2005年12月29日

ビリー・ジョエルについて

前の記事の続きで、ビリー・ジョエル Billy Joelのお薦めアルバムを紹介しておきます。僕のお薦めはちょっと変わってるかも・・・

【CD】ビリー・ジョエル/コールド・スプリング・ハーバー〜ピアノの詩人<2006/4/19>←CD-EXTRA仕様

まず、最もマイナーなアルバムを最も強力にプッシュしときます!!!ビリー・ジョエルのソロ・デビュー作「コールド・スプリング・ハーバー」です!

このアルバムはセールス的にはまったく成功せず、長らく廃盤になっていたものですが、ビリー・ジョエルの作った音楽の中で「最も美しい音楽」といってもいいでしょう。まず、ピアノや声の繊細さは、後年のビリーには無い美しさを持っています。そして、時に憂鬱な影を帯びる曲調は、まったく気取らない生身のビリー・ジョエルそのもの。若きビリー・ジョエルの魂がこもる渾身の一枚です。

【CD】ビリー・ジョエル/ニューヨーク52番街<2006/4/19>←CD-EXTRA仕様
さて、2枚目は大ヒットアルバム「ニューヨーク52番街」。最高潮のりのりの Billy Joel の作品。「ニューヨーク物語」「ストレンジャー」「ニューヨーク52番街」「グラスハウス」「ナイロンカーテン」と、この頃のビリーのアルバムはどれもこれも傑作アルバムですが、なかでも一番のお薦めがこれ。ジャズ・セッションも取り入れたサウンドやビリーの張りのきいた歌声など、ビリーの音楽の中でも最も渋くてかっこいい一枚。とくに4.「ザンジバル」は必聴!!(しかも、僕が洋楽に入ったきっかけとなった「マイ・ライフ(My life)」「オネスティ(Honesty)」も入ってる)

ビリー・ジョエル/ビリー・ザ・ベスト
えーと、最後はベスト盤です・・・。別に手を抜こうというわけではありません。ビリージョエルをはじめてきく人には最適の一枚です。2枚組みで名曲ぞろい、まったく息をつく間もない文句無し最強のベスト盤です。


この記事へのコメント
初めまして!
わたしもビリー・ジョエル好きです。
「ニューヨーク52番街」は青春の一枚かな?
「ザンジバル」ももちろんいいですけれど、わたしのお気に入りは「マイライフ」です。
洋楽にお詳しいようで、これからの記事も楽しみにさせていただきますね。
Posted by vivian at 2005年12月29日 22:42
vivianさん、どうもありがとうございます。マイライフ、僕も好きですよ。
ザンジバルはマイナーな曲ですがすごくかっこいいのでプッシュしてみました。またお越しくださいー
Posted by muse at 2005年12月30日 12:02
museさん、コメントありがとうございました。ビリージョエル、確かに最近は活動量が減ってますが、なんてったってSONYがこの世に初めてCDをリリースしたアーティストがビリージョエルなんですから、一時代を築いたアーティストに違いありません。名曲がいっぱいです(^o^) これからも僕のブログではいろんなジャンルの音楽について書いていきますので、また寄ってくださいね★
Posted by boteq at 2006年01月02日 20:21
boteqさん、どうもありがとうございます!最近音沙汰の無かったビリージョエルですが、ツアーを再開するそうですよ。この情報、これからもチェックしていくつもりです!
Posted by muse at 2006年01月05日 10:37
museさんコメントありがとうございました。僕はドラムを始めてまだ間もないんです。なので、色々なことアドバイスをいただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。
Posted by きょーすけ at 2006年01月06日 16:12
きょーすけさん、どうもありがとうございます。ドラム、頑張ってください。できれば、リズムだけじゃなくて、プロがやるような微妙な「音質」にもこだわってみてください。
Posted by muse at 2006年01月06日 20:18
BF5からこちらへ…ありがとうございます。
この1st、はじめてジャケット見ました!ええ〜知らなかった〜!と、ちょっとショック。(どういう意味かは不明です)
今度機会を見つけて聞かなくちゃ!です。

