2020年04月26日

ストーンズ新曲PVに大阪・新世界@コロナ

ローリングストーンズの8年振りの新曲「Living In a Ghost Town」のPVにゴーストタウン化した日本の町の映像も。最後の画面では「KYOTO」と書かれていますが、京都の映像ではなく、すべて大阪かな?新世界、通天閣、あべのハルカス、四天王寺、飛田新地、大阪城、Osaka Metro・・・。京都というのは撮影者の住所かもしれませんね。

YouTube: The Rolling Stones - Living In A Ghost Town



『リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン』【アナログ盤】
banner_04.gif←ロック&ポップス・ランキング
posted by muse at 17:47| Comment(1) | Rolling Stones ストーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

レディオヘッドから自宅隔離中のファンにライブ映像(KID A)

radioheadがこのたび、新型コロナウイルスの影響で外出自粛中のファンのため、バンドがとくに気に入っているライブ映像をYouTubeで順次公開するとのこと。第1段は『キッドA』時のライブ@アイルランド・ダブリンの近くのパンチェスタウン競馬場。ロックのイメージから大きく離れたような印象もあった『キッドA』の白熱のライブ。

Radiohead - Live From A Tent In Dublin (October 2000) #StayHome #WithMe



banner_04.gif←ロック&ポップス・ランキング

さらに、昨年発表されたトム・ヨークのソロ・アルバム『ANIMA』でセット販売されていた限定Tシャツの単体販売もされることに。
Thom Yorke - ANIMA Tee

posted by muse at 11:21| Comment(0) | Radiohead レディオヘッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

新型コロナウイルスでライブハウスを過剰に問題視する問題

新型コロナの影響でライブハウスへの風当たりがとても強くなった。ライブハウスでの感染の危険はたしかにある。しかし、情報の偏りや間違いもあるので、ここで整理しておきたい。

・ライブハウスは、行った履歴を遡って調べやすいので感染があった場合に判明しやすい。だから、感染数が相対的に過大評価になっている。
・ライブ会場の中には、人が密集しない会場も多い。少人数でゆったり音楽を楽しむ空間もある。
・規模の小さいライブハウス/ライブバーでの感染リスクは、飲食店・居酒屋やパチンコ、学校、職場よりも高いとは言えない。
・通勤/通学の電車やバスは感染リスクが低いとされることがあるが、間違い。せいぜい「思ったほどは高くない」と言えるくらい。

感染リスクのある場所が他にもある中で、ライブハウスを過剰に問題視するのは問題だと思う。
この事態の背景には、ライブハウスや、そこに出入りする人への「偏見」の問題もあるように思う。
ライブハウス以外の様々な場所での感染リスクを過小評価するような風潮があることも心配だ。

ライブハウスやライブバーは、大変な状況になっている。当分の間、閉める決断をした店も多い。
様々な感染症対策を実施しながらギリギリの状態でやっている店もあるが、それも限界になりつつある。
多くの人にとっては「遊び」「娯楽」の場であったり、もともと関心の無い場であったりするかもしれないが、
そこで生活の糧を得ている人たちもたくさんいることを忘れてはいけないと思う。
posted by muse at 12:10| Comment(0) | 想い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

翻訳サイトの使い方

翻訳サイトは滅茶苦茶で使えない、笑えるくらいに使えない・・・

というのが数年前までの状況だった。最近はかなり良くなっていて、日本語への翻訳がかなり使える。

少し前までは辞書ソフトを使っていたが、最近は翻訳サイトの方が便利で早い。原文を翻訳サイトで翻訳させてから、適切な読みやすい日本語に整えれば良い。

ただ、日本語を外国語に翻訳するのはうまくいかない。出てきたものが、外国語として適切な表現かどうかを判断することもできないので・・・。

あと、普通の文章と違って、洋楽の歌詞となると難しい。好きな曲でも、未だに意味がよくわからないものも多い。ネイティブの人でもそうなのかもしれないけど。
banner_04.gif
posted by muse at 13:31| Comment(0) | Beatles ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

God Save The Queen

クイーンが人気のようなので。

God Save The Queen (Sex Pistols)

(DEMOバージョン収録)


banner_04.gif

2018年12月31日

クイーン、2018年

2018年もなんとか無事に乗り切れそうです。今年はとくにこれの印象が強く残っています。では、また来年。




banner_04.gif
posted by muse at 22:10| Comment(0) | Queen クイーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

Miami2017

2017年もなんとか無事に乗り切れそうです。では、また来年。

Billy Joel - Miami 2017

posted by muse at 12:30| Comment(0) | Billy Joel ビリー・ジョエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

ギズモドローム(Gizmodrome)

ポリスのスチュワート・コープランド、キング・クリムゾンのエイドリアン・ブリュー、レベル42のマーク・キングとイタリアのヴィットリオ・コスマによるスーパーバンド、ギズモドローム(Gizmodrome)。

新曲「Man In The Mountain」のMV

スチュワート・コープランドが歌うんかー。

アルバムの曲たちも聴けるようになってる。


banner_04.gif←ロック&ポップス
posted by muse at 11:09| Comment(0) | the Police/ Sting スティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

「10人集客できないバンドはライブ減らせ」(海保けんたろー)について

10人集客できないバンドはライブを「減らせ」とか「一度止めろ」とか言ってるブログ記事が一部で話題になってるけど、読む価値ないと思う。

書かれている内容以前に、攻撃的な文言で「炎上」させて注目を集めようという卑劣な方法をとっている時点で論外。こういう手段を使う悪人の手に乗ってると、世の中にますますこの手の記事があふれてしまう。今後「海保けんたろー」という名前を見たら、スルーで良い。

「やり方はおかしいとも思うけど中身には納得した」という声が一部にあるようだけど、内容も酷い。こんなものに納得したらダメだ。

集客できないバンドがライブを減らせば、ライブハウスは経営が厳しくなり、ダメなライブハウスはつぶれて良い店だけが残ってハッピーになる、というのが彼の論旨だ。競争を激しくして、市場経済の原理に任せれば良いものが残るという発想だが、そんなのうまくいくわけがない。お金儲けのうまい店やバンドが残るだけ。こんなので日本の音楽の状況が良くなることは絶対にない。かえって、音楽の多様性や豊かさが失われるに違いない。

音楽に関わる人間が考えるべきなのは、いかにして「ライブや音楽が好き」な人を増やすかだ。そしてそのために、ミュージシャン同士やライブハウスとよく話をして、協力して良いイベントのあり方を考えていくことだ。(音楽の質を上げることも大事なのは言わずもがな。)実際、多くのバンドや店が苦労しながらもそうやって頑張っている。

「海保けんたろー」という筆者は、かなり「ずる賢い」人間だと思う。ありうる反論を想定して書いたり、自分を善良な人間だと思わせるような文章をはさんだり、そこそこ頭は回るようだ。しかし、こういう「ずる賢い」人間に騙されてはいけない。

だいたい、ライブを止めろと言ったって誰も止めないでしょ。最初から実現の見込みのないことを言って、ただ注目を集めてフォロワーを増やそうとしてるだけなんだ、こいつは。
banner_04.gif