2006年02月12日

楽しいセックス・ピストルズ

セックスについての記事もそろそろじっくり書いてくれという要望が最近多いので(うそです)、今日はセックス・ピストルズの話。セックス・ピストルズは、70年代の終わりにクラッシュダムドらとともにパンク・ブームを作り上げたバンド。楽曲、ファッション、ライヴ・パフォーマンスなどで人の度肝を抜くような過激なことをやらかしたバンドとして有名だ。

彼らのファッションはここでも何度か紹介しているヴィヴィアン・ウェストウッドヴィヴィアン・イザベル・スウェアがデザインしたもの。そして、彼らの精神的な過激さを支えたのがヴィヴィアンの相方でピストルズのマネージャー、マルコム・マクラレン。ピストルズの産みの親と言ってもいい存在だ。彼らは、お金儲けのために低俗化した音楽や、テクニックを偏重して精神性が低い音楽すべてを否定する。もともとベーシストであったグレン・マトロックが「俺はビートルズが好きだ」と発言したことでマルコムにクビにされ、替わりにピストルズのファンであったシド・ヴィシャスが加入したという話もあるくらいだ。
勝手にしやがれ!!←勝手にしやがれ!!
Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols←試聴はこちらから!

ともかく過激なピストルズではあるが、僕は彼らの音楽はかなり聞きやすいポップ・ソングだとも思っている。ボーカルや歌詞の過激さにはしびれる一方で、ちゃんとポップ・ソングとして心のつぼを押さえてくれる良質の音楽でもあるというところがピストルズのすごいところだと思うのだ。ピストルズの音楽は聞いていてけっこう「楽しい」のだ。

で、今日紹介するのはセックス・ピストルズの唯一のオリジナル・アルバム『勝手にしやがれ!Never Mind the Bollocks:Bollocks は混乱orきんたまという意味)』である。イントロでしょっぱなからぶちのめされ、ジョニー・ロットンジョニー・ライドン)のボーカルにさらにぶっとぶ驚愕のパンク・ロック「さらばベルリンの陽」、放送禁止にもなったにもかかわらず全英2位を記録したという「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」、俺は無秩序を望む反キリスト教の無政府論者だと歌う「アナーキー・イン・ザ・UK」は不動の名曲だろう。他にも、中絶への痛烈な批判の曲「ボディーズ」、思いのたけを叫びまくるジョニー・ロットンが圧倒的な「分かってたまるか」、俺たちはまったくもって空っぽだという言葉に共感してしまう「プリティ・ヴェイカント」、レコード会社非難と自分たちの態度表明の曲「拝啓EMI殿」など、良い曲がたくさん入っている。

パンク・ムーヴメントで出てきたバンドの中でも、ピストルズは圧倒的な存在感を持っている。ピストルズだけを特別扱いするのはおかしいという声もあるとは思うが、僕の中ではある意味、別格だ。過激で分厚い彼らのバンド・サウンドとジョニー・ロットンのボーカルの強烈なインパクトの前では、他の「パンク」バンドの印象はやや薄れてしまう(僕はクラッシュなども好きではあるが)。

パンク・バンドの中でピストルズが「特別扱い」を受けているのには他にも理由がある。彼らはアルバムを一枚出しただけですぐに解散した。実はアルバム製作時にすでに解散を決めていたという話もある。彼らは「決して商業主義には乗らない」というパンク的態度を最後まで貫き通した、おそらく唯一の「パンク」バンドだ(ジョン・ライドンはその後もいろいろやってるけど)。僕はこういう精神を批判するつもりも賞賛するつもりもない。商業主義に片足つっこみながらでも革新的なことを続ける道はあると思うし、それも悪く無いと思うから。ただ、彼らが貫き通した反骨精神が、彼らの音楽に驚くべき奇跡的なパワーを与えたことは間違いない。

最近、ジョニー・ライドングリーン・デイのことを「あんなのはパンクじゃない」とかなり口汚く罵ったらしい。こういう発言は人を不愉快にさせるだけだからあまり良くないよな・・・とは思いながら、ピストルズは圧倒的だったのだという印象を変えることも難しいと思う。
この記事へのコメント
ピストルズ、久しぶりに聴いたんですよ実は。ものすごく久々に、大人になってから聴いたのに・・・骨抜きになりました。
いいっ! もう、どこへでも連れて行ってください・・・みたいな(笑)