ところで、私も洋楽を聴き始めのころに52ndのHonestyがすごく好きで、初洋楽CDがそれだったんです。(もう一枚はなぜかポール・アンカ&ニール・セダカBEST)
museさんとはツボが近いな〜って思っています。
Posted by emiko at 2006年03月02日 19:29
emikoさん、どうもありがとうございますー。ビリー・ジョエルのファーストはマイナーですから…。知らない人が多いと思います。でも、僕はこれはすごい作品だと思ってます。
僕も自分で洋楽を聞き始めた最初はオネスティでしたよー。やっぱり不動の名曲ですよね。
Posted by muse at 2006年03月03日 12:28
トラックバック、ありがとうございます。
このアルバムは、Blogつながりの方から教えてもらったものです。
いろいろとつながりが出来て、面白いものですね。
Posted by ももパパ at 2006年04月29日 21:13
ももパパさん、どうもありがとうございます。
ブログやネットつながりの人で似たような趣味の人の意見というのはとても参考になりますよね。コールド・スプリング・ハーバー、マイナーですけど、絶対お薦めの一枚ですね。
Posted by muse at 2006年04月30日 10:43
ビリーについて語ってらっしゃるかたがいるのを知って大変うれしく思います。コールドスプリングハーバー,いいですね。シーズガットアウェイは私の理想の女性のイメージです。ターンアラウンドにもいまだに胸がきゅんときます。
Posted by おじん at 2006年05月13日 12:30
おじんさん、どうもありがとうございます。
「コールドスプリングハーバー」の曲は本当にどれも好きなんですよね。「シーズ・ガット・ア・ウェイ」も「ターン・アラウンド」も美しい。恋愛の喜びと失恋の痛みの両方が、じつに繊細なタッチで描かれているという感じの作品ですね。
Posted by muse at 2006年05月13日 17:49
こんばんわ!僕も「コールドスプリングハーヴァー」は大好きです!たしかトラックダウンの時、失敗してビリーの声が変わってしまったんですよね?CDの帯には「光り輝く才能に誰も気付かなかった・・」って書いてありましたね。
Posted by lk-58 at 2006年05月19日 22:39
lk-58さん、どうもありがとうございます。
「コールドスプリングハーバー」、いいですよね!この作品のよさをもっともっと多くの人に知ってもらえたらいいなと思っています。
「光り輝く才能に誰も気付かなかった・・・」、こういう「売りこみ方」をするんですよね(笑)。たしかにこの作品は全然セールスは伸びなかったのですが、このアルバムの曲を聴いたレコード会社の人がビリーに目をつけたのがきっかけで、次の「ピアノマン」のヒットにつながったという話も聞いたことがあります。まぁ、当然のことですが、あの作品のよさに誰も気付かないなんてことは実際にはありえないことですよね(笑)。
Posted by muse at 2006年05月20日 11:33
先日我が家のCDを整理していたら、ビリージョエルの「ファーザー ザン ヘヴン」というCDが出てきました。MUSEさんはご存知ですか?こんど「SHE`S GOT AWAY」を練習しようと思ってます。スコア買いました!
Posted by lk-58 at 2006年05月22日 22:29
lk-58さん、どうもこんにちは!
「ファーザー・ザン・ヘヴン」持ってますよ。ハッスルズの2枚目のアルバム(の曲順とタイトルを変えたもの)ですね。以前にここにも書いたことがあります→(http://muse-on.seesaa.net/article/13242569.html)。
「シーズ・ガット・ア・ウェイ」、美しい曲ですよね。単純なようでいて、割りと複雑な音の使い方をしているんですよね、これ。
Posted by muse at 2006年05月23日 11:22
TB有難うございました。当方のブログ、中身がなさすぎて、museさんのを拝見したらこっぱずかしくなりました・・・(苦笑)。
Posted by るーす at 2006年06月16日 18:03
るーすさん、コメントどうもありがとうございました。
るーすさんのブログ、ペットのことや、ダイビングのことや、思索的なことなどなど、テーマが豊富で面白いですよー。また、よろしくおねがいします。
Posted by muse at 2006年06月17日 19:55
はじめまして。
偶然にたどり着いたこのページで、一番好きなビリージョエルのアルバムが『コールド・スプリング・ハーバー』だという方に出会えて嬉しいです。私も迷わずにこのアルバムを一番に挙げます。初めて聴いた時からこの10曲全てに感動しましたが、その中でも特に好きな曲は、すごくネガティブな曲ですが胸に響く『トゥモロー・イズ・トゥデイ』です。実はビリーの曲で一番好きです。これを一番に挙げる方はあまりいなそうですよね(笑)あと『グラスハウス』の『愛の面影(セテ・トワ)』も大好きです。
Posted by natsuko at 2007年03月28日 20:41
natsukoさん、どうもありがとうございます!

