2006年03月20日

とっておきの一枚@マーキー・ムーン!

テレヴィジョン(Television)の『マーキー・ムーン (Marquee Moon)』は、とっておきの一枚だ。彼らのメジャー・デビュー・アルバムにして最高傑作。何かに行き詰ったときや、自分の気持ちを解放したり、新たな道を模索したりする時に聴きたくなる名盤。
marquee.jpgマーキー・ムーン
試聴はこちら→Marquee Moon

この作品の音は、体の表面にざくざくと引っかかる強烈な肌触りが気持ちいい。一言で言えば変だ。尋常じゃない。完全にどこかに突き抜けている。この奔放でナイーブな感じが心を果てしなく解放してくれる。

イントロのダダ、ダー、ダダ、ダーというギターを聞いただけで毛が逆立つ「See no evil」。さらにトム・ヴァーレインの素っ頓狂な(?)ボーカルにぶっ飛ばされる。なんだこれは?こんな歌い方をする人は今まで聞いたことが無い!彼の声は、美しい歌唱とか、エモーショナルなシャウトといった既存のボーカル・スタイルとは別次元のものだ。「Venus」でもトム・ヴァーレインの奇妙なボーカルにうっとりする。そして、最強の「Marquee Moon」。この曲でもまた、イントロの荒削りなギターを聞くだけでぞくぞくする。さらにベース、ドラムが参入し、バンド・サウンドになるや、体中の血管はすでに戦闘準備オーケーである。そしてまたまたトム・ヴァーレインの声!!さらにさらに、サビの奇妙なドラム・パターンと、その後のブレイクでのトム・ヴァーレインの吐き出すようなつぶやき・・・。本当に、どの部分をとっても強烈なスパイスが効いた、ロック史上最もユニークな名曲だ。「Elevation」のサビでは、頭を砕かれるかと思うほど唐突なタイミングでギターが炸裂し、リズムを破壊する。

ニューヨーク・パンクとか、ジャンルのことはまぁいいだろう。ともかく、既存の概念をこのように粉々にしてくれる音楽というのは本当に気持ちがいいというだけ。この作品は、何かを創作するような活動をしている人には絶対お薦めの一枚だ。今までに無かったようなものでも、まだまだ考え出せるはずだという意欲がわいてくる。
この記事へのコメント
出ました!!テレヴィジョン!!!
さすが、museさん、テレヴィジョンの素晴らしさを的確に表現して下さってます・・・!
私はもう何も言うことはございません・・・(笑)

また、昔の話になってしまいますが、1992年のテレヴィジョンが来日した時、名古屋クアトロと川崎教育会館に観に行きました。両日とも出待ちしたのですが、(ミーハーです・汗)後の方に行った川崎教育会館のライブの後、トムが私にかなり長い言葉で何やら話してくれたのです・・・。何を話してくれたのか、今でも知りたくて仕方がないです〜・・・。英語が話せないし、聞き取れない自分が憎かった〜〜(T_T)
その前にライブをやった名古屋のクアトロの前で、トムに和紙で作った折り鶴と、日本語版のヴェルレーヌ(本名はトム・ミラーで、ヴァーレインという名は、この詩人からもらったらしいです・・・。)の詩集をあげました。もしかして、ただそのお礼を言われたのかなぁ〜??

Posted by ルル at 2006年03月21日 01:20
レコードで持っているので、今は聞けません(泣) 
また聞きたいのでCDでも買っちゃおうかともくろみ中。
Posted by emiko at 2006年03月21日 01:22
ルルさん、どうもありがとうございます。
とうとう出しました(笑)。
来日公演、僕も見たかったです・・・。トムに折り鶴を渡したというのもすごいですし、長い言葉をかけてもらったというのもすごいですねぇ!!名古屋でのことを覚えてもらっていたんでしょうね。
Posted by muse at 2006年03月21日 21:30
emikoさん、どうもありがとうございます。
レコードですかー。僕は物心(笑)ついたときにはCDだったのでほとんどレコードは持ってません。テープでだけ持っているもので(まだテープは聞けますが)CDを買いなおしたいのはありますね。
Posted by muse at 2006年03月21日 21:34
こんばんわ、guitarbirdです

これ、一度聴いてみたいとは思ってるんですが、
一度に1500円はちょっと高いかな、と・・・
Posted by guitarbird at 2006年03月21日 21:41
guitarbirdさん、どうもありがとうございます!
うーん・・・レンタルでおいているところは少ないかもしれませんね。わりに過激な音楽なので、人によっては抵抗がある人もおられるとは思いますが、まぁ・・・一度と言わず、聞いてみてください!
(最初はぴんと来ないけど何度も聞いているとものすごくはまってしまうということが、僕は時々あります)
Posted by muse at 2006年03月23日 01:03
ふたたびguitarbirdです

