2006年03月18日

ジャズとロック@スティング『ブリング・オン・ザ・ナイト』

先日『ポリス・ライヴ!』を紹介しましたが、今日はソロになってからのスティングの最高のライヴ盤『ブリング・オン・ザ・ナイト』!!(2枚組)
【CD】スティング /ブリング・オン・ザ・ナイト<2003/8/27>←CD『ブリング・オン・ザ・ナイト』
試聴はこちら→Bring on the Night

この作品はスティングのファースト・ソロ・アルバム『ブルー・タートルの夢』リリース後のライヴ音源を集めたもの。ジャズ界の名プレイヤーが集結したバンドによるものすごい演奏に、最初から最後まで圧倒される。彼らはいわゆる「ロック・バンド」ではないが、彼らの若く熱い演奏には、「演奏技術」以上のロック魂とでも言えそうなものを感じる。スティングはギターとボーカルを担当している。バンド・メンバーは、サックスにブランフォード・マルサリス、キーボードにケニー・カークランド、ドラムにオマー・ハキム、そしてベースには、ビル・ワイマン脱退後のローリング・ストーンズにも参加しているダリル・ジョーンズ

まず最初の「ブリング・オン・ザ・ナイト〜ホエン・ザ・ワールド・イズ・ラニング・ダウン」はスティング定番のメドレー。ポリスの曲2曲のメドレーだが、「ブリング・オン・ザ・ナイト」はサビがかなりポップになっているし、「ホエン・ザ・ワールド・イズ・ラニング・ダウン」はダンサブルなアレンジに電子ピアノやサックスのソロ、ブランフォード・マルサリスのラップが入るなど、ポリスとはかなり違ったジャンルになっているが楽しめる。「Low Life」はダリル・ジョーンズの少し引っかかりのあるのりや、ハスキーなスティングのボーカルが気持ちいい。「We work the Black Seam(黒い傷あと)」ではAメロのスティングのボーカルがやや走り気味だが、サビの後の落とし方など、随所で光る渋さに何度もぞくぞくする。ポリスの曲「Driven to tears(世界は悲しすぎる)」は、ポリスのような荒っぽい勢いは無いが、ものすごい演奏を妙にクールにやっちゃっているのがとてもかっこいい。そして、僕の大好きなインスト・ナンバー「ブルー・タートルの夢」でスティング・バンドの演奏力を発揮しまくった後、またポリスの「デモリション・マン(破壊者)」へとメドレーでなだれ込む。

後半、2枚目の冒頭では、全人類の共存を歌う「One world (not three)」からメドレーで「Love is the seventh wave」に流れ込む。後半のギター・オルガンのソロの後に2つの曲が徐々に融合していくのがかっこいい。スタジオ録音よりもじっくりじっくり演奏される「バーボン・ストリートの月」は、ブランフォード・マルサリスのサックスが素晴らしく歌う。クライマックスで、スティングのボーカルに驚くほどの力がこもるところもすごい。続く「I burn for you(アイ・バーン・フォー・ユー)」は最高だ。スティングの孤高の美学ここに極まれりという感じの名演。「Another day」はライヴの最後を飾るのにふさわしいセンスの良いポップ・ソングだが、まだこの作品は終わらない。これまた僕の大好きな「Children's Crusade(チルドレンズ・クルセイド)」はサックス・ソロ部分の盛り上がり方がすごい。ジャズ・プレイヤーによるブルース・ロック・ナンバー「Down so long」では、ケニー・カークランドの「キーボードによるギター・ソロ」がおもしろい。ポリスの曲で始まったこの作品だが、最後を締めくくるのもポリスの曲で「サハラ砂漠でお茶を」。

ちなみに、同名のDVDも出ているが、こちらはアルバム『ブルー・タートルの夢』の制作過程も収録したドキュメンタリー作品となっている。スティングのプライベート映像や、CD『ブリング・オン・ザ・ナイト』のパリ公演の映像やリハーサル風景も収録されている。(ただし、音源はCDとは異なるようです)
←DVD


この記事へのコメント
はじめまして。トラックバックありがとうございます。

The Policeも素晴らしいLIVEバンドでしたが、ソロになってからのスティングも常に素晴らしいステージを見せてくれていますよね。この時のバンドは、スティング以外、全員がJAZZフィールドの人でしたが、出てくる音は強烈にロックしていたと思います。

・・・そんな事も関係してか、スティングがこのメンバーと一緒に来日した時は、他にDioやRough Cuttといったハードロック勢が多く出演していたフェスティバルへの出演でした(笑)。今考えても、謎な組み合わせですねえ・・・。
Posted by BoosterMania at 2006年03月19日 12:30
「When the world〜」でのケニー・カークランドのソロは、感慨深いものがありますね。
「子ども十字軍」は、スタジオ盤も大好きでしたが、おっしゃるとおり、このライブでのサックスソロの盛り上がりは凄いです。
「黒い傷跡」は、一度聴くとしばらく口ずさんでしまう曲です(笑)
Posted by heavytopper at 2006年03月19日 22:35
BoosterManiaさん、どうもありがとうございます。
このころのスティングはジャズ系の人をそろえていてもまだ「ロック」を意識していたということなんですかね。その後はどんどんロックではない方向に(ロハス??)に行った気がしますが。個人的には、ソロになってからのライブはこのころのスティングが一番かっこいいと思います。
Posted by muse at 2006年03月19日 23:20
heavytopperさん、どうもありがとうございます!
このころのスティングは、演奏もすごかったのだけど、曲も好きなんですよね。ポリスの曲も入ってますけれど、それも含めて。今、「アイ・バーン・フォー・ユー」がむちゃくちゃ好きです。これは『ブルー・タートルの夢』がものすごい名盤だということなんでしょうね。
Posted by muse at 2006年03月19日 23:26
おはようございます、guitarbirdです

