2006年03月07日

フリー・ライブ!!

ちょっと恥ずかしい記事がトップのまま、更新が止まってました・・・。さて今日は、男性ボーカル・オリンピックでもご紹介したポール・ロジャースの在籍していたバンド、フリーのライヴ盤『フリー・ライヴ!』のご紹介。

ライブ盤というと、スタジオ録音の演奏よりも「速く」て、「勢い」があって、のりのりであることが多いと思う。しかし、フリーのこのライブ盤は、他のバンドのライブ盤とはかなり趣きが異なる。フリーの演奏は、「勢い」で聴き手の体を外から動かすのではなくて、「ひねりのある間」によって聴き手の体を内側から揺さぶるのだ。絶妙の「間」が生み出すうねり、これがこのライブ盤の魅力である。
フリー・ライヴ+7←ボーナス・トラック7曲入り!
Free『Free ”Live”』(←ダウンロード購入・試聴もあります!)

たとえばギターの速弾きのような「演奏技術」の点では、フリーはわりあい不器用なバンドと言ってもいいのかもしれない。しかし、やや不器用そうにも聞こえる彼らの演奏も、独特のうねりによってむちゃくちゃかっこよく聞こえるのだ。ローリング・ストーンズもこのライブ盤の持つ魅力をなんとか学びとろうとしていたという話もある。

このライブ盤に収録されている曲はほとんどがフリーの代表曲。彼らのベスト盤的な性格も持っている作品だ。「All Right Now」は、ぎくしゃくとしたドラムとギターのリズム・パターンがかっこいい。こういうぎくしゃくとしたギター・リフはストーンズキースの演奏に近いものを感じるが、フリーの演奏はもっとテンポがスローで強いねばっこさを感じる。間奏でアンディ・フレイザーのキャッチーなベースの上に、一音一音に力のこもったポール・コソフのスローなギター・ソロが乗るあたりも気持ちいい。「I'm a Mover」も間を生かした演奏がいい雰囲気をかもし出している。「Be My Friend」はポール・ロジャースの渋みの利いたボーカルが熱く、美しいバラード。「Fire and Water」はフリー独特のねばっこい演奏がともかくかっこいい。強烈にビブラート・スパイスの効いたポール・コソフのギター・ソロにもぞくぞくする。「Mr. Big」はハードロック・バンド Mr. Big のバンド名の由来となった曲で、ブルージーな渋みの濃ゆ〜い一曲。後奏でギター・ソロから全体が徐々に盛り上がり、最後にポール・ロジャースがボーカルをひとこぶし回して終わるあたりもかっこいい。渋くてセクシーな「The Hunter」は、アルバート・キングのブルース・ナンバーのカバーだが、これもフリーの代表曲と言ってもいいほど彼らのサウンドにはまっている。

最後の「Get Where I Belong」はライブ音源ではなく、スタジオ録音の落ち着いた綺麗な曲。盛り上がったライブのエンディング・テーマとして、映画のプレイ・アウトのように流れる。この曲が入っていることでライブ盤としての統一性を欠いていることには否定的な意見も多いようだ。しかし、この作品の発売がフリー解散の直後であったことを思えば、楽しかった時間の後のせつなさをかきたてる絶妙なナンバーだとも言えるのではないだろうか。彼らの素晴らしい演奏を生で聞くことがもうできないのは残念だ。


posted by muse at 12:14| Comment(10) | TrackBack(8) | Free フリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ、guitarbirdです

フリーはいいですよね、I'm A Moverとか。
アルバムとしては、ちょっとくやしいんだけど、
HEARTBREAKERがいちばん好きかな。
ポール以外のソロは聴いたことがないので、
そのうち聴かなきゃ、と思ってるんですが・・・

私もポール・ロジャースは好きな声でオールタイム十指に入るかな。
Posted by guitarbird at 2006年03月08日 19:39
初めまして。TBありがとうございました。
昨夜こちらでコメントしたのですが、不慣れなせいかコメントが飛んでしまったようで・・・ご挨拶が遅くなってしまいました。

NEWクイーンのヴォーカルとしての、ポール・ロジャース氏の声、私は好きです。
フリーはまだしっかり聴いて無いですけど、
セクシーな声のボーカリストさん好きなのです。
Posted by スノードロップ at 2006年03月09日 00:03
guitarbirdさん、どうもありがとうございます。フリーは「Be My Friend」タイプからブルース・ロックまでけっこう幅も広くて、好きなんですよね。メンバーのソロはまだ僕もほとんどチェックしてませんが・・・。
ポール・ロジャースの歌い方、僕も自分であんなふうにできるようになりたいもんです。
Posted by muse at 2006年03月09日 14:41
スノードロップさん、どうもありがとうございます。
クイーンのボーカルとしてのポール・ロジャースについてはいろんな意見があるようですが、僕はポール・ロジャースはすごいと思ってます。昔のクイーンの「再現」にはなりませんけれど。
Posted by muse at 2006年03月09日 14:45
こんばんは!TBありがとう!!お邪魔しました。実はFreeはCD持ってないんです(悲)MTVで1度、オーライト・ナウ?でしたよね?彼等のヒットは。を見ただけなんで...。これから勉強しますね(笑)&そちらのBlogをリンクさせていただきますね。宜しく御願いします。
Posted by markunman at 2006年05月24日 20:30
markunmanさん、どうもありがとうございます。
そうでう、フリーの代表曲は「all right now」ですね。フリー、ぜひぜひチェックしてみてください。
リンク、どうもありがとうございました。こちらからもリンクをさせていただきます。よろしくお願いしますー。
Posted by muse at 2006年05月25日 10:24
TBありがとうございました!
こちらからもTBさせていただきますね。
ただ、こちらからFC2さんへのTBが上手くいかないことが多くて困っています(汗)。
フレさんのブログも初めはTBができず(今は、何故かできるようになりました!)、その日暮らしの音楽日記のリュウさんのブログには、リュウさんからTBしていただいた記事にしかTBができません(^^;)。
ご面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。

