2006年01月12日

愛、平和、思いやり カート・コバーン @ Nirvana

今日はニルヴァーナについて。

ロハスだなんだと書いてきた僕がニルヴァーナを取り上げることに違和感を覚える人もいるかもしれない。しかし、ニルヴァーナは僕の心の健康状態を保つために欠かせない存在だといっても過言ではない。パンクだのグランジだのへヴィーロックだのオルタナだのといった「カテゴリー」は、僕にとってはあまり重要ではない。重要なのはむしろ、「弱さへの救い」とか「」とか「思いやり」といった精神的な部分と、それらに深く根ざした真摯なサウンドだ。「愛、平和、思いやり」、これは27歳で猟銃自殺したボーカルのカート・コバーンが、その遺書の最後に書きとめた言葉。

ニルヴァーナのアルバムはどれも素晴らしい。一枚一枚を紹介してもいいのだが、ベスト盤が再発されるそうなのでベスト盤について書こうと思う。彼らの音楽は「ノイジー」なものが多い。カートの歌声も陰鬱な表情から叫び声まで変化するが、明るさはあまり無い。しかし一方で、緩急の変化に富んだ曲構成は、ポップ・ミュージックとしての至上の楽しみを与えてくれることも事実である。また、メロディやコードの転回に独特の新しいスタイルを確立した彼らの高い創造性も忘れてはならない。
ニルヴァーナ/ベストNIRVANA/NIRVANA(BEST)←輸入盤 〔送料無料キャンペーン中〕ニルヴァーナ ニルヴァーナ・ベスト-CD-(1/25〜)←再発予定の日本盤

しかし、やはり最も重要なのはサウンド全体から感じられる「真摯さ」だろう。自己の存在生き方に対する真剣なまなざしに基づくカートの歌詞の世界もその原動力になっていたに違いない。「Smells like teen spirit」「Come as you are」「Lithium」「In bloom」「Heart Shaped Box」「All Apologies」などなど・・・どの曲にも、自己否定と肯定との間で揺れつづける存在の悩みと愛のテーマがあるといっていいだろう。他のアルバムには収録されていない「You know you're right」も、陰鬱→轟音→陰鬱→轟音のコントラストにただよう(ただ酔う)ことができる名曲。「Been a son」など、ポップ性が高くて楽しめる曲が入っているのも嬉しい。「Dumb」「The Man Who Sold the World」といった落ち着いた雰囲気の曲にも味がある。結局、「俺はたいした人間ではない」という頑張りすぎない精神が救い・癒しになるという意味では、先日紹介したビョークロハスなどにも通じるものがあると言っていいだろう。

天上の癒し音楽・ビョーク『ヴェスパタイン』  頑張りすぎないロハス


【CD】ニルヴァーナ/スリヴァー〜ベスト・オブ・ニルヴァーナ+3<2005/10/26>
【Rock/Pops:ニ】ニルヴァーナNirvana / With The Lights Out (CD) (Aポイント付)←CD3枚DVD1枚のボックス・セット!
posted by muse at 15:39| Comment(4) | TrackBack(2) | Nirvana ニルヴァーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。

Nirvanaのドラマー、デイブ・グローブが
私に似てると息子に言われました。。。(-"-;)
Nirvana息子が好きでよく聞いていますよ。



Posted by あんじー at 2006年01月14日 14:10
あんじーさん、どうもありがとうございます。ニルヴァーナのドラム、つまりフー・ファイターズの人ですね。僕の母親は林家パー子にちょっと似てます・・・。
Posted by muse at 2006年01月14日 15:38
はじめましてm(。。)m
コメントありがとうございます。
いやはや、カートが自殺した時は、自分も27歳過ぎまで生きているとは思いませんでしたよwww
(ノストラダムスめ〜!!)

では↑のコメに乗って・・・
ワタシはコートニーラブに似ていると言われ・・・
た事はありませんwww
Posted by cena-llc at 2006年01月14日 20:20
cena-llcさん、どうもありがとうございます。コートニーラブ・・・、顔が似ているのならいいんですけど、表情や挙動が似ているといわれるのは嫌かも・・・。
Posted by muse at 2006年01月15日 15:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PV TUBE : Nirvana(ニルヴァーナ)
Excerpt: オルタナ、グランジを代表するアメリカのバンド。 ニルヴァーナは仏教用語で涅槃とい
Weblog: PV TUBE
Tracked: 2007-01-17 20:04

ニルヴァーナ 3
Excerpt: NO.00796 ニルヴァーナのアルバム『イン・ユーテロ』 『洋楽初心者に薦めるアルバム表と裏「AtoZ」』 【N】(表) ひょっとしたらもうニルヴァーナをリアルタイムで知らない洋楽フ..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2007-04-12 01:10