気になることが1つ。
ジョン・ロットンとジョニー・ロットンは、正式には彼の芸名はどちらになりますか?ま、JohnもJohnnyも同じ名前であることは違いないけど。。。 
ロットンとライドンは本名と芸名の差だと思っていたけど?大昔から実は気になっていたけど、すっきりせず。

シド&ナンシーが観たくなってきました。
Posted by emiko at 2006年03月30日 18:33
emikoさん、どうもありがとうございます!
ピストルズ、僕もじつはわりと入ったのが遅かったんですが、最初に聞いたときは、あまりにストレートに深いところまで入って来たのでびっくりしました。かなり過激なのにすごく聞きやすいんですよね。
ジョニー・ロットンというのはセックス・ピストルズのころの芸名ですね。ロットン(rotten)には、腐ったとか、臭いとか、態度の悪いといった意味があります。で、ピストルズ解散後は正式にジョン・ライドン(John Lydon)で活動しているようです。これが本名なのかどうかは僕は知りませんが・・・。
Posted by muse at 2006年03月31日 14:20
ジョンの本名はジョン・ジョセフ・ライドンです。確か・・・

ピストルズのころもメンバーにはジョニーでなくジョンと呼ばれていたみたいですね。
Posted by 海老太郎 at 2006年07月11日 19:09
海老太郎さん、どうもありがとうございます。ジョン・ジョセフ・ライドン、これで本名なんですね。ジョンとジョニーは似たようなものだという気もしますが、普段つかうのとは別の名前をピストルズの時にはあえて使っていたということなんでしょうかね?
Posted by muse at 2006年07月11日 20:41
おひさしぶりです!ファッション、お詳しいですね!専門なんですか?
ピストルズのカリスマ性はとんでもなく当時すごくって、これ聞かなきゃどうするって感じでした・・・逆に反体制という体制を1枚で解散したにしろ作ったことに、今だったら、猛烈に反発したくなるかもしれません。従来のものを否定したからって新しくは無いわけで・・・
でも、それを言わせないカッコよさがあり、私なんかPILまで買ってたりしました(爆)

記事にとても同感であります。
>商業主義に片足つっこみながらでも革新的なことを続ける道はあると思うし、それも悪く無いと思うから。
・・・ここが好きです。

私からもTB送らせてくださいね!
Posted by evergreen at 2006年07月30日 20:44
はじめまして。
TBありがとうございました。
いろんなとこで、お名前はお見かけしておりました(^^)。
ビートルズが好きだったグレンを首にしたのは、EMIへのあてつけのパフォーマンスだったとも言われていますね。
でも、まあそういうマルコムの戦略を抜きにしても、彼等はやはり特別ですごいバンドだと思います。
Posted by 波野井露楠 at 2006年08月01日 08:47
evergreenさん、お久しぶりです!コメント、どうもありがとうございます!!
ファッションは、専門ではありません・・。ごく限られた知識を基に書いてますよ・・。
反体制という体制・・そのくらい強力だったというのはわかる気がします。でも、やっぱりかっこいいし、新しくもあったんだと思います。あんな強烈な歌い方、なかなかできませんしね。
Posted by muse at 2006年08月01日 19:58
波野井露楠さん、はじめまして。コメント、どうもありがとうございます!
いろんなところで名前を・・そうですか・・恥ずかしいです、なんとなく(笑)。マルコムの戦略的プロデュースも大きかったのでしょうが、やはりメンバーが強力です。アルバムで聴く限りは「下手」ではないですよね。
Posted by muse at 2006年08月01日 20:04
TBありがとうございます。
museさんが、ビリー・ジョエルやクイーンと同じ位ピストルズが好きだということを知り、ビックリする一方で、な〜るほど〜とmuseさんの音楽に対する姿勢に感心してました。
私も食わず嫌いはやめてどんなバンドでもアルバムあるいは曲そのものを正直に評価しよう…って出来るか?(笑)
Posted by shige at 2006年11月03日 19:38
shigeさん、どうもありがとうございますー。
僕の好きなアーティスト・バンドはかなりバラバラですね・・。ピストルズやニルヴァーナとビリー・ジョエル、エルトン・ジョンが並ぶ時点で、なんじゃそらと思われる方もいるかもしれませんね・・。
といっても、やっぱりまだ「食わず嫌い」で聴いてない領域もたくさんあるんですよね。音楽の世界は果てしなく広いです・・。
Posted by muse at 2006年11月05日 19:22
オトナな少女 佐久間百合子
Posted by オトナな少女 佐久間百合子 at 2007年09月04日 00:11
宣伝ご苦労さまです。
Posted by muse at 2007年09月07日 16:14
演技も体当たり挑戦中☆上野未来
Posted by 上野未来 at 2007年09月19日 00:11
宣伝ご苦労さまです。
Posted by muse at 2007年09月22日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