フリーですが、ねばっこさ、よくわかります!そこがカッコいいんですよね!!
ポール・コソフのギター、大好きです!
Posted by 波野井露楠 at 2006年08月01日 20:44
波野井露楠さん、どうもありがとうございます!
こちらのTBは、一応僕が確認後に載ることになっているので、ちょっとタイム・ラグが大きいときもありますが、どんどんTBをおねがいしますね。(スパムTB対策なので、ご了承ください)
フリーの演奏のねばっこさ、かっこいいですよね。そして、ポール・ロジャースのボーカル、ポール・コソフのギター・・・素晴らしいバンドです。
Posted by muse at 2006年08月01日 21:38
TB有難うございました。
素敵な記事ですね。
ほんと最後の曲はとっても意味深ですね。
私は4人とも好きなんですが
アンディが大好きなんですよ。
彼のソロアルバムもめちゃかっこいいんですよ。

こちらはあんまり曲の事書いていませんが
TBよろしくお願いいたします。
Posted by evergreen at 2007年01月23日 20:36
evergreenさん、どうもありがとうございます。TBもどうもありがとうございます。
フリーってほんとに伝説ですよね。4人の組み合わせが絶妙です。メンバーのソロ・アルバムはほとんど聞いてないんですが、またチェックしてみたいと思います。
Posted by muse at 2007年01月24日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Free - Highway
Excerpt:  ロック界で唯一「The Voice」と異名を取る男、ポール・ロジャース。本ブログにも何度か登場しているんだけどこの流れならばやっぱり登場してもらわないとね♪ やっぱり一番好きな??
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2006-03-10 22:59

Free 「Fire and Water」(1970)
Excerpt: ブリティッシュ・ロックの祖、フリーの名盤 近所のWonderGOOにて格安CDをGet!。この店にはジャンク品と称して、50円で中古CDが売られているが、ジャンクと言っても多くは聴けるもの。本日..
Weblog: 音楽の杜
Tracked: 2006-03-11 19:41

クイーンの来日公演
Excerpt: メンバーの病死という悲劇から15年の歳月が流れるがまだなお当時の人気を保ているバンド   QUEEN 先日待望の来日公演が行われた。ボーカリストに日本でもかなりの人気がある元バッドカンパニーの ポール..
Weblog: 音楽で綴る日々の想い〜ねえ うん。と仕事
Tracked: 2006-04-11 21:47

All Right Now??The Show Must Go On
Excerpt: 先週のZIPの「言論の自由」では思いがけなく電話が繋がってしまい失礼いたしました
Weblog: 「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所
Tracked: 2006-04-30 23:10

魂のチョーキング!ほとばしる感情叩きつけのギタリスト
Excerpt: 久々の投稿です。久々のはずなんですが、他のメンバーが全然書いてくれないので、私の連投稿となっています・・ さて、今回はブルース・ロックバンドの先駆け Free、その発展系でもありアメリカンナイズされ..
Weblog: Melogress コラム
Tracked: 2006-05-25 02:06

「超名曲が名曲をサンドイッチ!」 FREE/FIRE AND WATER
Excerpt:  富士スピードウェイに行けない私の「『UDO MUSIC FESTIVAL 2006』に行ける人がうらやましいなあ」記事も、今日で3回目となりました(我ながらしつこい(^^;)。でも、まだ続きますよー..
Weblog: 波野井露楠の徒然日記 ??ROCK&BOOK??
Tracked: 2006-08-01 20:39

'70年代来日コンサート忘却の彼方編? FREE
Excerpt: お待たせいたしました。いよいよ第1回め'70年代来日コンサート忘却の彼方編 の始まりですが・・・実は今日は前座みたいなもんです。 FREEの本物の4人のコンサートを私は見ていません・・・ が〜〜ん..
Weblog: Iron Rosary
Tracked: 2007-01-23 20:37

オススメのライブ盤8 FREE「LIVE!」
Excerpt: FREE(フリー)の最高傑作にして、ロック史に残る名盤FREE「LIVE!」 1. All right Now?? 2. I'm A Mover? 3. Be My Friend?..
Weblog: 肩までBlues
Tracked: 2007-02-16 23:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。