『コールド・スプリング・ハーバー』はビリー・ジョエルの作品の中でもかなりマイナーなので、ファンでも聞いてないという方がいるかもしれないですが、僕にとっては一番お気に入りの一枚です。後の『ポップ・スター』ビリー・ジョエルとはだいぶ印象が違うんですが、一番自然に音が心に響いてくる作品だという気がします。

「Tomorrow is Today」は僕も好きです。このあと「ノクターン」をはさんで「Got to Begin Again」に行く流れが大好きです。『リヴァー・オブ・ドリームス』の後半の流れにもちょっと似てますが。
Posted by muse at 2007年03月29日 13:26
『コールド・スプリング・ハーバー』のラスト3曲の流れ、私も大好きです!
『Tomorrow is Today』を1回リピートしてから次の2曲にいってます(笑)
『Got to Begin Again』が終わった後は、なんとも言えない気持ちにいつもなります。
Posted by natsuko at 2007年03月29日 22:41
natsukoさん、どうもありがとうございます。

ビリー・ジョエルのこの作品は、前半は恋の喜びを歌っている曲もあって軽やかですが、後半で絶望の淵までいって、そして最後に、それでもまた歩き出さねば・・という感じですよね。作者自身の内面の動きに応じてこれほど大きくうねる作品って、ビリー・ジョエルにとっても最初で最後だったんじゃないかと思います。そういう意味でも、特別におもしろい作品だと思うんですよね。
Posted by muse at 2007年04月07日 23:56
コールドスプリングハーバーは僕も好きな1枚ですね。遥か大昔にラジオで聴いた原盤がとても素晴らしく(ピッチが高めに出来ちゃったレコードでしたが)、カセットに録音して大事に持っていた(俺は一体何歳なんだ??)のですが、いつの間にか紛失してしまい、思い出してはあの音をもう一度聴きたいと強く願っていました。(再リリースされた物は、pitchこそ補正されたものの、何を考えたか、トラックの多くがカットされてしまい、がっかりしました。)その後幸運にも音源を手に入れ、またあの音に巡り合えました。シンセや録音技術が未熟なあの時代であればこそ、一つ一つの音符、音色、ハーモニーが大事に紡がれていることを感じさせる秀作ですよね。
Posted by よいこ at 2007年04月13日 01:42
よいこさん、どうもありがとうございます。

コールド・スプリング・ハーバーがお好きな人にめぐり合うことができて嬉しいです!

昔のレコードでは音が高めだったそうですね。しかし、このアルバムは、気合の入った本当に素晴らしい作品だと思います。この作品がビリーの作品の中で今でもマイナーだというのがちょっと残念です・・。
Posted by muse at 2007年04月17日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Rosalinda's Eyes / Billy Joel 【1978】
Excerpt:  今年を振り返って、どんな音楽を聴いたんだっけ?・・・と考えると、純粋な新譜をほとんど聴いていないことに気づきますが、こうしてネット上で色んな方のおすすめやレビューを拝見したおかげで、新しくはないけれ..
Weblog: Radio Nostalgia
Tracked: 2005-12-31 21:55

ビリー・ジョエル 6
Excerpt: “ピアノ・マン”ビリー・ジョエルの2枚組ベストアルバム『ビリー・ザ・ベスト』。 個人的にビリー・ジョエルを語る時に忘れられないのが、高校時代の英語担当の恩師です。 英語の時間に聴かせてくれたビ..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-04-12 11:22

ビリー・ザ・キッド
Excerpt: Billy Joel の2枚のアルバム 「The Stanger 」 (1977年) と 「52nd Street 」 (1978年) このころの Billy Joel が一番よかったかなぁ。。..
Weblog: MUSIC8089
Tracked: 2006-05-27 21:55

ビリー・ジョエル
Excerpt:  もし、全世界が洪水で沈んでしまうとしたら…。ノアの箱船企画第3弾、今日はアーティストを選んでみた。この人のためならオレはノアの箱船から降りるのか?(^^;A ではでは My favorite #1ア..
Weblog: リュウリュウのブログ
Tracked: 2006-05-28 23:26

ビリー・ジョエル
Excerpt: NO.00014 ビリー・ジョエルのファーストアルバム『コールド・スプリング・ハーバー〜ピアノの詩人〜』 ファースト・アルバム。 ほとんどのミュージシャンが気合が入るのは当たり前ですが、..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-06-08 17:03

ピアノマン
Excerpt: Yahoo!ニュース - スポーツ報知 - 謎の男が「奏」乗効果 「ピアノマン」CD注文殺到 ビリー・ジョエル32年前の名曲 今話題の謎のピアノマン効果で ビリー・ジョエルの「ピアノマン」が売..
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2006-06-19 14:02

ビリー・ジョエル 15
Excerpt: NO.00425 ビリー・ジョエルのアルバム『ストーム・フロント』 今日(昨日)はシンドイ1日でした。 足の痛みを堪えての名古屋日帰り仕事でした。 足の裏が痛い為、普通に歩くだけで圧迫..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-08-07 00:57

Uptown Girl
Excerpt: ニュースで最近のBilly Joelを拾ってみました。 最近はこんな感じだそうですが、80'sのBilly Joelといえば このイメージです。80'sのBilly Joelのヒットといえば、..
Weblog: 今日聴いた音楽
Tracked: 2008-02-06 19:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。