2008年07月07日

殺して得られるものは何か

朝日新聞の「死に神」記事がまだ騒がれている。しかし、問題の肝心の部分をほったらかしにしたまま批判を楽しんでいるという感じがして、あまりいい気がしない。

13人の死刑執行を指揮した鳩山邦夫法相。死に神という表現がふさわしいかどうかは別としても、この法務大臣がまともな人間の感覚を持っているとは僕には思えない。法にのっとって機械的に「遠隔操作」のミサイル発射ボタンを押しているという印象は否めない。もし大臣自身が実際に死刑の場に立ち会い、死刑を執行するのであればもっと深刻な葛藤が生じたのかもしれないが、話を聞いている限り、大臣の「死」に対する態度はやはりどこか軽すぎると思う。

死刑の問題については、ある人がこういうことを言っていた。

大きな罪を犯した者に対する最も厳しい罰は
その者に「良心」をうえつけることだ。
そして、自分の犯した罪の大きさと向き合いながら、
罪を償いながら生き続けさせることだ。


そう。かなり理想論だとは思うけれど、これこそがあるべき姿ではないかと思う。殺人犯を殺してしまうのはある意味、簡単なことだ。しかし、それでいったい何が償われるというのだろうか?ましてや、宮崎勤のように、問題をうやむやにしたままに「容疑者」を死刑にしてしまっても、何の意味もないではないか?なんの反省もない殺人犯を死なせてしまうことは、「あの世」への逃亡を許すことだとも言えるのではなかろうか?

死刑も「人殺し」の一種であることは否定できない。「悪いことをしたやつは殺されてもしょうがない」というので本当にいいのかどうか、もう一度ちゃんと考える必要があるのだと思う。こういう発想は結局、暴力や戦争を正当化することにつながるのだから。死刑が犯罪の抑止力になるかどうかも、本当のところは疑わしいと僕は思う。そもそも生きるということはそう簡単なことではない。死刑制度は、生きる気力を無くした者の犯罪を防ぐどころか、助長するかもしれないのだ。

banner_04.gif

問題の記事はこういった問題提起をも試みたものだったはずだ。にもかかわらず、まともな説明・議論をしない朝日新聞にはガッカリだ。記事の表現以上に問題なのはここだ。

日本の死刑はこのように執行される
posted by muse at 23:50| Comment(6) | TrackBack(5) | 想い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりです。TB感謝。
記事には賛同します。こうして普段からちゃんと考えることは、仮にワタシ達自身が犯罪被害者の身内になったときも、感情だけに流されることなく、考えることができると思ってます。
最近seesaaにもTBが通りません。残念です。
Posted by dr.stonefly at 2008年07月08日 18:18
はじめまして。akiraと申します。
トラックバックありがとうございます。

>死刑制度は、生きる気力を無くした者の犯罪を防ぐどころか、助長するかもしれないのだ。

最近そういった事件がいくつも起きました。
死刑制度があるうちは拡大自殺は無くならないのでしょうね。

Posted by akira at 2008年07月08日 22:47
dr.stoneflyさん、お久しぶりです。コメントどうもありがとうございます。

殺人犯を憎悪する気持ちが起こるのは当然でしょうが、かといって死刑で終わってしまうと、憎しみの記憶以外に何も残らなくなるんじゃないかと思えるんですよね。それで自分の気持ちが晴れることはないだろうし、殺された身内が浮かばれるとも思えない・・・。
Posted by muse at 2008年07月18日 14:35
akiraさん、どうもありがとうございます。

「拡大自殺」はこれからますます増えるかもしれませんね。死刑制度があるということよりも、むしろ、死刑執行までの間の犯罪者の生活実態をオープンにすることの方が犯罪抑止力があるかもしれません・・・。
Posted by muse at 2008年07月18日 14:42
TBありがとうございました。
TBがうまく返せなくてすみません。
死刑反対の意見を読むと心強くなります。
悪い奴は殺せというのは、力が支配する世界の理論であって、民主主義にはそぐわないと思っています。
Posted by ぴむ at 2008年07月23日 21:47
ぴむさん、どうもありがとうございます。
そうですね。死刑制度に賛成の人が多いようではありますが、裁判員制度のこともありますし、死刑について一人一人が現状を知った上で考え続けていく必要があるんだと思います。
Posted by muse at 2008年07月26日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

けっして「いのち」を裁いてはいけない −死刑制度の廃止にむけて−
Excerpt: 死刑制度存廃国の現状======================================【2007年度調べ】 法律上死刑を廃止している国・・・100カ国事実上死刑を廃止している国・・・.....
Weblog: 鳥居正宏のときどきLOGOS
Tracked: 2008-07-08 14:14

私が死刑に反対する多分1番の理由
Excerpt: 私はただ単に人が人を殺すのを止めさせたいんです。 如何なる理由をもってしても人が人を殺すのは許されない気がします。
Weblog: 政治
Tracked: 2008-07-08 16:34

罪と罰
Excerpt: 「死刑」はイヤだという気持ち(思考)は、すごく個人的な体験から生まれてしまった気持ち(思考)だから、共有できるとは思っていないんです。 他の死刑廃止派の人だって、そうなった経緯はそれぞれだと思うし。 ..
Weblog: akira's room
Tracked: 2008-07-08 22:48

死刑FAQ (この記事は書きかけです...というか、死刑がこの世から消えるまで永久に書きかけになるでしょう)
Excerpt: この記事は、2007年9月30日の当秘書課広報室の記事、 「死刑廃止FAQを作ってみようかな。」 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry..
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2008-07-09 00:33

人を殺す社会
Excerpt: またしても死刑が執行された。人を殺すことで問題の解決を図る社会を、どうしても私は好きになれない。私たちの社会にとって宮ア勤とは何者だったのか。その答えを知ることも、もう出来ない。それにしても「粛々と執..
Weblog: 非国民研究開発
Tracked: 2008-07-09 01:10