スティングは2回コンサートに行ったことがある
数少ない人のひとりです。
ちなみにあとはポールとロッドです。
そして来週、2回目になる人たちのコンサートに行く予定です。

話は逸れましたが、あの同時テロの日に録音したという
最近のライヴアルバムも好きだったりします。
Posted by guitarbird at 2006年03月20日 06:27
guitarbirdさん、どうもありがとうございます。
スティングの生コンサート、うらやましいです!しかも、2回ですか。いいですねー。僕はビリージョエルは2回行きましたが、そのほかは(大物では)多くて一回・・・。
来週というとストーンズでしょうか?こちらも僕は結局行けそうにありません・・・。
Posted by muse at 2006年03月20日 18:42
トラックバックありがとうございます。
私が初めてstingのコンサートに行ったのは「nothing like the sun」でした。
バブル絶頂期、舞台セットも豪華であの興奮は今も忘れられません。
以後はドミニク・ミラーのギターが素晴らしかったことが心に残ってます。
私も「I burn for you]めちゃ好きですね。
それを聴きながら毎日眠りについていました。
そういう曲に出会えたのは私にとっては財産ですね。

Posted by yukie_pf at 2006年03月28日 00:45
yukie_pfさん、コメントどうもありがとうございます。
僕はスティングに出会ったのが遅かったせいもあって、生コンサートはまだ一度も行ったことがありません・・・。宮崎シーガイアでのライブがテレビで放送されたあたりからはいったんですよね。たしか、千堂あきほさんが番組の案内役をしてました。このライブも「シェイプ・オブ・マイ・ハート」とかが素晴らしかったです。
Posted by muse at 2006年03月28日 13:05
今頃だけど、
"I burn for you"は、確かにいい曲。
"The Dream of the Blue Turtles"には収録されてませんよ。
Posted by 今日聴いた音楽 at 2007年02月07日 23:35
今日聴いた音楽さん、どうもありがとうございます。
"I burn for you"って意外とマニアックな曲なんですよね、これ。このアルバムではクライマックスの一つだと思うんですが。
Posted by muse at 2007年02月08日 12:32
トラックバックどうもです。
"I burn for you"は、Policeの曲なんです。




Posted by 今日聴いた音楽 at 2007年02月16日 19:32
今日聴いた音楽さん、どうもありがとうございます。
これは、シングルB面曲だったんですかね?スティング・ソロのバンド・アレンジが完璧すぎて、ポリスの曲には聞こえなかったです・・。
Posted by muse at 2007年02月16日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

BRING ON THE NIGHT(映画)DVDで復活
Excerpt: 粟国島の続きを書くつもりでしたが、うれしいニュースが入りましたので休みます。 ごめんなさい。 ----------------------------------------------------..
Weblog: HOSPITAL 460
Tracked: 2006-03-18 18:50

ブルータートルの夢、あるいはブリング・オン・ザ・ナイト
Excerpt: 私が洋楽を聴き始めたのはたしか高校生の頃。『ミュージック・ラ イフ』って雑誌を読んではレンタルレコード屋さんでアルバム借り ていた。ポリスを知ったのはその頃。残念ながらリアルタイムでは 聴いた事がなか..
Weblog: 徒然と(美術と本と映画好き...)
Tracked: 2006-03-19 00:09

スティング
Excerpt: 説明不要のスーパースター!スティングのベストアルバム『フィールズ・オブ・ゴールド〜』。 何から伝えれば良いのでしょうか? スティングの音楽は、こうして文章にしようと思うと説明するのが非常に難し..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-04-12 12:18

スティング
Excerpt: スティング
Weblog: アイドル芸能Shop
Tracked: 2006-04-14 17:32

スティング 7
Excerpt: NO.00538 スティングのサードアルバム『ソウル・ケージ』 暗い。 今日の気分もそうですが、このアルバムの雰囲気は更に暗闇です。 このアルバムはスティングがソロとしても全く衰えない..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-10-26 00:09

ポリス 5
Excerpt: NO.00603 ポリスのサードアルバム『ゼニヤッタ・モンダッタ』 カーテンを新調したその日に悪魔がやって来ました。 午前中に届いたカーテンを新しく取り付けて気分良くスタートした1日でし..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-12-17 02:15

When the World Is Running Down, You Make the Best of What's S...
Excerpt: 今日もPoliceの曲。 "When the World Is Running Down, You Make the Best of What's Still Around" この曲、タイ..
Weblog: 今日聴いた音楽
Tracked: 2007-02-07 22:42

The Lazarus Heart
Excerpt: 昨日の記事を書いた後、飯と風呂を済ませて、Sting "Bring on the night"聴いてました。 やっぱり、Kenny Kirklandすごいし、Branford Marsalis のサ..
Weblog: 今日聴いた音楽
Tracked: 2007-02-07 22:42

I Burn For You
Excerpt: GrammyとWorld Tour発表と一段落したとはいえ、最近毎日Policeは聴いてます。 今日も懐かしくなって引っ張り出してきたのは、"Brimstone & Treacle"という 映画の..
Weblog: 今日聴いた音楽
Tracked: 2007-02-16 13:52

Low Life
Excerpt: 前々日にmyspaceでみつけた、thepolicereunionさんのページを BGM代わりに書いてます。ということで、今日の曲も、 The Police "Low Life" ..
Weblog: 今日聴いた音楽
Tracked: 2007-06-08 23:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。