セックス・ピストルズ
Excerpt: NO.00103 セックス・ピストルズのベストアルバム『ザ・ベスト・オブ〜』 “ちょい悪おやじ”ブームに乗ってセックス・ピストルズです。 と言っても奴らは“ちょい悪”どころか“物凄い悪”..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-05-27 01:45

ピストルズ生誕30周年
Excerpt: 2006年ということはかのセックス・ピストルズが世に出て30年だ。厳密に言えば前年の75年の夏にジョニーが参加しバンドは活動を開始したのであるがレコードデビューは翌年の76年である。日本ではまだまだ歌..
Weblog: 海老太郎のアナーキー日記
Tracked: 2006-06-14 17:47

私が今聞くとどうなる? SEX PISTOLS"NEVER MIND BOLLOCKS HERE'S THE SEX PISTOLS"
Excerpt: Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols1977年 さてさて、今日はこんなタイトルです。 春になってきました。衣替えではないのですが、ち..
Weblog: Iron Rosary
Tracked: 2006-07-30 20:45

Sex Pistols - Never Mind the Bollocks
Excerpt:  書いていそうで書いていなかったバンド、セックス・ピストルズ。ニューヨーク・ドールズを仕掛けた若き日のマルコム・マクラレンが今度はロンドンで磨きを掛けた仕掛けを演じて世紀の大成功を収めたのが言..
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2006-07-30 22:13

「大人が聴いてもいいものはいい!」 セックス・ピストルズ/勝手にしやがれ(スパンク・ボックス)
Excerpt:  このところの胸のモヤモヤを吹き飛ばすべく、昨日からピストルズを聴いている。ピストルズは、本当に久しぶりだ(^^)。  ただ、「パンクを聴けばスカッとするだろう」と思って聴き出したピストルズだが、ち..
Weblog: 波野井露楠の徒然日記 ??ROCK&BOOK??
Tracked: 2006-08-01 08:41

ベルリン・クラッシュ
Excerpt: 西ドイツに住むジェニーは父親から東ベルリンに住むマルクスとの交際を反対され、勢いで赤のシトロエンに乗って東ドイツへと向かう。しかしその事を知った父親は、娘に懸賞金を懸けて捕まえようとする。大追跡の中、..
Weblog: DVDジャンル別リアルタイム価格情報
Tracked: 2006-09-21 19:22

世界を変えたロック3 セックス・ピストルズ
Excerpt: 「俺たちが90年代のピストルズと良く言われるが納得できる部分があるよ。 だけど俺たちは彼らのようにあんなオリジナルな音を出していない。俺たちは何かの、いろんな音楽の変形に過ぎないんだよ。今まで聴いたロ..
Weblog: ●○海老太郎のアナーキー日記○●
Tracked: 2006-10-31 22:14

「勝手にしやがれ!!」:セックス・ピストルズ
Excerpt: その衝撃をなんと表現したらよいのでしょう。。。ロックの歴史は明らかに1976年を境に大きく変わりました。その歴史を変えた張本人がセックス・ピストルズです。
Weblog: 「洋楽と美味しい水」のshigeland
Tracked: 2006-11-03 19:30

セックスピストルズ『Never Mind The Bollocks』
Excerpt: セックス・ピストルズ。 初めてこの名前を目にした時、僕は思春期で童貞でした。何つうかマトモなバンドじゃなくってコメディ・バンドかとマジで思いましたよ。妄想広がってたんです(笑)。で、そんなバンド..
Weblog: ・・・そしてロック野郎になった
Tracked: 2007-01-18 09:55

セックス・ピストルズ 2
Excerpt: NO.00811 セックス・ピストルズのアルバム『勝手にしやがれ!!』 『洋楽初心者に薦めるアルバム表と裏「AtoZ」』 【S】(表) 誰が何と言おうともパンク=ピストルズです。 誰..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2007-04-23 12:14