2006年01月16日

セックスとピアス:ビョーク(DVDシングル)

先日ご紹介したヴェスパタインからの映像付DVDシングルを今日は紹介します。ビョークはこれまでにも、音楽以外の様々なアーティストとコラボレーションをしてきていますが、この時の映像作品もすごいです。一部は発売当時、店頭でも流れていたのでご覧になったことのある方もいるのでは。

ヒドゥン.jpgビョーク ヒドゥン・プレイス【UIBP-5001】=>ビョーク ヒドゥン・プレイス
これは僕も前から知っていた作品。ビョークの顔から不思議な物体がいろいろ出てきてはうごめくという映像。歌の内容とどう関係しているのかはよくわからない・・・

Bjork_Pagan-Poetry_091.jpgペイガン・ポエトリー
これは衝撃の映像です。セックスピアス・・・。テレビ放映ではほとんどの部分が隠蔽処理されていたそうです。愛と、それに伴う苦痛ということでしょうか。(画像クリックすると大きくなります)

cocoon03.jpgビョーク/コクーン
これはコスチュームデザイナーの石岡瑛子さんが監督をした作品。vivianさんに教えていただいた作品です。こんどは不思議な赤いものが出てきます。ペイガン・ポエトリーと同様、ビョークの美しい裸体にももうクラクラ・・・。(画像クリックすると大きくなります)
posted by muse at 20:57| Comment(3) | TrackBack(1) | Bjork ビョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
museさんの文章を読んで「ヒドゥン・プレイス」と「ペイガン・ポエトリー」のビデオも思い出しました。
「ヒドゥン・プレイス」は摩訶不思議ですよね。ちょっとくすぐったいです。
「ペイガン・ポエトリー」はそんなに過激だったんですか!テレビ映像だったので、ひたすら「痛い!!」という感じだったのですが(笑)。
いつも曲からビデオへのイメージの膨らませ方がすごいと思います。
Posted by vivian at 2006年01月16日 21:55
まさにARTですね。学生時代、演劇に没頭していたんですが、こういう美的なセンスは好きです。音楽の聴き方も、芝居に使えるかどうかで判断していたので、ジャンルに好き嫌いはないのですが、ハートに"くる"感じの音楽が好きですね。ポップスにしても、ハウスにしても・・・。とりとめのない事を書いてごめんなさい。では・・・。
Posted by keiichiro at 2006年01月17日 04:49
vivianさん、どうもありがとうございます。たしかに痛いですね。それと同時にこわいくらいに官能的。ビョークのビデオは他にもいろいろ面白いのがあるようですね。

keiichiroさん、どうもありがとうございます。そう、ARTなんですよね。なんだかよくわからないけど、目を釘付けにされてしまう強烈なパワーを持ってますね。
Posted by muse at 2006年01月18日 13:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ビョーク
Excerpt: ビョークのベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』。 どうしても好きになれない、と言うか理解不能なミュージシャンがいます。 それがこのビョークなのですが、逆にこんなに人気があるのが不思議です? ..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-04-12 11:54