という曲にぶっとばされてしまったのだ。これがジョニ・ミッチェルとの出会いだった。自由なボーカルのフレージングと、ぐるぐると循環しながら気持ちよく疾走し続けるクールさに圧倒された。その後いろんなアーティストの音楽を聴いているつもりだが、いまだにジョニ・ミッチェルのようなミュージシャンには出会っていない。彼女がいかにオリジナルな路線を突っ走っているかの証拠だろう。

『ラスト・ワルツ』の話に戻ろう。このアルバムには他にもたくさんゲストが出演していて、素晴らしい演奏を残している。マディー・ウォーターズの「マニッシュ・ボーイ」もとても濃厚でスリリングだ(ローリング・ストーンズのバージョンについては前にも触れた)。また、ボブ・ディランの「Baby Let Me Follow You Down」は、意外に激しいディランのロック的な歌唱が新鮮だ。そして全員での「アイ・シャル・ビー・リリースト」に感動・・・。

逃避行←こちらは「コヨーテ」収録の『逃避行』

ラスト・ワルツ〈特別編〉←マーティン・スコセッシ監督による映画(DVD)
この記事へのコメント
持ってます。とっても重いLP3枚組。
観ました、映画。映画館で。
ロビー・ロバートソンが凄く素敵でした。
 
ジョニ・ミッチェルは、あの時代に自分の生き方を持った、
生き方もカッコイイ女性でしたね。

TBさせて戴きます♪
Posted by Nob at 2006年04月01日 23:13
TBありがとうございました。
ジョニ・ミッチェル良いですよね。私も好きです。
ラスト・ワルツとは離れてしまいますが、ジャコパスとパット・メセニーをバックにしてのライブがこれまた良いんですよね。

また、よろしくお願いします。
Posted by kin at 2006年04月02日 13:07
Nobさん、コメント、TBどうもありがとうございました。映画版、映画館でご覧になったんですか。いいですね〜。ジョニ・ミッチェルは本当にかっこいいですよね。表情も姿勢も、背の高さも、雰囲気でまくりです!
Posted by muse at 2006年04月02日 18:21
kinさん、コメントどうもありがとうございます。
ジョニ・ミッチェルのライヴは他にはまだ聞いてませんでした。彼女はいろんな人とライブをしているようですね。そっちのライヴもチェックしてみますー。どうもありがとうございました。
Posted by muse at 2006年04月02日 18:24
TBありがとうございました。
NEWSでは早くから伝わってきてたので、首を長くして公開を待ち映画館へ(高2)。それからLPがリリースされるまで若干時間があったのでイライラした記憶があります。そしてDVD,BOXの発売とつづいて、今回の限定3枚組。実に長い道のりです。息子がすでに高2。年月を感じます。
Posted by Kat at 2006年04月24日 22:20
Katさん、どうもありがとうございました。
僕はこのあたりの作品はまったくリアルタイムで楽しめなかったので、Katさんのお話を聞いているとうらやましくなります。限定LPセットもものすごいですね。
Posted by muse at 2006年04月25日 13:02
はじめまして、返信トラバありがとうございました。
この映画の中で、ジョニ・ミッチェルの「コヨーテ」がひどく新鮮な印象を受けました。
それでは、今後ともよろしくお願いします。
Posted by David Gilmour at 2006年05月21日 14:14
David Gilmourさん、どうもありがとうございます。
ニール・ヤングの写真、目つきやばすぎですね・・・。すごい雰囲気です。
ジョニ・ミッチェル「コヨーテ」、やっぱりよかったですよね。他のミュージシャンとはだいぶ空気が違いました。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by muse at 2006年05月21日 22:46
はじめまして。
私もコヨーテにぶっとばされた一人です。ラストワルツは何回も何回も観て聴いて(私はディランの大ファンです)、思い入れもすごく強い作品ですが、おっしゃるところの「ぶっとばされた」というフレーズにとてもとても共感して、思わず書き込みさせていただきました。「ぶっとばされた」とは!まさに我が意を得たりって感じです。あの音、あのリズムのとり方。さらっとしてるのに、めちゃくちゃぶっとばされます。強いですよね。
あのラストワルツを聴いて、同じような感覚の方がいらっしゃることがとても嬉しいです。
Posted by toko at 2007年03月12日 23:24
tokoさん、どうもありがとうございます!

コヨーテは不思議に過激な曲ですよね。決して激しい曲ではないし、パワフルな演奏でもないし、パンチの効いた曲調でもないんですが、強烈なんですよね。
Posted by muse at 2007年03月15日 13:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15961017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

☆ ザ・バンド ?? THE LAST WALTS ??
Excerpt: ?? 知っている人は知っている(あたりまえですが) 伝説のバンド   THE?? LAST? ??WALTS?? /?? ザ・バンド 1976年11月26日 ザ・バンド の コンサ..
Weblog: ♪ 音楽回顧録 ♪
Tracked: 2006-04-01 23:15

Joni Mitchell / ジョニ・ミッチェル
Excerpt: Joni Mitchell / Hejira ジョニ・ミッチェル / 逃避行 1976 このアルバムの1曲目《Coyote》が流れると、ひんやりとした新鮮な空気が部屋中に吹き込んでく..
Weblog: 熱帯雨林の迷宮
Tracked: 2006-04-03 00:29

LP"The Band/The Last Waltz(180-gram vinyl)Limited LP Box"
Excerpt: またしてもRhinoHandmadeがとんでもないモノをリリースしていました。 「ザ・バンド/ラスト・ワルツ」については 今さら語るまでもないでしょう。が! コイツは凄い!毎度の事ながら愛情溢れ..
Weblog: RadioCabaret
Tracked: 2006-04-24 16:26

「ラスト・ワルツ」
Excerpt: 名作「タクシードライバー」(1976年)や「アビエイター」(2004年)などの作品で知られる米国の名匠、マーティン・スコセッシ監督が1978年に撮ったドキュメンタリー映画「ラスト・ワルツ」(米、116..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2006-05-20 22:48

Last Waltz / The Band
Excerpt: 1976 年、サンフランシスコで開催されたザ・バンドのラスト・ステージを記録した映画。ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリギ..
Weblog: ENDLESS HIGHWAY
Tracked: 2006-06-10 01:09

◆レヴォン・ヘルム(元ザ・バンド)についての覚え書き
Excerpt: ??『ラスト・ワルツ』(1978/マーティン・スコセッシ)、『歌え!ロレッタ愛のために』(1980/マイケル・アプテッド)、『ライトスタッフ』(1983/フィリップ・カウフマン)他 こんばんは、ダー..
Weblog: 太陽がくれた季節
Tracked: 2006-07-02 23:45

ザ・バンド 2
Excerpt: NO.00530 ザ・バンドのセカンドアルバム『ザ・バンド』 “イブシ銀” 渋い活躍をする人の事を指す言葉でプロ野球の世界では、今年遂に引退をする犠打日本記録保持者の中日(元巨人)川相選..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-10-21 15:43