私は、20代の頃は、ちょっとでも聴いてみたいと買ってしまう方でしたが、
もう年を取って、数年前から「興味で聴きたいもの」が必ずしも
「ずっと聴き続けられるもの」とに結びつかなくなって
それから「興味で」買うという意欲が減退してきました。
20代にそう思っていれば、買っていたと思います。
ちなみに、傾向は違うと思いますが、3年くらい前に中古で
ダムドが1000円くらいであったので買ったのですが、
3回しか聴きませんでした・・・
Posted by guitarbird at 2006年03月23日 07:37
guitarbirdさん、どうもこんにちはー。
ずっと聴き続けられるものに出会うことってだんだん難しくなるということなんでしょうか。たしかに、洋楽に出会ったころに聴いた音楽は大体今でも聴いてますね。初めの入り方というのは重要なんでしょうね。
ダムドは僕は自分では持っていませんし、あんまり聞いたことがありません・・・。
Posted by muse at 2006年03月23日 11:38
トラバありがとうございます。
聴かないとわからない、そして何度も、何年か後に聴くときの感性と今とは異なりますのでお金を秤にかける必要もなく聴ける作品だと思います。今ダメでもいずれ、ね。ま、ダメな音楽もありますけど良いトコ見つかります(笑)。
Posted by フレ at 2006年04月21日 22:23
しょむないページにトラックバックありがとうございます。自分の書いたことに恥ずかしさが込み上げてきましたが。
テレヴィジョンの2枚はレコードをCDに買い直しました。「マーキー・ムーン」は聞き直す率が最も高い1枚です。
Posted by azkn at 2006年04月21日 22:48
フレさん、どうもありがとうございます!
たしかに、感性や好みは変わるものですよね。「マーキー・ムーン」は、第一印象で好みは分かれるのかもしれませんが、聴けば聴くほど面白みの増す作品だと思います。
Posted by muse at 2006年04月22日 11:25
azknさん、どうもありがとうございます。
僕にとっても「マーキームーン」、記事のタイトルどおり「とっておきの一枚」です。ふと聞きたくなる瞬間がしばしば来るんですよね。
Posted by muse at 2006年04月22日 11:32
はじめまして。トラックバックはどんな記事についてもありがたいのですが、トラバ先がコメントを付けたくなる記事だと嬉しさ倍増ですね。自分のブログにも書きましたが、「マーキー・ムーン」はアメリカン・ロックを代表する一枚だと思います。

Posted by Blue1981 at 2006年04月24日 22:07
Blue1981さん、どうもありがとうございます!
「マーキー・ムーン」はやっぱりすごい作品ですよね。アメリカン・ロックを語るときには外せない一枚ですね。
Posted by muse at 2006年04月25日 12:53
museさん、こんばんは☆

今日書いた記事で、museさんのテレヴィジョンの記事の表現、お借りしました。
“素っ頓狂なヴォーカル”
どうやらmuseさんのこの表現が頭に残っていたらしく、知らぬ間に影響されて書いてたらしいのですけど、「んっ!?」と思って、museさんの過去の記事を読み返してみたら、表現が一緒だった。。

その後、“エキセントリックな〜”に変えたのですが、その前に、メランコリック、ノスタルジックという表現を使っているのでシツコクなってしまう。。
いろいろ考えたのですケド、museさんの“素っ頓狂”という表現がやっぱりしっくりくるので、お借りしますね〜!!

TBもさせてくださ〜い!!
Posted by ルル at 2006年11月24日 22:32
ルルさん、どうもありがとうございます。
「素っ頓狂」どんどん使ってやってください(笑)。TBもどうぞ〜。山路氏のボーカルというのも、聞いてみたいところです。
Posted by muse at 2006年11月25日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15158499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Television - Marquee Moon
Excerpt:  もうひとつのニューヨークパンクを代表するバンドの筆頭として一般的にはトム・ヴァーレインの率いるテレビジョンが挙げられるんだけど、個人的には結構不思議。サウンド的には??
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2006-04-21 22:20

マーキー・ムーン
Excerpt:  テレヴィジョンの『マーキー・ムーン』、こちらの記事に触発されて聴いています。yoikoさんがその中で、首の美しさについて触れていましたが、確かにね。イヤに神経質な感じのするジャケットの中でも、ひとき..
Weblog: KELOG - blog the frog's music
Tracked: 2006-04-21 22:54

Television
Excerpt: アメリカにおけるパンク/ニューウェイヴ・
Weblog: 美響乱
Tracked: 2006-05-08 06:24

硬質問題(爆) Television「Marquee Moon」
Excerpt: つい最近、皇室関連の記事を書いたことが原因で、スポーツライターの乙武さんのブログが炎上しました…。他にも、政治問題中心の記事で有名な「きっこ」のブログや、ボクサーの亀田選手の記事を書いた有名人のブログ..
Weblog: 4番、サード、いたち野郎。
Tracked: 2006-09-08 09:20

Marquee Moon
Excerpt: Television [US] Marquee Moon [1977] 2002年フジロック@レッドマーキーでのTelevision、ホ..
Weblog: 1966.seesaa.net
Tracked: 2006-10-06 00:18

CBGB閉店に想う トム・ヴァーレイン
Excerpt:  ニューヨークのCBGBが10月16日で閉店しました。行ったことはないけど、ロンドンのマーキーに次いで、耳になじみのあるクラブ。テレヴィジョン、パティ・スミス、ラモーンズ、ブロンディーが演奏していた場..
Weblog: ものぐさ日記
Tracked: 2006-10-19 09:25